発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

MAMMA MIA!を見ました

母のいきなりのリクエスト

「お葬式の映画を見せにつれてってよ。外国で賞取ったやつ」

  「お葬式の映画? 賞取ったの? 納棺師かな。もう終わっちゃってるんじゃない?」

「まだやっているっていってたよ」

そんなわけで、レディスデイの映画館へ行ってきました。
納棺師、やってるわけ、ないじゃない。
それにわたし、日本の映画はあまり好きじゃないし・・・
わたし的には日本映画は最初の5分で「冗長エラー」になってしまうのですから、しょうがありません。

そんなのより、やっぱり明るい洋画よねぇん

で、Mamma Mia!を見てきました。

mamma_mia1.jpg


ミュージカルの映画化というやつです。
ABBAの22曲の音楽にのせて物語りが進んでいきます。
舞台はギリシャの小島
結婚式前の娘と母を描いた、明るい物語りでした。


mamma_mia2.jpg

映像がとにかくキレイ
そして、田舎のギリシャには似合わない衣装を着た主人公たち
アラフォーなんて言葉はあまり使わないわたしですが、そこらへんがターゲットな感じの映画かな。
もちろん、わたしの大好きな「ハッピーエンド」でした。

笑わせてくれて、ちょっぴり泣かせて、そしてキラキラと華やかで明るい
映画らしいといえば映画らしい映画。
わたしこういう単純なのが、好きなんですよぉ。

映画館の観客は全員女性でした

女性が監督して指揮して、女性たちが主人公の映画です。
副主人公の男性たちは、ちょっぴりぎこちなかった感じ。
それもそれ、男優はアクション映画で有名になった人たちでした。

でも、楽しそう ちょっと照れてる?


映画館での隣りの母はというと、 居眠りしてました。
「ABBA」の曲を知らないと、この映画はあまり楽しめないのかな・・・やっぱり?

わたし的には、もう、これはオールナイトの場末の映画館の後ろで、映画の画面を見ながら、踊りながら見るタイプの映画だなーって思ってました。
振り付け、ミュージカルだけあって最高です!
ああ、こんどはマニアだけの上映会で、踊りながら、歌いながら見てみたいナー








ところで
MAMMA MIA!の曲が流れる洋画で、わたしの好きな一本がありました。
ほとんど知られていない映画ですが、とんでもない俳優さんがトンデモない役柄で出ています。

そして、衣装も踊りも、なんとなく似ている感じがしてしかたないのです。
映画の名前は「プリシラ」
原題は「The Adventures of PRISCILLA Qween of the Desert」
こちらは、今ではお堅い役がらの男優たちが女装しています。
テレンス・スタンプヒューゴ・ウィーヴィングガイ・ピアーズの3人の友情物語りでした。

ヒューゴ・ウィービングスはたぶんみんな知っている「マトリックス」でエージェント・スミス役で出てますし、「ロード・オブ・ザ・リング」ではエルフのエルロンド卿役で出てますネ

わたしはこのプリシラのラストシーンが大好き!
ミュージカルのマンマ・ミアもきっとこのプリシラを下敷きにしてるんじゃないかしら?
などと勝手に思ったりしています。










オマケ!



プリシラエンドクレジット



映画プリシラのエンドクレジット
曲は大ヒット曲の「Save The Best for Last」
Vanessa Williamsが歌っています。

口パク演技の女優さんは、プリシラの製作スタッフの男性だと言われています(謎)
よくここまでボディランゲージを使えるもんだ!と、驚いてしまう演技でありました。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
お母様のリクエスト

ひょっとして、「おくりびと」ですかね?
まだ、やっているし、アカデミー賞外国語部門を取ったし。

プリシラ。そういえば、TVで見てました。
タイトルもストーリーも忘れてたけど、なぜか覚えているラストシーン。。。ありゃ、インパクトありすぎの映像ですv-12

きむきむ | URL | 2009-02-28(Sat)17:40 [編集]

あ それっ!

おりくびと でしたね。
納棺師wwwww 直でしたv-40

プリシラは、過去に雑誌で書評を書いたことがありました。
試写会場ではピーコさんが隣りだったので、びっくりでしたv-77

むーじょ | URL | 2009-02-28(Sat)23:01 [編集]

あら、そういうお仕事も

だから、映画もお詳しいんですねv-10

全然、関係ないですが、ドラゴンボールのハリウッド映画化に、ぼそっと書いてある鳥山 明さんのコメント。
「脚本やキャラクター造りは原作者としては『え?』って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません」
う~ん、日本のアニメのハリウッド映画化。また、やっちまったかなぁv-394

きむきむ | URL | 2009-02-28(Sat)23:42 [編集]

日本アニメの洋画化

そういえば、最近、日本だけでなくてハリウッドでも日本アニメの洋画化が多いですねー。
ドラゴンボールは海外でも熱烈なファンが多いから、どうなることやら・・・。
でも、ファッションデザイナーがつくるコスチュームやメイクは楽しめそう!!!

映画の書評はプリシラ一本だけでした(笑)

むーじょ | URL | 2009-03-01(Sun)07:22 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。