発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

水沢観音~伊香保温泉~富岡製糸工場

久しぶりの一泊旅行に行ってきました。
場所は近場の伊香保温泉です。
旅行で使う車はともだちのポルテという車
伊香保温泉、いつも通り過ぎるだけで、近すぎたこともあって、宿泊したことがありませんでした。
計画も即座に決まったことです。


水沢観音-1

朝10時に出ても、お昼くらいには到着いてしまいます。
名物の水沢うどんを食べてから、水沢観音にお参りしました。


水沢観音-2

水沢観音は、山奥の古刹です。
ちょっと珍しいのですが、密教寺院
六角堂の中はマニ車になっていました。

水沢観音-3

お地蔵さんが乗ったマニ車
一回転させると、1万回お経を唱えたと同じだけ功徳があるといいます。
3回まわしてきました。

人気の少ない山寺での参拝は、なんとなくご利益がありそうでいいですね。



伊香保温泉-1

2時にはホテルに着いてしまったので、伊香保神社までお散歩します。
これが有名な石段街の石段
山の斜面に張り付くように温泉ホテルがたくさん建っています。
石段の歓楽街 なんだか千と千尋の神隠しみたいです。

伊香保温泉-2

石段を登りきったところにある伊香保神社
石段は360段あるそうです。
ここでも安全祈願のお参りをしました。


伊香保温泉-3

千と千尋に出てきそうな小さなお社(やしろ)が整理されて並んでいます。


伊香保温泉-4

神社から下を見たときの石段街
下から見上げるのよりも、余計なものが写らなくて、風情があります。



2日目

ホテルのチェックアウトが10時
すぐに家路につくのも早すぎるので、富岡までいくことにしました。
これも行き当たりばったり計画です。
今回初めて地図を持っていかなかったので、伊香保と富岡の位置関係がわかりません。
カーナビで富岡製糸工場を呼び出して、ルートに乗っかります。
距離は伊香保から36Km・・・遠いんだか近いんだか、さっぱりわかりませんでした。

富岡製糸工場-1

富岡製糸工場は世界文化遺産に登録を目指している史跡です。
最近まで実際に使われていて、機械が動いていたらしい。
古くて大きな工場でした。


富岡製糸工場-2

蒸気機関のエンジンを動かしたりするスチーム発生のための煙突


富岡製糸工場-3

メインエントランスの窓
冷たい雨が降っています。
古い建物には、寒い風景がよく似合う・・・


富岡製糸工場-4

建物外観
窓が全部閉じられちゃっているのには、がっかりです。
たとえ閉じられていても、イタリアの建築のような表情が出ていれば、もっとよかったのにね。


富岡製糸工場-5

なんとなく懐かしい木造の廊下


富岡製糸工場-6

管理棟の裏の階段
管理棟には、古びた貴賓室があります。
現在の管理室も、むかしのままをそのまま使っているのですが、そっちのほうが面白そうでした。


富岡製糸工場-7

寒い日だったので、雨にぬれたからだを休憩所の石油ストーブで温めました。
これはその室内から見た扉
扉を撮るのも、好きなんです。


帰りに峠の釜飯をお土産に買って帰りました。
富岡というのは、碓氷峠の近くだったんですね。
峠の釜飯は、留守番している母用です。
わたしも大好きなのですが、最近食べてないなぁ・・・高級だし。

そんなこんなで、家には夕方にもならない時間に到着しました。

あまりに近い場所の一泊旅行って、時間の配分のしかたも、とっても微妙な感じです。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

伊香保温泉は、毎年、年末になると行きますが、水沢観音も伊香保神社も行ったことがありません(^^;
数年前、夕食前の散歩に伊香保神社へ行こうとしたら、ホテルの人に止められました。
昔は賑わっていたようですが、最近は、夜は暗くて危ないそうです。

明日は、草津温泉で忘年会の予定でしたが、風邪気味なのでドタキャンです(^^;

monaco | URL | 2009-12-04(Fri)23:18 [編集]

製糸工場

伊香保の写真は構図が良いですね、2枚目の写真は保存させていただきました。この写真を見ながら絵を描いてみたいと思います。

工場の写真はなんか懐かしいです。父が紡績工場で働いていのですが、とてもよく似た感じです。きっと古い時代の紡績工場は富岡製糸工場がモデルになってるんでしょうね。

私も紡績工場でよくアルバイトをしました。思い出って建物と一緒に色んな人の顔が出てくるんですね。特に美人の工員のお姉さんとか・・・。





ばんたろ | URL | 2009-12-05(Sat)00:56 [編集]

どこも素敵ですね

水沢観音は、ご利益がありそうですねv-291
2枚目のショットがきれいですね。

富岡製糸って、確かに寒い雨が似合いますね。
歴史の光と影を凝縮して、それが静かに眠っているというか。。。
う~む、文才が無いからなんと表現すれば良いのか。。。v-394

きむきむ | URL | 2009-12-05(Sat)05:53 [編集]

>monacoさん

伊香保温泉、初めて行きましたが、近くていいですネ。
わたしもまた行きたくなりました。
ふくぜんという、石段街からちょっと離れたところにあるホテルに泊まりました。6階がパノラマ浴場になっていて、朝日が見られるとか。

伊香保神社は、何もない神社でした。
水沢観音は、ひなびた感じが良かったですよー。v-410

むーじょ | URL | 2009-12-05(Sat)07:44 [編集]

>ばんたろさん

わぁ、お褒めいただいて、ありがとうございますv-435
六角堂というのは、ちょっと珍しいかもしれません。
欄間の透かし彫りも、なかなかのものでした。

紡績工場は、碓氷あたりで同じくらい古い工場が稼動していると書いてありました。
ばんたろさんの憧れる、美人の女工さんが働いているかもねー。(おねえさんって・・・)

むーじょ | URL | 2009-12-05(Sat)07:51 [編集]

>きむきむさん

初日だけでも晴れていたので、よかったです。
密教寺院って、なんだかご利益が濃そうな感じがします。
凡字がずらずらと書いてあるからかな。
水沢観音と伊香保温泉は、フラッと思い立った時にいくのがいいです。
 雨の製糸工場は、偶然に雰囲気出てました。言い古された言葉ですけれど、「時が止まったような」感じでした。
休憩所でストーブを囲むばっちゃ達にまぎれていると、ほんとに時が止まってしまいそう・・・v-242

写真は、伊香保と富岡で合計50枚近く撮っています(笑)

むーじょ | URL | 2009-12-05(Sat)08:00 [編集]

拝見してます

貴ブログ拝見させていただいております
ご活躍が見えるようです
近所ですね!!!!

画家 | URL | 2009-12-05(Sat)11:32 [編集]

画家さま、はじめまして!

コメントありがとうございます。
下手な写真を撮ってUPしてる写真好きですv-410
これからも、よろしくお願いしますv-367

むーじょ | URL | 2009-12-05(Sat)12:34 [編集]

碓氷峠

あー、建築見学会、昔行った、名栗を思い出すわねー。
碓氷峠が近い?碓氷峠には、碓氷鉄道文化村ってのがあって、ミニSLとかに乗れるんだそーだ。いつか行かねば、と思っているのであります。

私は今、鉄道病で、息子の為に作り始めた電車型バッグに苦戦しております。気が狂いそうです。

車の気ままな旅に憧れちゃうよ。

ママ | URL | 2009-12-05(Sat)23:20 [編集]

温泉で美肌~♪

階段は全部で何段あるんでしょう……膝が笑っちゃいそうです。
「まんじゅう」の文字に惹かれます v-398
温泉街って趣があっていいですね~。

富岡製糸工場、沢山の人が働いていたんですね。
煙突はモクモク煙を休むことなく吐き出していたんでしょうねぇ。

峠の釜飯って見かけると買ってしまいます。
あの「釜」にやられちゃうんです v-346

ぴん栗 | URL | 2009-12-06(Sun)02:03 [編集]

>ママさん

電車型バッグ、どんなものが出来上がるんでしょうねー、楽しみです。だいちゃんが真っ黒になるまで使ってくれるといいですネ。
コメから察すると、旅行はみんな電車旅行?
荷物とか大変そう。でも列車でのんびりといく旅行のほうが思い出に残りやすいかもしれません。
鉄道の博物館って、各地にありますよねー。このまえ青梅で見つけました。あと、東京にもあったような・・・
鉄子さん熱、ますます上昇中?v-352

むーじょ | URL | 2009-12-06(Sun)09:09 [編集]

>ぴん栗さん

石段は、一番下から数えて360段だそうです。
下るときには、ほんとにひざがおかしくなりそうでしたv-393
温泉は、水曜日特別割引の日に宿泊したので、広い湯船を一人で独占していました。何回も入っていると、あたまがボーとなってきて、幸福感が味わえます。温泉’sハイって感じですv-48
釜飯すきですか?わたしも大好きなんですが、なかなか自分の分が買えなかったりします。おまけに付いているお新香が、これまたとってもGOO1なんですよ。

釜飯→BLなんですか、もしかして・・・
顔を赤くしながら「かまめし・・・ください」ってv-402
売り子のおねえさんも、
「か~ま~め~し~ で~す~ね~♪」

むーじょ | URL | 2009-12-06(Sun)09:20 [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-11-26(Fri)14:21 [編集]

M.Kさまへ。

TripAdvisorさま

皆さんにお勧めできるようなものではありませんが、写真使用OKです。ご連絡先をお教えください。

v-410

むーじょ | URL | 2010-11-26(Fri)19:56 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。