発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

東京ビッグサイト 第1日目

ビッグサイトの鋸

東京ビッグサイト パテントソリューションフェア初日でした。
写真はビッグサイトのペデストリアンデッキから見えるノコギリのオブジェ
いままで気が付かなかったのですけど、地面が切れていたんですネ

ここの交差点を「鉄鋼ゲート」の入り口といいます。
鉄鋼ゲート なんかカッコイイ名前ですよね。

ここのところ雨つづきで涼しくていいのですけど、いまいち気分が盛り上がりません

さらにアクシデント
作品が初日で壊れてしまいました
こ、これは想定外のできごと
タダでもらってきたビスがやっぱりよくなかったのか・・・悩
タモ材が想像以上に硬かったのか・・・(?)

木ネジが剪断破壊を起こして、材料内で折れる
こんなこと初めてよー どーしてくれるの^

というわけで、意気消沈の初日が終わりました。
でも、とりたててそれほど悪影響があったわけではなかったみたい。
試作参考作品としてそれなりに「美しく?」仕上がっていたし。

ところで今年もスゴイ発明者に遭遇しました。
70歳の女性で、技術畑の人でもありません。
でも、発明の数も質もかなり高レベルでした。
目立たないけれど、確実に役に立つという渋い発明を数々している人
手すりとはわからない手摺の発明!

しかもその女性のスゴイところは、コンピューターを駆使して情報収集していることです。
驚いて聞いてみたところ、昭和54年頃からコンピューターを使ってプログラミングまでしていたとのこと。
「当時はベーシックでしてねぇ」
なんてさらりとおっしゃる。 ビックリです。

東京ビッグサイトの展示会
たとえ自分や自分の作品が不出来でも、こうしたスゴイ人たちに出合って、そのパワーの分け前を分けてもらうことができます。

完全に準備できたときではなく、多少自分に欠けた感じがあるときのほうが、素直になれることもある
だから素直に人の技術に感心することができた
そんなことを帰り道のりんかい線のなかで思いました。

高齢になっても若い人たちとテキパキ話せるような、発明をするのがまるで楽しい冒険のような、そんな彼女のようなひとにわたしもなりたいな

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
へぇー

その70歳のおばあさん、すごいですね、そういう人になりたいなぁ。
僕も80歳で発明している人を知ってますが、言っては何だけど、レベル的には?という感じの発明しかしてないので、僕も年取るとそうなるんだろうなと思っていたけど、希望が持てますね。
発明が楽しい冒険・・・良い言葉ですね。
僕は地方なのでなかなか東京には行けないし、またそもそもほとんど試作品を作ったことがないのですが、いつか、試作品を作ってソリューションフエアに展示してみたいと思います。

komo(寝たろう) | URL | 2008-10-02(Thu)18:33 [編集]

おひさしぶりです!

寝たろう様
おひさしぶりです。コメントありがとうございます。

今回驚きの発明家の女性は、元 帽子のデザイナーさんでした。
かなり古くからコンピューターなどを使っていたというからわたしから見たら『何者なんでしょう?』という、たぶん凄い経歴の持ち主なのだと思います。
『新しい知識を得ることが楽しい』ともおっしゃっていました。

寝たろうさんもパテントソリューションフェアに是非参加してください。
わたしもそうですけど、ビッグサイトから距離が離れているほど、熱意が高い人が多いです。

お待ちしておりますネv-238

むーじょ | URL | 2008-10-02(Thu)21:09 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。