発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

研いだBench Planeを使ってみた

Bench Planeの特性が、ようやくわかってきました。
きちんと研いだ刃で天板を削ってみたのですが、安い刃でもそれほど遜色はないんじゃないかと感じています。

かんなくず.jpg

あとピンです(笑)
替え刃式の和カンナと同程度の薄さに削れています。
B2サイズの天板を削った後に、ほんのすこしタッチアップするだけで、切れ味が回復するのも、洋カンナならではの使い方。

でもここでやはり問題になってくるのは、カンナ台の精度でした。

前回では軽くチューニングを行ったのでしたけど、まだ精度が出ていません。
多少のバリや歪み、さらにカンナの下端の精度をもう少しあげてやらないとこれ以上は薄く削れないでしょう。

GROZの安カンナ、こうなったら限界までチューニングをしたり、刃を替えて試したりしてみる予定であります。
いったい、何の趣味なんだか・・・・・・とってもわけがわかりませんよねー。

でも、結論を想像すると、刃を変えてチューニングをし終われば、替え刃式の和カンナに近い切れ味の良カンナに仕上がることになると感じています。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
お~っ!!

もう、限界チューニングの段階ですかぁv-291

私のはって言うと、和鉋も季節の変わり目でちょっと鉋台が狂ってきたみたいだし、そろそろ、調整の時期かなって感じです。
ベンチプレーンは、栂でも逆目が出なくなったから、そこそこになってきたみたいですけどねv-291
和も洋も、どちらも、あともう一歩ってのは、持ち主の調整がへたれだからなんでしょうねv-394

きむきむ | URL | 2009-03-01(Sun)23:05 [編集]

作るモノの尺度

刃やカンナのファインチューニングは、ちょっとした「アソビ」ですv-49
とりあえず、自分の技術や道具の限界を知っておきたいと思ってやっています。
それが分かれば、刃もカンナも、そこそこの状態で使っていこうと思ってるんですヨ。
あまり状態に気を使っていると、道具を使うのにも疲れちゃう・・・・

洋カンナ、きむきむさんのは上等なモノなので、それを参考にして切れ味を比較しています。
がんばってネv-344

むーじょ | URL | 2009-03-02(Mon)07:17 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。