発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

奈良のイメージキャラクター「せんとくん」? 久しぶりに死ぬほど笑っちゃった

「奈良の平城遷都1300年祭」のキャラクターが盛り上がっています。
いったいこんな笑えるニュースがあっただろうか

せんとくん


せんとくん ?  のお兄さんキャラ?

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1146296.html



696. Posted by   2008年07月09日 23:49
…これで本気で勝負するつもりなのか…
…これで本当に客を呼ぶつもりなのか…

とりあえず夜道で会ったら力一杯叫んでから逃げ出すレベル





久しぶりに、涙が出るほど笑ってしまいました

なんなのこのキャラクター
大真面目で企画しているところが、めちゃくちゃ可笑しいの
キャラクターの企画が、進めば進むほど笑えるって、いったい・・・
現場に居合わせていたら、笑い死にしてたかも。

日本の古都、奈良も、ユーモアでは捨てたもんじゃないですねー。




せんとくん、大人気のもようです。
YOU TUBEの楽しみ方:全部いっぺんに再生すると、気が狂います(笑)







このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こ、これは・・

若き中村錦之助に鹿の角をつけた感じだなぁ・・。
昔見た「宮本武蔵」の12時間ドラマを思い出しました。

これが奈良のイメージですか。
ま、でも、反応ないより、しぬほど笑えるだけでも
存在する価値があるということなんでしょうね。

う~ん、なんとコメントしていいか、わからん・・・。

ばんたろ | URL | 2008-07-10(Thu)00:32 [編集]

おはよございます、ばんたろさん!

昨夜は笑いすぎて、おかげさまでとても良く寝られました。

目覚めもスッキリです(笑)

せんとくんは奈良の有名な彫刻家がデザインしたというキャラクターだそうです。現実とのギャップが、いとおかし。

ほんと、死ぬほど笑いました。
コメントがおかしいの。
ここまで言う~?

>若き中村錦之助
大菩薩峠に出ていたとかいう頃ですかぁ?
中村錦之助さんだったら、何付けても「似合っちゃう」かも。

ひさしぶりに、大ヒットお笑いな話題の発見でした。v-146

むーじょ | URL | 2008-07-10(Thu)05:47 [編集]

ふうむ

せんとくんのセンスの悪さは、絶対、えらい政治家のじいちゃんたちの肝いりで作ったもんだと思ってました。
しかし、もし有名な芸術家が作ってたら、芸術とは何かを
もう一度考えなきゃいけないと思い、「何とコメントしたらいいかわからん」と書いたのですが・・そ、そうですか。

有名な芸術家が、こんなのを作るんですか。私の絵が日展で特選にならないのもうなづけます・・なんて、ここまでかいてしもうた。でも、受けてるなら、やはり有名な先生だけあるんでしょうね・・・。

ばんたろ | URL | 2008-07-10(Thu)14:38 [編集]

日本の偉い芸術家って、わかんない~

日本のイベントに関しては、岡本太郎を最後に偉大なアーティストって出ていない気がします。使命感に燃えた気骨のアーティスト岡本太郎、好きでした。

せんとくん?
余裕がないとこんなんなっちゃうのかもしれませんね。
実際のところだけ見てると全然ユーモアとか感じられない。
だから徹底的にブラックにパロられちゃうんでしょう。

千何百の応募の中から選ばれたらしいですけど、出来レース見え見えな感じがします。

展覧会でもなんでも選考とつくものは、日本では「根回し」がとても重要のようです。作品の内容よりもずーっと根回しが強力だって。

それに日本って、作品そのものよりも誰が作ったかといったことだけに意味を持たせているみたい。
日展にいってみると、歌手やタレントの絵にたくさんの人垣ができていたりします。

日本のアート文化はタテマエ文化。
「○○だからいいにきまっている」的な見方
ブランド志向で実際は中身なんて、見ていないのです。
アートだけにかかわらず、日本人全般の現代文化(アートを見る目)はだいぶ質が悪いな、って感じます。v-61

むーじょ | URL | 2008-07-10(Thu)20:24 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。