発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

東京ビッグサイト・機械要素技術展/設計製造ソリューション展/産業用バーチャルリアリティ展に行ってきました

6月のビッグサイト

第12回東京ビッグサイト・機械要素技術展/設計製造ソリューション展/産業用バーチャルリアリティ展に行ってきました。
東京ビッグサイトは、今年初めてのお出かけです。

今回のこの3つの展示は、いままでよりもずいぶんと見学の人が多いみたいでした。
いつもの2倍くらいの人数はいたかもしれません。ちょっと驚き。



バーチャルリアル展

産業用バーチャルリアリティ展会場はさすがに大人気でした。
ウワサで聞いていた「平面3Dディスプレイ」を実際に見てきました。
どういう仕組みなのかはしりませんが、ほんとうに画面から立体が飛び出しているんです。
画面から50cmくらい飛び出したり引っ込んだりしてました。
この技術が凄いのは、特殊な眼鏡をかけなくてもいいこと。
群がる人垣の向こうに見える画面を遠くからみていても、立体的に見えるから不思議です。
なんででしょうね。
海外のテレビ局の取材カメラも何台か入っていました。
写真は海外テレビが撮影していたアングルと同じアングルを写したものです(笑)


設計製造ソリューション展
ここではSOLID WORKSのブースに立ち寄って、プレゼンを見ながら一休み。
SOLID WORKSは、業界のシェアはどのくらいなのかわかりませんけど、プレゼンのブース席は満席状態でした。人気はあるんですね。
SOLID WORKSは2008にバージョンアップしていて、付加機能もまたまた新しくなっていました。
デザイナーにとっては、なんか、とっても使いやすそうな3DCADですが、いかがなものなんでしょ。

CAD/CAMからデザインされた車の実物大モックアップが置いてあったので、パチリ
マッハ555な車1

マッハ号ですか?バットマンカー?
かっちょいいですねー

マッハごごごな車2

リアスタイルはこんな感じ。
一人乗りです。一人しか乗れないみたい。それにずいぶんと窮屈そうな運転席。
荷物は載らないのでしょうね。
というか、屋根は~?


一番のお目当ては機械要素技術展です。
ここも今年はブースがたくさんひしめいていました。
おかげで休憩用のテーブルもありません。全然休めない、ランチも食べる場所がない・・・。

いろいろ回って、新製品を見つけて、ギョーカイの様子を肌で感じて、歩き回ったのでもうヘトヘト。
それでも懲りずにまたビスやナットの詰め放題をやってきました。
これが楽しいんですよねー。
でも、今回は欲張りすぎて詰めすぎました(笑)
ビス・ナット一袋がこんなにも重いとは、想像してなかった。
ちょっとしたアンビル(カナトコ)一個分くらいあったかもしれません。
足が疲れているのと重いので、よたよたしながら帰ってきました。
はっきりいって、バカかなぁ、わたし。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ねじをかかえて、ごーほーむ、ご苦労様です。

いよいよ3Dモニターの時代ですね。
モニターの分解能が1ミクロン以下になると、立体的な光を出すことができるという話を、以前調査しました。当時はブラウン管で、東大、産研が実現していましたが、ものすごくお金がかかっていました。液晶もまだそこまでは、到達していないようですが、もう少しみたいです。
このときの調査で「立体的に見えるのは、光に含まれる立体的な情報を受け取るからだ」ということが、目にウロコでした。当時、仮想森林を作って、都会に癒し空間を作ってみたかったのですが、いつものように、時期尚早と、お金で挫折でした。

でもいまなら、3Dでバーチャルな姉ちゃんをいっぱい作ったほうが、儲かる気がします・・。

ばんたろ | URL | 2008-06-28(Sat)20:57 [編集]

3D大好き!(笑)

平行法の3Dが得意なむーじょです(笑)

平面ディスプレイの3Dには、ほんと、びっくりしました。
画面からでてくるトンカツとか、食べられそうでしたよ~。

>「立体的に見えるのは、光に含まれる立体的な情報を受け取るからだ」
すごい、そんなことまでわかっているんですね。

学生時代に「ホログラフィー」の授業でレーザーによる3Dの乾板を作ったことがありました。
あれもとっても不思議ですね。レンズもなくてものが写っちゃう・・・しかも立体的に。

>仮想森林を作って、都会に癒し空間

「未来少年コナン」に出てくる「インダストリア」の場面を思い出しました。ラナ、コナン、ラオ博士、懐かしいです。

>3Dでバーチャルな姉ちゃんをいっぱい作ったほうが、儲かる
・・・そのへんはもう各社ぬかりないようで、ねーちゃんゲームとかが完成していた様子ですよ。いちおうバーチャルコンパニオンって書いてありましたけど。

写真にしても、映画にしても、ビデオにしても、発明品が一番最初に売れるのは、そういったものを買う人たちだと開発の人が言っているのを聞いたことがあります(笑)

むーじょ | URL | 2008-06-29(Sun)06:18 [編集]

あらら

ネジ詰め放題のイベント終わっちゃいましたか~。
前回教えていただいたのに、ノーチェックでした(-。-)
今回は、何かめぼしい試供品もらえましたか?(←何目的?)
特殊メガネ無しの立体テレビ見てみたいです。
目と頭が疲れそうな気がしてしまいますが、そんなことは考え過ぎかな(^_^;


かりおか | URL | 2008-06-29(Sun)17:55 [編集]

ごめんなさ~い

ここのところ押せ押せで、ビッグサイトも最終日になってしまいました。
広い会場を歩き回ることができなくなった自分を発見
体力なくなりました。

といっても5時間近く連続で歩き回るって、体力いるよねー。

収穫???

うふふっv-238

むーじょ | URL | 2008-06-29(Sun)18:12 [編集]

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機械要素技術展会場

機械要素技術展は、設計・製造ソリューション展、産業用バーチャルリアリティ展と同時に開催されます。機械要素技術展は、ほかの二つの展示会に比べると、多少地味です。 一番初めに引き込まれたブースはyahata nejiドライバービットで山がつぶれないヘッド形...

発明の女王様 2008-06-28 (Sat) 05:31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。