発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

両頭グラインダーのリストアPart2

回転砥石が届いていたので、取り付けてみました。

その前に、前回やりのこしていたベアリングの調整があります。
ある程度まで分解が出来ることがわかっていたので、こんどは完全に解体してみました。


restore1

ばーらばら

1971年製造のむじょパパグラインダーです。
ここまでくると、もう執念
朝早くからカンカンやってました(笑)

朝だというのに、暑いですねー。
ちょっと動くと、汗が噴出します。

部品を全部はずしてしまうと、グラインダーって、ただのモーターなんです。
まるででっかいマブチモーター。
軸受けにシリコンスプレーをたっぷりと流し込んで、再組み立て。


restore2

一応のところ、バイト研ぎ用のWAの60番が付いて組み立て完了しました。
片側には超硬バイト用のGC砥石が付く予定です。
逆ネジを手に入れなくては・・・。

リストアしてみたのですけど、買ったときのようにスムーズに、というわけには行きませんでした。
それほどスムーズには回転してない感じ。
たぶんベアリングが壊れているんでしょうね。

回転砥石の150φはMONOTAROというネットショップから買いました。
MONOTAROブランドで本日の特価品610えん
お手軽値段で、ちょっとホッとした感じです。

ちょっと金槌の先を削ってみました。
WA砥石というのは、火花がスゴイ出ます。
まるで線香花火見てるみたい 

      

これで一通り、アトリエ備品のフル稼働ができる状態になりました。
あとは取り付けるためのベンチやら作業テーブルやらいろいろと作らなくては。

今月もあと20日くらい。

暑さが ねぇ~。どうにかならないものかしら・・・。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。