発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ある日の切り取られた風景1



concorsi







写真はシチリア島・パレルモの、街道沿いの廃墟
泊まっているホテルからちょっと出たところにありました。

シチリア島という島は、不思議な島です。
田舎と、オシャレな街が隣接しているんです。
ここからちょっと歩くと、景色は一変して、まるで表参道のような街になります。

わたしの写真って、とらえどころがないでしょ
だって、そういうふうに撮っているのですもの。

ぱっと見たら何処の風景で何を撮りたいのか良く分からない

この写真も『下北沢から歩いて15分くらいのところの風景ですよ』
なんていったら、みんな信じちゃうでしょ

わざとらしい構図をとらない
わざとらしく撮らない
なるべくどこだか分からない写真を撮るのがすきなんです。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
オー下北沢デスカ

ワタシハ、故郷ノシチリア島カト思イマシタv-506

しかし、廃墟のような下で、お店を普通に営業しているんですねぇ。

きむきむ | URL | 2011-02-27(Sun)17:04 [編集]

下北、えへっ

変な写真でしょ、よく見ると、公衆電話もついているの。
こういうのって、日本だと「トマソン写真」っていうんですよねー。

シチリア島はあちこちにこういった廃墟があって、映画の舞台、たとえば、タルコスフキーの「ノスタルジア」や、「ニュー・シネマ・パラダイス」の舞台の田舎町として使われています。

むーじょ | URL | 2011-02-27(Sun)17:21 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。