発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ipad・・・久しぶりに『欲しい!!』と思わせる商品がでました。

ipad
ipodでもなければiponeでもない、新しいタイプのパソコン
これはパソコンと言えるのかどうか・・・

ipad紹介ビデオ http://www.apple.com/jp/ipad/?cid=CDM-JP-DM-iPad_Announce-P0009054-Consumer&Email_PageName=P0009054-Consumer&Email_OID=dfd5b430bc4db2c2836d0227ad9ac0c4&cp=em-P0009054-Consumer&sr=em

アップルからのメールでipadというのが来ていました。
新学期も近いし新しいipodでも出たのかと思っていたら、ipad。
一文字違いました。

あの、newton massage padから何年経ったことでしょう
newtonでの失敗から、この事業から足を洗ったとか言っていましたが、見事に復活しましたね。
何も付いていないフラッシュサーフェースなデザイン、素敵です。

newtonの技術を引き継いだはずの日本のメーカー、シャープのW-ゼロシリーズを使ってみましたが、斬新さ・使っていての楽しさは全くない機械でした。
日本では、夢を売る必要は無いということでしょうか。
やはり、発想が全然違うということを、思い知らされた事件でありました。




わたしのパソコンというと、製図をしたり作文をしたり、メールをしたりと、内容がほとんどが実務なツマラナイパソコンですが、楽しむというのなら、ipadはぜひ欲しいと久々に感じさせる魅力を持っています。

いいなぁ・・・
パソコンが遊び道具になっちゃうなんて。
ビデオの最後のほうに、ドライビングゲームをする場面が一瞬出ました。
ipadをまるでハンドルのようにつかんでドライブするなんて、ちょっと想像がつかない使い方でした。


パソコンでは仕事
ipadみたいなもので(みたいなもの、としか言いようが無い、新しいキカイですね)エンターテイメント・ゲーム、etc.

そろそろ、棲み分けがはっきりしてきたのかもしれません。

それにしても、appleは、やることがやっぱりカッコイイなぁ・・・・。




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
今年のトレンド

AppleもWindows勢も、今年はタッチスクリーンが多数出るみたいですね。

私も実機を触るまでは、画面が汚れるしなぁなんて思っていたんですが、やはり、フリーハンドで何かを書いたりというのは、マウスの数倍快適ですよねv-10
それに、高解像度ディスプレイで、マウスをガシガシ移動しなくとも、目的のアイコンをタップで完了v-218

きむきむ | URL | 2010-01-29(Fri)12:11 [編集]

大きなIpodと言う感じで不細工。日本の場合通勤でちょっとというのには使えそうにない。欧米のリビングでなら寛いでということで様になるかも知れないが。日本でなら、文庫か新書サイズの見開き液晶がどうでしょうか。本を読むなら見開きで倍のサイズで読めるし。文章を書くなら横向きで下の液晶はキーボードに使える。薄さは今のi bookの液晶部分ぐらいで。ソニーあたりなら追随するだけでなく起死回生できるのに。

brtatsu | URL | 2010-01-29(Fri)14:44 [編集]

最初はそう思ったけど

販売開始のメール通知まで登録したんですけどね。ケータイ以下の妻に最適だなあと。私もiPhone使い倒してますし。

でもその後このサイトの記事を見たら一気に冷めちゃった。確かに今の仕様のままだと不便だし、iBookなしでは魅力半減かも。

http://www.gizmodo.jp/2010/01/ipad_hate.html

jack | URL | 2010-01-29(Fri)16:55 [編集]

>きむきむさん

タブレットPCは、時期が旬になってきたのかな。
パソコン画面上で絵が描けたりできるのが、パソコンの理想だとわたしは思っていました。
今の環境は、イントュオスとPCで擬似タブレットPCですが・・・。
リビングでくつろぎながら、のんびりとブラウザを眺める余裕が欲しいですよねー。
やっぱり、時間に余裕がある若い人向けなのかなぁ。

むーじょ | URL | 2010-01-29(Fri)18:39 [編集]

>はじめましてbrtatsu さん

大きなipod 確かにそんな感じですね。
通勤用にはipod/iphoneで十分そう。
見開きのゲーム機は、日本の発明品になるのかな。
最近では見開き2画面の携帯電話も見るようになりました。
家庭用のブラウザとしては、わたし個人的には、マルチディスプレイにするより大画面で一発のほうが好きなので、1画面のほうがいいかなと思っています。
たとえるなら、事務ノートとクロッキー帳の違いです。

>ソニーあたりなら追随するだけでなく起死回生できるのに

ん~、それは言い訳にもならないかもしれません。だったら、ソニーはなぜ出さないのか、それとも出せないのか、売れるのか売れないのか、それも分からないのですから。そういった冒険は日本企業には不向きだと思います。v-89

むーじょ | URL | 2010-01-29(Fri)18:50 [編集]

>jackさん

「わたしはiponeを止めました」
「appleの新製品、ここが失敗!」

最近、こんな記事を見かけますね。

いままでもapple社の新製品は、出るたびに酷評に晒されることも多かったですし、ipodも「絶対にこんなもの売れない」と日本では言われていた製品でした。

新しいものを考えて世に出すというのは、こういったことだと感じています。過去の経験から引きずった批評に晒される。特に日本はそういった傾向が強いですよね。

わたしも、何度もapple社のスカな製品を手にしたこともありましたが、それでも夢を売る会社としたら、apple社はピカイチだと思っています。
ipad もしかしたら、いままでのパソコンの使い方とは全く違った、ギズモードの人がダメだとしているステレオタイプ的なこと以外の技術で伸びていくのかもしれませんよ。v-353

むーじょ | URL | 2010-01-29(Fri)19:07 [編集]

周囲にパソコン音痴な家族がいると、iPadの使われ方が何となくイメージできる気がします(Appleの意図するところとは違うかも知れませんが)。高齢者向けとは断言できませんが、リビングにリモコンみたいにひょいっと置いてあるみたいな感じじゃないかと。

日本のメーカーは、自動車なんかを見ていても、一代目はコンセプトがトンガッテいて(死語?)、「おっ」と思うのが出たりするのですが、2代目からは世間に揉まれたのか急速に丸くなってしまうことが多いように思います。

Appleは昔からその辺り、コンセプトがぶれないところがスゴイと思います。私自身はなんか全般的にスノッブぽいところがどうも相容れなくて、横目でうらやましいと思いながら虚勢を張っています。

forest | URL | 2010-01-29(Fri)23:36 [編集]

タブレットパソコン

こんにちは、forestさん、お久~♪

タブレットパソコンは、これからの主流になっていくことは間違いないと思っています。ipadが主流になるかどうかは別として・・・。
最近では病院の診察室にパソコンが入っている場合が多いのですが、診療中も先生がパソコンにばかり向かっていられると、わたしが何をしに着たのかわからなくなったりもします。

そんなとき、タブレットパソコンが進化すれば、昔の紙カルテを見るように対話しながらこちらを向いて話してくれるようになるのかもしれません。

コンセプトカーの話、たしかにそうですよね。
楽しいものを考え出しているのに、潰されちゃうのか、それ以降進まないで消えていってしまう・・・。日本にはネオフィリアがアメリカと比べて圧倒的に少ないのかな。

それはそうとして、

20インチくらいのタブレットパソコンに書かれた製図データを直接見ながら、テーブルソーで部材を切り出していけるようになったり、その場ですぐ数値の修正が出来たりするようになったら、いいのになーって思います。v-77

むーじょ | URL | 2010-01-30(Sat)08:16 [編集]

風は・・。

私が今で言うパソコンらしき格好のものを使い出したとき、富士通やDECのミニコンが巷に溢れ、まだ大型計算機が世界を支配してました。
CPMを乗せたそいつは、会社ではみんなの笑いものでした。
でも2,3年で8ビットパソコンをNECや富士通が発表し、風向きが変わりました。

風はいつも変わっていきます。今、世界で初めてだったかも知れないそのパソコンメーカーは倒産してます。

私の愛機64X2のスーパーマシンもあっというまに、ただの旧型機です。
そういえば、いつかはクラウンなんて言葉も死語になりました。クラウンなんてタクシー以外は滅多に見られなくなりました。タマゴッチもそうかな・・・。

ま、いいじゃないですか、強者どもが夢の後・・。
必死に開発し、勝ったという思いが得られたら、それで・・。

がんばれIPad!・・なんてね。

ばんたろ | URL | 2010-01-30(Sat)09:47 [編集]

いつまで風を追えるかしら

時代遅れになってしまう恐怖というのは、ありますねー。ケータイ社会に就いていけない感はあります。
あの小さな端末で、何ができるのだろう・・・なんて考えている自分がいます。

ばんたろさんみたいに、マイコンの発生から見てきたプロにとっては、この劇的な変化をどう見ているのでしょう。

昔を懐かしむわけではないのですが、パソコンが無かった時代って、時間ももっとゆっくり流れていたような気がしてなりません。
でも、もう、進化を誰も止めることは出来ないよねーv-78

むーじょ | URL | 2010-01-30(Sat)16:00 [編集]

お久しぶりです

iPadは確かによさそうですね。
買ってみたいですね。
僕も、最近のケータイ文化、ついていけてないなって少し不安になります。
まぁ年代からして友人はみんなそんな感じなんですけどね^^;

寝たろう | URL | 2010-01-31(Sun)23:37 [編集]

(。・ω・)ノ゙ コンバンハ♪

なかなかカッコイイモノが出てきましたね☆
でも……
出版物が減るのでしょうねぇ……
そんな事が気になっちゃいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

ぴん栗 | URL | 2010-02-01(Mon)02:42 [編集]

寝たろうさん、こんにちわ~

寝たろうさんも、『ついていけないかも・・・』症候群ですね。
ケータイ、ゲーム機、それに入っているソフトウエア・・・。わたしたちからしたら、未知のものに見えてしまいます。

ipadは、その点分かりやすそうな気がします。
でも、進化していったら、やっぱり理解できなくなるのかしら。
歳をとって、『ばーちゃんは未だにパソコンなんか見てるんだよね~』って言われるようにならないために、新しいものにも慣れておかないとネ。
(進化もいいけど、困ったもんです)v-409

むーじょ | URL | 2010-02-01(Mon)08:25 [編集]

あっ ぴん栗さんだ~

マック使いのぴん栗さんだ~。
今回は見送られたネットブック関連、ちょっと痛手でしたねー。DLできたら、漫画でも小説でも読み放題になりそうな予感してましたのに。
デスクトップだと、椅子に座って読まないといけないけれど、ipadだとほんとに寝転がってでも見られそうで、いいです。
本自体は少なくなるかもしれませんけど、出版の全体量は増えそうな感じがします。

ぴん栗さんも、やはり紙媒体がお好きなんですネ。

むーじょ | URL | 2010-02-01(Mon)08:31 [編集]

心配

最近、更新が遅いけど、何かありましたか?
ちょっと心配。

まま | URL | 2010-02-12(Fri)22:39 [編集]

ままさん、心配してくれて、どうもありがと

ほんと、ありがたいですv-436

昨年から、こころの風邪をひいていました。
普段ならやり過ごせる小さな不安も、妙に大きく拡大されて、胸の奥に鉛のようにドスンとたまっていくんです。

父の命日も過ぎたので、次第になおっていくとおもわれます。

また見に来てくださいネv-344

むーじょ | URL | 2010-02-14(Sun)07:31 [編集]

そうか。

そうか。私の心の風邪は、ずいぶん重症で結局10年くらいは闘病しましたが、むーじょの風邪が軽い事を祈ります。

症状がきついときは難しいかもしれませんが、少し軽くなったら、是非、週に1回は、自分のために外出するといいです。人の集まる場所にね。

お勧めは、今まで興味があったけどやらずにいた、趣味の教室なり、サークルに行くのがいいです。

私は蒔絵教室に通って、少し元気になり、そのあとで彫金教室に通いました。その中で心の風邪友達が多くでき、救われました。

お仕事は行っているのかな?

お暇なら顔でも見にいこうかしら。

まま | URL | 2010-02-14(Sun)22:41 [編集]

心の風邪、重症らしい・・・

といっても自制はできるので、発狂君にはならないで済んでいます。早めに医者に行ったのがよかったのかな。

そっか、少し良くなったら出かけたほうがいいのかな。
今は、無音の空間で一人きりでいるときが一番落ち着いています。広場恐怖症だそうです。
困ったことに、人と話すことでどんどん傷ついてしまう病状のようです。

そんなわけで、風邪友はできそうにありませんが、なんとか、ゆっくりでも、仕事を進めています。

時間ができて、あたたかくなったら、またお茶でも飲みたいですねv-273

むーじょ | URL | 2010-02-15(Mon)19:12 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。