発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ラチェット式ワイドモンキ MW30 SUPERTOOL

久しぶりに、武蔵村山市のジョイフルホンダにいってきました。
銀行に2件って、お金を下ろして、記帳して・・・・

9時30分くらいにジョイフルに到着したのですが、1Fの駐車場は満車で、いつもの2階に回りました。
ジョイフルは2階に止めてエレベーターで下りて歩き回るのが、DIYerには有利です。
 そして、園芸・ガーデニングコーナーにも近く、1階の混んでいるパーキングよりも便利です。

そして買ったものは・・・
にゃんこのご飯10kgとにゃんこの砂10Kg
これらを一旦車に積んで、一階に下りて工具売り場へ。


ラチェットレンチ1

とうとう買ってしまいました、ラチェットモンキーレンチ
口幅は30mmと小型のものです。
ラチェットモンキーレンチは、外国製のモノは4000円以上もして、高価です。
でもこれは日本製
外国製(たしか、スイスかどこかだったと思います)と違って、回転方向をチェンジする機構は省かれています。

やっと買ったか・・・といった感じですね。

ラチェットレンチ2

写真の丸いピンがラチェットの軸になっています。
外国製のとは、多少機構が違うようです。
いちおうこれも特許関係の工具のようです。(PAT.P)
口金がぴしっと平行に締まり、いい感じですね。










ちなみにいままで数十年使って来たモンキーレンチ@パパりんはこれ


おそらくこれもアメリカで買ったものと思われます。
わたしの手に入るまえに、もう、ガタガタでした。
口金が、使っているうちにずれていってしまい、たいした困った工具のひとつでした。
モンキーレンチは、ほんと、これ一本でずーっと使ってきました。

パパりんレンチ1

どーです、この年季の入り具合
つーか、どうやって使ったらこんなになるくらい変形させられるの?っていうくらい、口金が開いてしまってます。
それにしても、これを使い続けていたというわたしも、アレですね。こだわらないというか。


工具というものは一生ものが多いです。
玄翁にしてもカンナにしても、ノミにしても、ドライバーにしても、それなりに使い込んでも親子2世代は十分使えます。

工具を使いながらよく無くす(見失う)むーじょにとっては、サブのレンチとしてこれからはおそばに控えていてもらおうかしら。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
便利な道具

ラチェットモンキーなんて便利な物があったんですか・・ここのプログの影響を受けて買った工具が随分ありますが・・また買っちゃいそうです。

モンキーは100円ショップで買ったものが2個、自動車の工具についてたのが1個、自力で買ったのが2個、精度なんて気にしたことがなかったんですが、やはり100円の物はMADEIN CHINA、いいものには JISマークと CHROME VANADIUM の刻印がありました。VANANA でなくてよかった。

最近、仕事で、ソフト以外にやむなく、電子回路を組んだりしてたんですが、道具を使わないとハンダ付けもできなくなってきました。頭にかぶる拡大鏡やフレキシブルバイスなどですが、なんで手は3本ないのかと思うこのごろです。年だねぇ・・・

ばんたろ | URL | 2011-05-03(Tue)00:11 [編集]

バナナ製ワロタw

これは、ラチェットレンチみたいに空回りするんではなくて、下アゴが逆回転だとかちかち開くという仕組みですかね?

電動工具も昔のは親子2代もちそうですが、最近のはプラスチッキーで危うい気がします。最近の充電式工具だと、親子2代どころか一人でいくつダビに付さねばならぬことか・・・ナムナム。

forest | URL | 2011-05-03(Tue)00:47 [編集]

3種類出回っているようです。

おはようございます、ばんたろさん。

ラチェットレンチは、たくさんのナットを締めたり外したりするときに便利です。
見ていると、結構複雑な動きをしていますよ。

日本では3種類出回っているようです。
ひとつはスイス製、あとの2つが日本製。

これは挟み込む部分がラチェットになっていて、スイス製のものにかなり近い形です。
もうひとつのほうは、挟み込む部分の内側にさらに突起がついていて、ラチェットの代わりをするタイプです。
(たしかモノタロウで売ってる日本製のタイプ)
旋盤・フライス盤はやたらとナットを締めたり緩めたりの回数が多いので買ってしまいました。

普通のモンキーレンチも見てみましたが、エビ印なんて高いですね。工具もほんとピンキリです。


>頭にかぶる拡大鏡や

わたしも近くが見えにくくなり、電子工作用にレンズ付きのライトを買いました。
これも意外に不便で、焦点から離れると逆に見えづらくなったりして、結局肉眼が便りです。v-28

むーじょ | URL | 2011-05-03(Tue)08:03 [編集]

クロームバナナジウム製

こんにちは、forestさん。

これは不思議な機構のラチェットレンチです。
あご全体が動いてラチェットします。
数年前の「機械要素展」で見て、欲しくなりました。
当時はスイス製のものしか売ってなかったのですが、日本性が安く手に入るようになってきました。
といっても1980円もします。

最近の工具は、電動が多いですよね。
そしてプラスチック多用。
ひとつの考え方として、安い電動工具を使い捨てながら使っていくというのもあるかもしれませんね。
同じ電動ドリルでも高い電動工具と安いのとは5倍くらい違っていたりしますもの。

それでもやっぱり、工具の持ちってスゴイとおもいますv-31

むーじょ | URL | 2011-05-03(Tue)08:18 [編集]

不遇の工具

良さそうなモンキーですねv-291

工具屋さんが雑誌のコラムに書いていたんですが、日本でモンキーレンチの評価が低い理由は、車載工具として人目に触れる事が多く、その車載工具の出来はあまり良く無かったからなんだそうです。

ちゃんとしたモンキーレンチなら、ちゃんとつかえるんですけどねぇ。。。

きむきむ | URL | 2011-05-04(Wed)09:18 [編集]

車載工具

自動車での場合、車載工具を使える場面って、ほとんどないですよねー。わたしも、自分の車のどこに工具が入っているのか、見たことありません。
バイクの車載工具は、見かけはちゃちですが、いまだに現役で使っています。

日本の工具も、エビ印とかの一流メーカー品は高いですね。
本物のプロ用っていった感じです。
わたしは、車載工具で十分といった感じです(笑)

むーじょ | URL | 2011-05-04(Wed)10:59 [編集]

昔もあったような...

こんにちは、ちょっと出張行ってたので遅コメです...

このタイプのモンキーって昔からあったような?
学生時代にバイクのエンジンいじってた時に買ったもので、もう30年近く前ですけど...それはちょっと仕組みが違ってて、あご全体がカクッとなるときに開くようになってました。
でも力をかけるとボルト頭をナメるとか回すスペースがないと不便とかあって、結局メガネレンチを必要になるたびに合うサイズのものを買ってましたね。
最近面白いなと思ったのはソケットレンチの中に大小のピンが仕込んであって、1個でどのサイズでも回せるってやつです。

jack023 | URL | 2011-05-11(Wed)16:22 [編集]

いろいろなタイプのラチェットモンキー

こんにちはack023 さん、お帰りなさい。

工具の世界って、広くて面白いですよねー。
ヤフオクでも、さまざまな工具がアップされていて、どんな用途に使うのか分からないものも少なくありません。
それらがまた、高い値段で取り引きされているのも面白いと思います。

ラチェットモンキの弱点は、回す角度が大きく取れないと使えないというか、ただのモンキーレンチになってしまいますね。

めがねレンチもあるといいですよね。
道具ってそうやって増殖していく・・・・

万能ソケットレンチ、使ったことありません
六角柱がたくさんざくざく生えてるアレでしょ。
欲しいとは思わないけど、一度使ってみたいです。e-152

むーじょ | URL | 2011-05-11(Wed)17:10 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。