発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

iphoneが発売されました

11日にアップルのiphoneが発売されました。
発売日の前から長い行列をつくるのは、アップルファンの恒例行事みたいです。
行列つくるアップルファンって、まだいたんですかーって思っていました。

コンピューター系のニュースではiphoneの話で持ちきりの様子。
そしてアップルのMac OS Xのシェアも3倍に増えて7%! だって?


むーじょは「発明の女王様」パート1ではアップルの記事を書いていたりしました。
そのころはPOWER MAC9500改がまだ動いていた時代でした
でも、アップルがプロシューマー向けのハードを止めたあたりから、アップルには興味を失っていったのです。



iphoneの記事を見てみます。
携帯端末として捉えていたのですけれど、これは話題になるだけあって、全然違った商品に仕上がっています。
デンワ部分を取っちゃうと、なんか懐かしいモノを思い出しました。

Newton Message Padまだ持っています。ちゃんと動いているし、改造電源をつけて付けっぱなしにもできるようにしてあります。

筐体自体には殆どボタンがなく、タッチパネルで操作する
またその操作方法が変わっていて、楽しくて、驚いた経験

そう、iphoneはNewton Message Padの遺伝子をそのまま受け継いだ、Newton Message Padをはるかに超えた面白い端末だったのでした。

欲しいなぁ・・・

昨年の秋にWillcomのWS007SHを買ってしまったから、あと1年半くらい使わないと、端末代金取られちゃう。
iphone、日本の閉鎖的な携帯市場では出ないとうわさされていたので、忘れていたのが痛かったかも。

iponeの優れたところは、なんといっても「ソフトウエア」的に変更が可能なこと。
おそらくどんな場面(ゲーム、ビジネス、兵器・・・)にも入っていけるキャパを持っているのではないかと感じます。


日本はソフトウエアが苦手
海外ではiphoneをハッキングして、こんな面白い というか 真面目なソフトを作っていたりします。

マックが一番だった頃にこの手のシンプルで優雅なソフトがたくさん開発されていたのを、今では懐かしく思っています。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。