発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

硬いお話し 西田硬ロウの「きょうの屁理屈」

こんにちわ~ 西田硬ロウです

土曜の午後は軽い音楽と軽っちい話題でユルいひと時を過ごす、「きょうの屁理屈」の時間
パーソナリティーはわたくし、くっだらない話題が専門の「西田硬ロウ」:です。

さて、今時分は受験シーズンまっ盛り
悲喜こもごもなドラマが展開されるのですが、同時に学習塾や予備校の広告も増える時期でもあります。
最近では広告表現も穏やかなものが多いのですが、わたしの記憶に強く残った電車内広告にこんなのがありました。

『東大生になりたければ、東大に受かってしまえばいい!』 ○○予備校

たったこれだけの電車内広告です。
わたしは『うーん・・・』ってうなってしまいました

なるほど、そのとおりなのではあるけれど・・・

当時広報関係の仕事をしていたので、さっそく上司に尋ねてみました。
このコピーって、どう?

上司 「うーん、 強すぎる! というか、暴力だね」


あまりにあっけないこのコピー 実も蓋も無いと言ってしまえばそれでおわりなのですが、未だにわたくし西田硬ロウの頭の隅っちょにこびりついているんですね。
まぁ、これだけの名コピーだから、ネタは古くからあるとは思うのですが。


お話は少し方向を変えて、今朝の新聞から

『相続税が山ほど取られそうだ。なんとか相続税をなくしたい』
というリッチな方に朗報です。
現金による相続でも相続税がゼロになる法律が出来るそうです。
方法は、「無利子非課税税の国債」を買うこと。
箪笥預金のように、キャッシュで置いておくと相続税がガサッと取られますが、これなら正々堂々と無税でキャッシュの相続ができます。

> 麻生首相は自民党政調会長時代の2001年に、国有財産の売却代金を償還財源にした国債の発行を提唱したことがある。相続税については半減または非課税にするとしており、無利子非課税国債に近い案だった。 (WEB版讀賣新聞記事)

↑↑↑↑↑ おそらく近いうちに、相続税は無くなるでしょう
国債に換金しても、相続が終えたら即解約してしまえばいいのですから。
ただ、まあ、お金をたくさん持っている人のためには、さまざまなバックドアは今でも十分あるのですがね。


敗戦国日本はGHQによって財閥解体や農地解放などを行い、貧富の差が極端に少なくなったのですが、もう一度昔の裕福層安定型のよき時代を取り戻そうと徐々に政治が動いているというわけです。

新聞によると、遺産相続で税金をとられる人は20人に1人だとか。
これを多いと見るか少ないと見るか、いろいろあると思います。
宵越しのゼニは持たない(持たせない)税金だった相続税がなくなれば、代々溜め込んだ種族が勝つ。
政治家にしても、選挙で誰が選ばれようと、どこの政党が与党になろうと、金で総て動かすことができる。

かくして、人間のDNAに取って代わるものがMoney(お金)になり、種の存続はDNAの相続でもなんでもなく、「お金」の存続・再生産になっていくのであります。←画期的な新理論!


国の貧富の差の大きさを測る方法に「ジニ係数」というのがありました。
ウィキによると、
『係数の範囲は0から1で、係数の値が0に近いほど格差が少ない状態で、1に近いほど格差が大きい状態であることを意味する。ちなみに、0のときには完全な「平等」―つまり皆同じ所得を得ている状態を示す。』
とあります。
2005年時の日本のジニ係数は約0.28
アメリカやイギリスに比べたら、低いですね。

でもこのジニ係数、日本の場合は確実に右肩上がり(格差の拡大)になっているのです。
要するに、これからの日本社会は裕福な人はますます裕福に、そしてお金の無い人は・・・知らない
という国になるのです。

ちらりと見える日本の姿
それは松本零士が描いた「銀河鉄道999」の最初の場面、あの雪の降る未来都市です。
お金が無くて機械の体を買えないひとたち
希望をなくし無機的なビルの谷間にうずくまり死を待つだけの人間
平等な未来が待っているなんていうのはまやかしに違いないと松本零士さんは感じ取っていたのかもしれません。

ともかく、これからジニ係数はどんどん上がっていくのは間違いありません。
二極化 現在はまさにこの二極化が起こる夜明け前なのでしょう

で、お話しのはじめに戻って考えて見ます。

『お金持ちになりたければ、お金をたくさん得ればいい!』

単純すぎですか?
大丈夫です。手段を選ぶ必要すらないルールですから。

そしてさらにいいことに、ある一線を越えてお金を持てば、立ちふさがるものは何も無くなる世の中に、その頃にはなっている筈ですから


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
お金かぁ……

西田硬ロウ先生、私はそこそこのお金があって、そこそこの愛があって、そこそこの生活が出来れば幸せです。
そして9999をゲットし、むーじょさんの熱いブッチュゥe-458を頂ければ尚幸せです。
只今9992です。

ぴん栗 | URL | 2009-02-08(Sun)17:47 [編集]

お金かも~

うわっ 気がつかなかったけど、そんな時期になったんですね!
きょうはほかの人のブログとか見ていました。
カフェオレ・ライター氏の記事繋がりで、ぴん栗さんのブログにも足跡をつけたのだと思いますv-410

西田硬ロウ氏は、いつも逆説的な説明をしているんですヨv-310ときどき屁理屈をこねに現われます。
ホント、展示会に出展すると、こういう人って必ずいるんですよねー。終了間際にやってきて張り付かれたりして困っちゃうv-394

9999 アンド 10000 で何が起こるかお楽しみ!v-278でも、誰も近づきそうにありませんv-409

むーじょ | URL | 2009-02-08(Sun)19:14 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。