発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

へら絞り 失敗

秋葉原で買ってきたアルミ板を少しだけ切り取って、へら絞りをやってみました。


へら絞り

エチゼンクラゲではありません。
へら絞り です。

何年か前からチャレンジしているのですが、(前回・・・初冬になるとへら絞ってますね)

・・・なかなかうまくいきません。

ヘラ絞り、専用のヘラ絞り旋盤でやっても、うまくいくとは限らないシロモノであります。

今回はアルミの薄板を旋盤に着けた型に圧着して、オリジナルで作った「へら」で行うという、本格的(?)なものでした。
ふちがへなへなになるのは、へらを押し付ける圧力が弱すぎるからです。
でも、前回のシンバルよりはドームに近づきました。
ほんとうは、両方とも自転車のベルのようなものになる予定だったのにね。

なでこんな難しいことをやっているのでしょう?
それは、金属加工というのは、型から製作依頼しなくてはならないため、目玉が飛び出るほど高価になってしまうからです。
とりあえず、出来るところまで自分で試作して、設計が完成したらプロにお願いしようかと・・・
いつもそうやって来たから。
(だから何やっても遅いんですよね)

それにしても、前回のへら絞りも、偶然に同じような月の同じような日時にやってます。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
絞り

へら絞りは職人技
数こなす必要があるのでは?
たしかに、電子工作は冬
金属加工は春と秋って感じなんですが

画家 | URL | 2009-12-11(Fri)19:48 [編集]

そういえば

もうすっかりへら絞りの季節になりましたね~♪
お宅はもう済みました~♪

なんて会話、うちの近所でも...

聞いたことありませんv-12

私も今週は半田付けウィークでした。
(金属加工と言えば金属加工?)

omiken | URL | 2009-12-11(Fri)22:26 [編集]

>画家さん

そうですね、職人技の難易度です。
でも、職人さんに頼めないから、自分で「試みて」いますv-410

むーじょ | URL | 2009-12-12(Sat)07:17 [編集]

あら~ へら絞りの季節!

12月も中盤を過ぎると、『早くヘラ絞りをしちゃわなきゃ』という感じでいっぱいです・・・v-406
「あら~、おくさま、今年のへら絞りのポイントは、『エコ』なんですって、知ってましたぁ?」

・・なんて会話も、無いでしょうねー。

omikenさんも、金属加工。
勝手がいつもと違うので、なかなかうまくいかない様子がよくわかります。うん、うん。v-410

むーじょ | URL | 2009-12-12(Sat)07:22 [編集]

硬さ

へら絞り素人ですが
どちらが良いかわかりませんが
秋葉原で買うアルミ板って硬くないですか?
ホームセンターのアルミ板の方が柔らかい感じがします。
粘り気や伸びを考えると柔らかい方が良いのでは????
棒(へら)をただ押し付けるのではなく支点を作り、テコの原理で長いへらを使い押し付けると暴れることおも少ないのではないかと
へら絞りで遊ぶのが目的でしょうが、皿形状だったら凸と凹の形作って間にアルミ板いれてガンガンたたいたら(笑)
あとはたたき出しも良いかも

画家 | URL | 2009-12-12(Sat)11:45 [編集]

ふち

ふちがへろへろになるのは絞ったために歪がでるのでどうしてもふちはへろへろになるのではないですか
へろへろをすくなくするのが技術でしょうが、”ちりきり”って言ってふち周りは後で落とします。

昨日。雨の中、幕張メッセのサイクルモード2009(自転車の展示会)に行ってきました。
また、ちがった趣味の人たちのオアシスでした。

画家 | URL | 2009-12-12(Sat)11:50 [編集]

>画家さん

へら絞りは、超難度級な加工ですよね。v-393
でも、『もしかしたら、出来るかもしれない』ということを希望しながら実験を繰り返しています。
金属加工業界というのは、多量に生産するためにあって、試作などの一品モノには向いていないのです。

寸法を見る・組み立て状態を観察するために試作品を一つだけ欲しい場合にも、金型・整形した材料(ワーク)が必要になり、たった一つを作るためでも100万円近くしてしまう場合が殆どです。

>皿形状だったら凸と凹の形作って間にアルミ板いれてガンガンたたいたら(笑)
↑↑↑5年くらい前に試していた方法です。プロの方からは笑われ、逆に関心されてしまいました。そこまでするかって。v-239

金型も、機械屋さんが持っている金型が利用できれば安くなることはなるのですが、まず合うことはないのが現状でした。
オリジナルの設計図を生かした形を生み出すというのは、長い年月と情熱が必要のようです。v-393

自分で出来ないことがわかれば、プロにお願いする予定になっています。v-353

むーじょ | URL | 2009-12-13(Sun)09:53 [編集]

難しそうですね

う~む、へら絞り、難しそうでしすねぇ。。。
私は、途中でアルコールが切れて、手が震えそうですv-292(私は、アル中かって。。。)

ベースの型を作って、習い加工とかってないんですかね?
木工だと旋盤のバイトの代わりにルータを使う場合に、テンプレートを使うのとかあるけど、金工だと難しいのかな。。。

きむきむ | URL | 2009-12-13(Sun)22:56 [編集]

難しそう・・

品川に名人がいたような・・
TVで見た感じからすると、名人はもっと薄い材料を使ってたような気がしますが、しかも銅か真鍮じゃなかったかなぁ・・やったことないのでよくわかりません。

何を作るのかは不明ですが100均の鍋やボール使って絞った方が材料としては安くできるかもなぁ・・なんて素人は考えます。しかしスピーカーのツイターなんて自作できたらおもしろいでしょうね。なんせ良い物は数十万しますから・・いつかやってみたいです。


ばんたろ | URL | 2009-12-14(Mon)12:58 [編集]

>きむきむさん

一応、木型を旋盤で削りだして、倣いにしていますv-410
それでちょっと木工旋盤を物色してたりしました。
でも、専用のヘラ絞り旋盤じゃないと、無理そうです。
熱が出るくらい強く金属を押し付けて、粘土のように塑性変形させるらしいシロモノでしたv-406

写真の小物は、ベルなんですけれど、これは遊びでどこまで出来るかやり続けます。
進化の過程 「シンバル」→「エチゼンクラゲ」→「ベル」

むーじょ | URL | 2009-12-14(Mon)18:58 [編集]

>ばんたろさん

なんかNHKの番組でやってたそうですねー。
ヘラ絞り職人の物語り。見ればよかった。
写真はマクロ撮影なので、厚くみえるのですが、0.5mm程度のぺらぺらなアルミ板です。
厚いほうがいいのか、薄いほうがいいのか、それすら情報が無いのですから、やってることも無謀です。
でも!、でもネ、ここまで曲がったのよん!
次はヘラ絞り旋盤の製作かしら♪~v-410

>100均の鍋やボール使って絞った方が材料としては安くできるかもなぁ・・
それ、考えてました。身近にある既製品や素材を使って作るのが一番いいと教えられてはいたのですが、どうしても自分で作っちゃう性分なの。
年末に河童橋に行って、アルミ食器を探して来ようかなどと思っています。
ツイーターを手作りのヘラ絞りで作る!なんて楽しそうですねー。どんな音になるのでしょう。やってみませんか~♪

むーじょ | URL | 2009-12-14(Mon)19:08 [編集]

「へら絞り ブログ」で検索してきました。

写真を見る限りですが、素板の外側だけ押していませんか?
加工の初めから絞りすぎのように見えます。
多角形やしわになるのは周方向の座屈のためです。
素板の内側からローラを流す操作を繰り返して,
シンバル→ラッパの先ようなホーン型→目的の形状という風に成形していくと、
少し上手くいくと思います。

剥離も結構出てますね。
スピニング加工みたいに、ローラをつくってみてはどうでしょうか?

通りすがり | URL | 2010-01-21(Thu)08:34 [編集]

とおりすがりさま、はじめまして

コメントありがとうございます。

>素板の外側だけ押していませんか?
確かにそのとおりです。
根元からゆっくりと押し下げているつもりなのですが、気ばかりあせってしまっているようです。
シンバルが出来てきてからラッパ型にしていくんですネ、了解しました。

ミニ旋盤で、ヘラ絞りの真似事をしていますが、ローラー(手作りです)の大きさや精度が悪いのか、うまく制御できません。
それ以前に、ローラーに掛けられる圧力が非力すぎるというのもあると思います。
金属を圧延するというのには、かなり軸方向に圧力を掛けないと曲がっていかないことも、体験上から分かってきました。
やっぱり、へら絞り旋盤というのは、ちょっと特殊のようです。

近いうちに異業種交流会の展示があるので、そのときにプロに質問をしてみる予定でいます。
プロは厳しいので、たぶん笑われちゃうかもねー。
v-77

アドバイス、ありがとうございましたv-436

むーじょ | URL | 2010-01-21(Thu)16:16 [編集]

すばらしい

真似事でも挑戦するってすばらしい!
私たちも真似事から職人になったんですよ

さて製作方法ですが小さい物は道具(ヘラ)も小さくなければだめです。
道具が大きいと(太い)外周を押さえてしまいシワになります
写真の後ろにエンピツあるでしょ、この大きさの製品はエンピツ位の直径の金属やベークライトを旋盤で砲弾型に丸めて絞れば出来ます。
日にちも経っているので解決はしてるとは思いますが怪我しないように頑張ってください。
そうそう、力加減は体で覚えてください
材料が、型の形状になりたいよ~って
そんな感じの力です何㌔の力とか自分も解りませんので
材料と対話しながら絞ってみてください。

ここ見て凄く感動しました。

ヘラ絞り職人 | URL | 2010-05-28(Fri)15:55 [編集]

ヘラ絞り職人さま、こんにちは

コメントありがとうございます。
小さいものは、小さなへら(ローラー)でやらないと、できないんですね。わたし、鉛筆の4倍くらい大きなローラー作ってしまいました。
へら絞り、問題はまだ解決してませんv-410
でも、『もしかしたら、こんどこそできるんじゃないかしら・・・』と思いつつ、毎年同じ季節にやっています。
ミニ旋盤では無理だと思っていましたが、同じ旋盤を使って上手にへら絞りしている人とも知り合いになったりして、面白いです。

それにしても、『へら絞り』で検索している人って、結構いるもんなんですねーv-410
へら絞りもアルミはんだ付けも、鍛造も、いろいろやってます。どうぞよろしくね。

むーじょ | URL | 2010-05-28(Fri)20:12 [編集]

大阪のヘラ絞り職人です~   うちでは素人さんにも体験していただいてます。 今までに100人は越えました。

すべての人がうまく行ってます。 画像からすると金型に近い部分が金型に密着しいない可能性と力加減が弱いか? 逆に強いか?  教えてもらうと簡単ですよ~

一番、近い工場をのぞきに行ってみて下さい。
職人って美人に弱いですから・・・・(笑)

タケやん | URL | 2010-09-17(Fri)16:38 [編集]

はじめまして、タケやんさん

あれから幾霜月、金属加工についておぼろげながらわかってきました。
ヘラ絞り、やっぱり旋盤の剛性と、強力な支点で強く伸ばしていかないとダメみたいですね。
ローラーも、手作りの大きなローラーつかってたし。
ヘラ絞りの映像がいかにも簡単そうにやっているので、真似してみたかったのです。ちいさなベルくらいつくれるかなって。
今年もチャレンジできたら、やってみますねーv-254

むーじょ | URL | 2010-09-17(Fri)21:42 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。