発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

福島旅行・高湯温泉~磐梯吾妻スカイライン~会津若松~大内宿

2009年4月8日

福島・桜満開の旅(になる予定だった)2日目は、高湯温泉~磐梯吾妻スカイライン~会津若松~大内宿のコースです。



090408-1.jpg

夕方の福島テレビのニュースでは、前日の8時から並んで開通を待っていたという人が出ていました。
朝10時半くらいには、やっと数台になっていた という感じでした。記念に入浴剤をもらいました。ラッキー




090408-2.jpg

車載カメラの取り付け状態
三脚にカメラを付けて、ガムテでぺたぺたと貼り付けただけであります。見苦しいのが欠点ですが、そこそこ撮影できていました。
この状態で走っていると目立つらしく、とても恥ずかしいです。こんどは目立たないように付けなくてはだめですね。
目覚まし時計は、カーステレオの時計が壊れてしまったので、これもガムテで着けてあります。
大型アナログクロック 見やすいですね。 ・・・・かっこ悪い


090408-3.jpg

これが噴火口への登り口
寒かったです。スキー場みたい。頬が冷たい風に当たり、かちかちになるのがわかります。
あとで、「焼けたね」っていわれちゃいました。





090408-4.jpg

長い階段をひたすら登ります。
写真に撮ると、登っているのか下っているのかわかりませんね。
これだけ苦労して登ったのだから、さぞかしスゴイ景色がみられるのかな・・・・




090408-5.jpg

・・・と思って着いてみたところ、タダの丸い穴(噴火口)があるだけでした。

渚です。    いえ、噴火口のエッジです。
噴火口の写真は余り面白くないので、省略





090408-6.jpg

斜面の殺伐とした風景は、活火山地帯だけあって、ほんとに殺伐としています。
硫黄の臭いがきついです。
硫黄の臭いを嗅いでいると、おなかが空いてきてしまう変な条件反射があったりします。





090408-7.jpg

時間も押しているので、すぐに出発
といっても、わき見運転しているので、ゆっくり走ります。
会津磐梯山が独立峰でとても綺麗!
このあたりが、雪の回廊でした。





090408-8.jpg

と、景色に見とれているうちに、カーブを曲がりきれずに雪に突っ込む・・・・

・・・・・・・・・・・

うそです。
いい景色のときには、こうやっていちいち車を止めて眺めてるから、とても時間がかかるのです。






090408-9.jpg

廃墟建築発見!
これは立派な廃墟だぁ! 遊んでいきたいけれど時間が無いので、撮影だけ。
壊れ具合といい、洒落たデザインの朽ち果て具合といい、かなりステキな廃墟ですね。
どこかの「廃墟写真集」に載っているかもしれません。






090408-10.jpg

会津若松のお城です。
RC5階建て 中は資料館でした。
敷地内の茶室群がいいですね。こちらのほうが価値が高いかもしれません。
連続時代劇の舞台らしくて、のぼり端がたくさん立っていました。






090408-11.jpg

予定時間どおりに大内宿に到着です。
宿は「本家扇屋」
蔵の中が宿泊室になっています。
おかみさんが有名人でした。テレビに2年間ほど出演していたそうです。
明るくて愛想のよい女将さんです。
知らなかったけれど、有名な宿だったんですねー


090408-12.jpg

すみません。わたしはあまりテレビを見ないので、存じませんでした。
でも、宿も風情がとてもあり、十分楽しめました。





090408-15.jpg

本家扇屋のメインエントランスです
蔵ですので、脇っちょから入ります。障子の戸がいい雰囲気だしてます。





090408-13.jpg





メインのリビングダイニングは、古めかしい板張りの囲炉裏端でした。
囲炉裏には、わたし達の夕食用の岩魚が刺してありました。
じんわりとした囲炉裏の火で焼いた岩魚は、頭からしっぽまで全部食べられます。





090408-16.jpg


隣りの席のお客さんは、テレビ局の取材スタッフでした。
富山テレビの料理の番組のようです。
レポーターが料理を一品一品説明を聞きながら食べていきます。

わたしたちはまるでテレビを見ながら食べているかのような錯覚になり、面白かったです。
目の前でやってる立体テレビ番組といった感じでしょうか。

翌朝には、ご挨拶で富山のおみやげまでいただいてしまいました。



らっきー

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

  ∧_∧
 ( ・∀・)ボンソワァ。
 ( ∪ ∪     ユキガナ。サムソウジャ。
 と__)__)   マダマダ コタツユキ。
        廃墟モヨイガ オルガ 。
          美術館の詳細希望。

@@ | URL | 2009-04-12(Sun)22:26 [編集]

おぉっ~それかぁ

廃墟・雪の渚(?)、そして蔵や囲炉裏、素敵ですねぇv-290
そしてなにより、ガムテープv-291 にゃるほど、力技でしたかぁ。でも、綺麗に撮れてますね。今度は、黒いガムテープですかねv-291 ちょっとは目立たなくなるかもよ~v-221


きむきむ | URL | 2009-04-12(Sun)22:59 [編集]

ナイス!車載カメラ

私も旅行した気分になりましたぁ!
お城も囲炉裏も〝きいこおばや〟も素敵ですぅ~。
隣のテーブルでテレビの収録をしているなんて、そうあることじゃないですよね。
これもまた良い思い出ですねぇ~(∞`・ω-*)
廃墟は肝試しスポットになってるんでしょうねぇ~ v-38

ぴん栗 | URL | 2009-04-13(Mon)00:31 [編集]

@@さん、オハヨー

v-410 ぼんそわぁ~

ワイエスのオルガきぼんぬ ですネ
アンドリュー・ワイエス展はすごく良かったし、ワイエスの語った言葉について少しお話ししたいので、ちょっと待っててネv-344

むーじょ | URL | 2009-04-13(Mon)06:32 [編集]

ガムテじゃなくします~

きむきむさん、おはよーございます。

ガムテだとだんだんずれてきて、しまいには落ちてしまうので、こんどはもうちょっとマシな方法を考えますv-393←って、まだやる気?
車の屋根に乗っければ、Google streetview !(笑)

助手席の人が撮ってくれると助かるのですけど、今回は寝たきり状態でした さびし~v-292

むーじょ | URL | 2009-04-13(Mon)06:41 [編集]

きもだめし 怖すぎ

ぴん栗さん、おはよーv-344

このロッジの廃墟は、かなり古くて、そして大きいです。
街からも遠く離れているので、まじ怖いと思いますよ~v-404昼間でも入るのに勇気が入りそうです。

心霊スポットというと、福島ではあぶくま洞が有名だそうです。
旅をしていると、ときどき奇妙な場面に出会います。
出合ったときは気がつかないのですけど、しばらくして理解するとそれが何だったのかちょっと怖くなったりして・・・。

車載カメラ撮影は面白いので、もうちょっと工夫してみますねーv-338

むーじょ | URL | 2009-04-13(Mon)06:53 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。