発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

素凄じいまでに寂寥感の漂うマンガ 瀕死のエッセイスト

瀕死のエッセイスト



瀕死のエッセイスト しりあがり寿のマンガがあったりする。

しりあがり氏というのは、不思議な漫画家で、一部カリスマ化した存在でもあります。
わたしは彼の、学生時代からのファンでもありました。

瀕死のエッセイスト
このコミックは彼の核心の作品ではないか、と一人思ったりしてるわけです。
なんとなく懐かしい病人と死を描いたしりあがり氏のまんが。
学校を卒業してから作った同人誌「初孫」の病床だよりの続編にあたるのかしら。

それまでペーソスギャグを書いていたしりあがり氏が、なぜこんなにもシリアスなマンガを描き始めたのか、理解できないでいたのも、その頃でした。
瀕死のエッセイスト
この単行本で、彼の本当に書きたいものがわかったような気がします。

ただ、これだけ「死」が連続していると、素凄いまでにさびしい。


死人の出てくる夢

死んだ肉親の出てくる夢
夢の中では、その人がもう死んでこの世にはいないと判っていないで、その人にたいして怒ったり、笑ったり、一緒にご飯を食べたりしている。
夢から醒めかけて、現実と夢の中間くらいに意識がはっきりとしてくると、『ああ、このひとはもう、居なくなってしまっていたんだっけ』って思う。

そんな悪夢に似た夢の感じがよく出ているマンガ
・・・これがマンガといえるのなら・・・


それと同時に、死というものをドライに見つめた作品が「屍体の詩#4」です。
これはもう、「人体の不思議展」を見たときのような、あっけらかんとした死ですね。
人体の不思議展、見ましたか?
まだ見てない人がいたら、ぜひ見に行ってみてください。



屍体の詩#4-1

屍体の詩#4-3

屍体の詩#4-2

屍体の詩#4-4

屍体の詩#4-5


屍体の詩#4-6


暑さが去り、急に涼しくなり、しとしとと雨も降ってくると、ゆっくり考える頭が目覚めます。

猛烈なギャグでヒットした作家たちに限って、猛烈な生死観のマンガに行き着くのは何故だろう?

「笑い」と「死」
それはお互いに隣同士なのかも知れませんね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
対極にあるから

対極にあるから、おかしさが生まれるのかなぁと、私は思うんですけどね。

ここ最近見る夢。そんな、日常からかけ離れた否日常。
ノーヘルでバイクにちょっと乗るんですが、ほんの数百メートル走ると、なぜかわき道からパトカーが現れ、追いかけられます。そこで、やばって感じで、毎回、目が覚めますv-292
場面は毎回違うんですが、毎回、同じなんですよねぇ。。。
もう、10年近くバイクに乗っていないのに、何でしょうねぇ???

きむきむ | URL | 2009-09-12(Sat)21:15 [編集]

わたしの見る夢

おはよーございます、きむきむさん。
同じ夢を何回もみることって、ありますよねー。
今は夢をよく見る季節なのかな。
それとも頭が疲れてる?

わたしもここのところ、同じ夢を何回も見ています
もう見飽きちゃった  壊れたDVDって感じです。

何かに追いかけられる夢、何かを忘れてきた罪悪感の夢というのは、やっぱりストレスからかしらねぇ・
何回も見るというのは、夢がなにか大切なことを知らせようとしているのかもしれません。
日常に埋もれてなにか大切なことを忘れていませんかって、無意識くんが教えているんですね、きっと。

むーじょ | URL | 2009-09-13(Sun)07:51 [編集]

こんばんわ~
シュ、シュールな漫画ですね~^^;
昔、友人がはまってたなあ・・・

夢といえば、先日前の会社の後輩が結婚する夢を見て、翌日前の会社の先輩から電話がありなんとその後輩はついに結婚!することになったと聞いてびっくりv-237
よ、予知夢だあ!!
最近、こんなことが多発v-237
野生のカンがMAXまで発達したのかしら??

コナツ | URL | 2009-09-13(Sun)22:05 [編集]

こんな感じ

一月ほど前に、JR中央線がプアーーンと長い警笛を鳴らして止まったので、見に行ったら、そこには、バラバラにちょん切れた人間らしきものがありました。

それは人間じゃなく、物体でした。

病死や老衰のように、最後ベッドやお布団の上にある死体は、まだ意思があるように見えるし、霊魂になって、天国に行ったり、お盆には帰ってくる感じがするんだけど、こういう、自動車や鉄道や建物のような、より大きな物に潰される死に方を見ると、人間がまるで虫みたいに感じます。

このまんが、そういった感じがします。

ご先祖様@特許許可局 | URL | 2009-09-13(Sun)23:01 [編集]

>こなつちゃん

それは完全に予知夢だよ~v-25
おそらく、普段の会話の中から、隠された情報を無意識が受け取っていたんでしょうね。
え~、その人って、やっぱり社内婚になるの~???
そんでもって、寿退社かな?

今では「婚活」っていう言葉もあるくらいだから、第2の就職先になるのかしらねぇ・・・v-259

むーじょ | URL | 2009-09-14(Mon)06:16 [編集]

>ままさん

人身事故、見ちゃいましたか~
だいぶホットな場面を見てしまったのですね。
なんまんだぶ・・・

事故死、確かにあれは普通の死じゃないですよね。
体が衰弱して徐々に死に至るのとはちがって、元気なままのいきなりの「死」ですから。

人身事故を見てしまったときのやりきれなさは、たぶん見た人でないとわからないのかもしれません。
「暗いニッポン、そんなに死に急いで、何処へ行く」
痛々しい人身事故(飛び込み自殺)の多さに、ちょっと驚いています。

むーじょ | URL | 2009-09-14(Mon)06:25 [編集]

死体展

「人体の不思議展」についてですが
あれは「献体」でなくて変な死体を集めたもののようです
このサイトに情報がありました
< Red Fox > 「人体展と中国の人体闇市場」

人体 | URL | 2009-09-23(Wed)15:01 [編集]

こんにちは、人体さん

人体の不思議展ではなくて、中国の不思議展だったんですねー。
中国ってなんでもありそうです。
人骨標本も、実物が20万円くらいでネットで売られていたのをみたことがあります。
模型つくるよりも、実物のほうが安いんでしょうね。
人体の不思議展、中国人じゃない体系の人も何人かありました。
誰なの???v-40

むーじょ | URL | 2009-09-23(Wed)16:26 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。