発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

砂漠にカメがいる~近未来の日本の物語り

砂漠にカメがいる

おまえはカメをひっくり返す・・・




      砂漠の灼熱の中で、起き上がることのできないカメは
        やがて干乾びて・・・

「これは 何のテストなんだ! なぜ砂漠にカメがいるんだ?」

「単なるたとえ話だよ」


      (本当に たとえ話 なのでしょうか 何かの暗喩にも取れるのですが)


日本の近未来を描いたといわれていた「ブレードランナー」
わたしの中では、原作よりも評価したいフィルムです。

このフィルムの中にでてくるレプリカントは、5年しか生きられない人造人間
心の安定を作り出すために、人間の記憶を移植されています。
過酷な条件で働かされ、廃棄されていく生命体
その中で、開発者と同等の知能を持ったNEXUS 6型の一団が反乱を起こしました。

テロの犯罪者として指名手配され、プロの抹殺者が送り込まれたところから物語りが始まります。

彼らは、はたして極悪非道のテロリストなのか
抹殺者として送られた、事件担当のプレードランナーの一人は、悩みながらも
一人づつ確実にレプリカントを抹殺していく




試験的私見

彼らはレプリカントなのだろうか?
もしかしたら、普通に生きていた人間じゃなかったのか
アメリカや日本が認定する「テロリスト」というのは、本当に「テロリスト」なのだろうかと。




BLADE-RUNNER-DRC.jpg




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
動物虐待は駄目

亀をいじめちゃ駄目でしょうv-48

でも、亀の最大の防御機能が、生命の危機になる。人間に置き換えると、知能が人類破滅への引き金にもなるのと同じなのかも知れないですね。
アインシュタインが自ら言った「悪魔の方程式」 E=mc2(2乗ね)。これだって、原爆の原理になっているし。

どちらかと言うと、浦島太郎が亀を助ける方が、まだ、平和かも(でも、助けた浦島太郎は最後はおじいさんになっちゃいますけどね。。。)

きむきむ | URL | 2008-12-06(Sat)18:26 [編集]

いぢめちゃ、だめなの??

ブレードランナーがレプリカントと人間を見分けるための心理テストの一部です。
ほかに「茹でた犬」というのも出てくるんですよー。電気羊の原作には無いせりふですけど。

ハリネズミのジレンマ ではないですけれど、身を守るための進化が命取りになるのかも~。

浦島太郎パラレルワールドというのを、子供の頃考えませんでしたか。
律儀な浦島だったので、玉手箱を開けなかった浦島とか、煙を受けないように、遠隔操作でフタを開けた浦島とか(笑)

実写版浦島太郎なんていうのも、おもしろそv-238

むーじょ | URL | 2008-12-06(Sat)19:30 [編集]

ありがとうございます

いや~、思ったとおりのレス、ありがとうございます(^_^)
で、どこの亀の話でしたっけ???v-15

リアル浦島太郎ですか。やっぱり、戻った浜辺にいたおじいさん(=亀をいじめていた少年)に、浦島太郎が玉手箱を開けさせてというのが、きむきむ流かな。。。それとも、今だと浦島じゃなくて麻〇太郎に開けさせる???
星新一のショートショートだと、浦島太郎が助かる・助からないのどっちのパターンもありそうですよねぇ(^_^)/ (そう言えば浦島太郎系って、本当にいくつかありましたよね?)

ブレードランナーって、不思議と見なかったんですよねぇ。

きむきむ | URL | 2008-12-06(Sat)20:43 [編集]

あははは~

きむきむさん流がおもしろい~v-37

でも、ちょっとつっこんじゃうと、昔カメをいじめていた少年たちは、浦島太郎が帰ってきたときにはオトナになっていたはず。
もし、そのコが玉手箱を開けたら・・・
目の前でどんどん白骨化して崩れていくのでしょうか~(笑) コワ~
ぶはははははは
やっぱりこれですねー

浦島太郎最後の聖戦実写版
 2009年1月1日大公開!!!v-49

むーじょ | URL | 2008-12-06(Sat)21:44 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。