発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

最近のイラストの書き方ったら、すごいわ

ペインターとタブレットを使ったかわいいイラストのチュートリアルみたいなものを発見。
絵を描くのって、ひとによって様々、同じ書き方をする場合はないのですが、最近ではこういった書き方があるんですねー。

驚き!

流行の人気イラストレーターの作品製作過程のようです。

やっぱりモーレツに手が混んでいましたね。
こんな緻密な作業なんて、フツーじゃ出来ないでしょ・・・たぶん。
それをさらにアニメ化

もう別世界です。

最近よく思うんですけど、木工にしても、イラストにしても、プロが惜しげもなく自分の道具や手法を公開してますね。
昔は出来上がった作品だけが物語るものだったし、製作過程や道具箱は秘中の秘だったように思えます。

おもしろいですねー。
ペインターもタブレットも持っているし、まねっこしてみようかなー



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いまのイラストはものすごい技術ですね。
レイヤーを駆使して超現実な背景を作り出すことも可能ですし・・そういえば、ナルニア国物語のCGなんかもこういった技術の延長線上なんですかね。

 私の関係者がこういう世界にいるので、見に行くといつも
驚かされます。背景が自由に作り出せて、レイヤーを駆使して、一枚一枚完成させていきます。すでに長者番付は画家より漫画家のほうが上になってきています。筆で勝負してると、時代遅れになりますね。今、睡蓮の絵をかいていますが、モネのマネはマネのマネより難しいですなぁ・・・

ばんたろ | URL | 2008-05-29(Thu)01:36 [編集]

睡蓮

何年か前にシンガポールに旅行しました。
熱帯の植物園は、わたしの大好きな温室の屋根がない、本物の熱帯でした。

緑滴る と言い切れるほどの中、水の上に鮮やかに咲く睡蓮の美しさにしばらく見とれてしまいました。
中国語ではレンファーと呼ぶ、とガイドさんが教えてくれました。

わたしは美しい絵は描けないけれど、技術者としてネモのモネくらいは出来るかしらん???v-68

むーじょ | URL | 2008-05-29(Thu)18:49 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。