発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

木工大図鑑(講談社)が届きました

木工大図鑑

講談社から最近出たばっかりの本、「木工大図鑑」 税抜きで6751円 !
買ってしまいました

木の種類や使い方、木工道具の正しい使い方、手入れの仕方、そして、実際の家具の組み方、塗装の種類や塗り方まで、とても専門的に書かれている良本です。
人によって家具の作り方や思想は全部違うと思いますが、これを一通り覚えてしまえば、一応正統派の基礎は終了出来そうです。

¥7223という価格なら、教室へ行ったりして授業を受けるよりも、かなりお安いのではないかしら。


木工大図鑑2

道具の説明も、かなり専門的です。
たとえば一番単純な工具の「げんのう」
金属を木の柄の先につけただけだと思っていたのですけど、違いました。
自分の体(腕の大きさ)に合った選び方や手入れの仕方があったのですね。
げんのうの値段にずいぶんと差があって、どうしてこんなに高い玄翁があるのか、不思議だったのですけれど、ようやく理解ができました。
ちなみに鍛金の金工をやっていた先輩が誇らしげに持っていたのは一本数万円もする玄翁でした。
そして、それまでわたしは玄翁なんていわないで、「とんかち」って言ってたんですよん。

とんかち→金槌→玄翁 と呼び方が変わったのでした。

この木工大図鑑では、ノミやカンナの裏切れなどの修正方法が、当たり前のように書かれているのも驚きました。
このくらいが自分でできて、初めて一人前といったところなのでしょう。

でもねー、この本を読んでしまうと、安い工具が買えなくなりそうな予感・・・
カンナも刃だけ買って、台は自分流に作るって?
「はひ~ん!」の世界の一歩手前。

とりあえず、手法だけ覚えてしまい、
あとはテイクイットイージーなむーじょ流で作りまくる

思想無し、哲学無し、美学なんてまったく無し
もちろん、こだわりなんてものも無し。

作るのだ。

それにしても、暑いのだ
  スポットクーラーとか、気持ちよさそうで、欲しいのら。  

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

高価なだけあって、写真がたくさん載っていて、分かり易そうな本ですね。
あれこれ工作をしていると、「できればいいのさっ」などと言いながらも基本が気になってきます。やはり道具や材料をうまく使いこなす知識としては必要なんでしょうね~。
でも、知識が先行すると動けなくなってしまいそうな感じもわかります(^_^;
最近、改めて電子回路設計の基礎的な本を買ってみた、かりおかでした。

かりおか | URL | 2008-07-17(Thu)12:30 [編集]

私も買いました

発売日に速攻で買いました。
毎日、通勤の間に読んでました。あんなぶ厚い本を、電車の中で見ていると、恥ずかしいですけどねぇ。。。
あと、DIYネットワーク倶楽部の「中級者のための実践キャビネット製作」DVDも、思わず、ポチっとしてしまいました。2枚目のディスクが、ローカルファニチャーの作り方が見れておもしろかったですよ。

きむきむ | URL | 2008-07-17(Thu)12:55 [編集]

マニュアル本マニュアなの

どうもわたしの読書というと、マニュアル本が多いむーじょです(笑)
工作本、マニュアル本って値段が高いですよねー。
ダイエットじゃないけれど、本を買ったらもう出来た気分になってしまうのも困ったものです。
実際にやらなくちゃ、ね。

でも、本って考えてみれば安いのかもしれません。
1万円未満で相当高度な知識が得られるのですから~。

かりおかさんは、またこんどは高度な回路設計を考えているのかな?v-118

むーじょ | URL | 2008-07-17(Thu)19:59 [編集]

きむきむさん、こんばんわ!

いらっしゃいませ!

そうですよね、きむきむさんはほんとに売り出された直後に買っていらしてましたね。
これはとってもいい本だと思います。
とにかく、木そのものから製材・木工・塗りまでの全工程をカバーしている本って、いままで無かったような気がします。内容にも妥協がないし。

電車の通勤で読むって、かなり勇気がいるかもしれません。
みんな覗き込むでしょ。
わたしは電車の中では小さなクロッキー帳にスケッチしていますけど、へんな目でみられます。

DVDですか~。本よりも高そうですね。
でもこれからはDVDの時代なのかなぁ。
わたしがトリトンのシステムをそろえたのもDVDをみて驚いたからでしたし。あれは上手い宣伝方法だと思いました。

ドゥーパEXにもDVDがついていました。
プロの電動工具の使い方の見事さは、動画でないと理解しずらいかもしれませんね、きっと。

また遊びにきてくださいv-188

むーじょ | URL | 2008-07-17(Thu)20:10 [編集]

かんな台、いいものあります。良ければ差し上げますよ。
玄翁の柄については大学1年の時に石彫様のを作らされました。教えてあげるよ。
刃物の研ぎについては教わったものの、未だに上手くないので、むーじょが頑張ってマスターして、教えてくださいな。

マニュアル本マニア、私も同じです。木工、金工、洋裁、染め、ありとあらゆる分野のご本が勢ぞろいなのであります。

でも本を見て、出来た気分になって、それで満足、みたいなところが、私の悪いところですねえ。

宝の持ち腐れになっているので、むーじょさん、是非、我が家の本を使ってくださいな。

だいちゃんのまま | URL | 2008-07-19(Sat)21:44 [編集]

まにあっく

・・・こういう世界は、わちきにはミリかもなぁ・・。

兎に角、電動ばっかに頼ってるからねぇ・・。
電動彫刻刃やバンドソーが無かったら、何にもできません。
それでもカンナは時々使うけど、刃もダイヤモンド砥石で
研いでるから、全く素人の世界から抜け出てません。

とんかち?もちろん西洋式のかっこいいやつを使ってます。

こういう本に投資して、ちゃんと理解していくむーじよさまは、尊敬!

ばんたろ | URL | 2008-07-19(Sat)23:24 [編集]

早くコラボしたいな!

だいちゃんままさん、おはよー。

美大の彫刻って、そこまでやるの~?
凄いなあ・・・

そういえば、わたしの母校のプロダクト科が大規模な工具講座をオープンにしているのを発見しました。

げんのうの柄の作り方、教えて欲しいです。
とんかち程度のものしか使ってないですから(笑)
カンナ台、もらっちゃっていいんですかぁ!
台直しにはまだ自信がないです

マニュアル本、また見せてくださいね。

つっか、コラボしようよー。
コラボで作品作って、コラボで展覧会したいな。
一日出展、してみない?

ちかぢか、遊びにいってもいいですか~?v-77

むーじょ | URL | 2008-07-20(Sun)05:24 [編集]

「家具業界の常識」なんてものもありまして

おはようございます、ばんたろさん。

木工って、意外と「形式」がうるさい世界なんですよぉ~。
モノはとにかくとして、まず始めに完成度の高さありき といった感じです。
「刃研ぎ3年」といった、artisanの世界ですよね。
わからないでもないですけど、現代は時間が足りないから、そう暢気なことも言っていられないし。
「木理を読んで処理を進める」なんて言われても、安い木材の木理なんてメチャクチャだし波打ってるし、やっぱり知識として、くらいなのだと思います。

わたしの父が学生時代に人間国宝に師事していたらしいのですが、やはりガマンができずに嫌になって逃げてしまったようです。
その後は独自の「アメリカ式」でやっていました。

血は争えないようです(笑)v-171v-41v-171

むーじょ | URL | 2008-07-20(Sun)05:50 [編集]

はじめまして

むーじょさん 初めまして。
一応、発明家のはしくれと思っています。
むーじょさんとは、方向性と方法は少し違いますが、僕も個人発明家として成功することを目指しています。
地方在住です(発明の主な技術分野が家電関係なので、シーテックなどには情報収集に行ったりしています)。
リンクさせて頂きましたが、よろしかったでしょうか?
お互いに頑張りましょう!

komo | URL | 2008-07-21(Mon)11:50 [編集]

komoさん、はじめまして!

v-254コメントありがとうございます。

ブログを拝見いたしました。
たくさんの特許をご自身で出願なされてる様子、とても精力的ですネ。
 発明というのは、自分のアイデアが本当に新規性・進歩性があるのかどうかを証明する作業ですから、とてもワクワクします。思い立った時というのが一番楽しいですよね。

わたしの場合、明細書や意見書・補正書というのが好きでなく、できればやりたくないパートなのです。
でも、やはり何でも経験は必要ですよね、今回の意見書・補正書作成で、ようやく明細書の書き方が分かってきました。

わたしにとって「発明でお金持ち」というのは、世の中を知るために鼻の先にぶら下げられたニンジンみたいなものだと思います。

おかげさまで、とてもいい人間関係が築けていて、人生も楽しくなりますよね、きっと。

むーじょ | URL | 2008-07-21(Mon)21:48 [編集]

むーじょさん
>わたしにとって「発明でお金持ち」というのは、世の中を知るために鼻の先にぶら下げられたニンジンみたいなものだと思います。

何か、分かる気がします。
僕にとって発明は、やはり、まず金ですね。今、金がありませんから。金があれば、ペコペコすることもなくなり、より自由な生き方ができると思います。
そして、成功したら、今度は、発明を題材に、世の中のためになることもやってみたいです。とりあえずは、NHKの「ようこそ先輩」の番組に出る(故郷の小学校に発明を教えに行く)のが夢です^^;

komo | URL | 2008-07-22(Tue)18:52 [編集]

NHKの「ようこそ先輩」

NHKの「ようこそ先輩」、感動的ですね。
わたしの小学校の先輩には所ジョージさんがいます。
所ジョージさん、母校嫌ってたから、きっと行ってないな。

わたしの目指していた番組は、やっぱりNHKの
「プロジェクトX」
『あれは、 プロジェクト × (バツ)』なんだよねー、
って良く聞きます(笑)

NHKも含めて、テレビには何回も出ていますけど、自分が電波に乗るのってやっぱり気恥ずかしいな・・・v-66

むーじょ | URL | 2008-07-22(Tue)20:16 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。