発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

2008東京国際木工機械展にいってきましたよん

2008東京国際木工機械展に行ってきました。
東京ビッグサイトに行く朝に限って、最強なはずの埼京線が車両故障とかです。
前回は人身事故だったっけ。なかなか辿り着けなかったりします。
予定よりすこし遅れて到着
入場の手続きも、すいていたので並ぶこともなく入場しました。

東京国際木工機械展1.jpg
改めて写真で見ると、なんか広々しちゃってますね。
東京国際木工機械展もJIMTOFと同じように、最先端の大型木工機械の展示会でした。


その中にもちらほら小さなマシンを出展しているところもあります。
これはリョーワ・フナソーというブース
高精度のバンドソーの老舗だそうです。
東京国際木工機械展2.jpg
バンドソーでこんなことできるなんて、知りませんでした。
鋭角部の刃の回転とか、どうやっているんでしょうね。
実演していれば、もっとお客さんが張り付いたのではないでしょうか。
精密加工用バンドソーは、お値段約50万円でした。


東京国際木工機械展3.jpg

持ち運び式のパネルソー発見
これがあの簡易パネルソーのお兄さんです。
本格パネルソーは上下方向だけに刃が動いてカットしますけど、これは丸ノコを90度横向きにすると、横方向(長手方向)にも切れるというアイデア商品です。
ガイジンというのは、よくもまぁいろいろと考え出すものですねー。
こういったユニークさでは、日本の機械、負けてます。


東京国際木工機械展4.jpg

FESTOOLを展示しているハーフェレジャパンのブースです。
FESTOOLの製品それぞれと、今回発表の新製品の展示をしていました。
手前のお皿が新製品
吸盤になっていて、ワーク(木材)を吸い付けて固定するバイスです。
これもちょっと日本人には考えられないアイデアかもしれません。
ざらざら・でこぼこした木材を吸着するなんて、思い浮かぶ???
ここでは憧れの軽いルーター1400EQをいじってきました。
なんとも動きがスムーズな機械です。
FESTOOLはクオリティの高さで差別化を図って成功しているメーカーなんだと感じました。

東京国際木工機械展5.jpg

ドイツからきたアルチザンがZチェアを作っています。
ドミノジョインターを使って、信じられないようなスピードで組み上げていきます。
JIGZAGチェアー、欲しいなー。


東京国際木工機械展7.jpg
現場で撮った写真じゃないですけれど、SAWSTOPという丸ノコ盤を見ました。
誤って丸ノコに手が触れても、5/1000秒で回転が止まり、刃が下がるという安全さが売りです。
WEBでは賛否両論ありますけど、こういった安全性というのは、当然の事として普及して欲しいと思います。


東京国際木工機械展6.jpg

ベッセイというクランプ専門店がありました。
クランプは詳しくないですけど、プリントを張った「特売コーナー」に引かれてしまいました。
日本では売られていない在庫品がビッグサイト価格!
「1本1500円だよ、半額セール」
なんていわれても、安いんだか、高いんだか、わたしには全然見当もつきません。
そこへふらりと叔父さま登場
「ベッセイのクランプを使ったら、ほかのクランプが使えなくなるぜ」 って。
「えっ ホント?」 とわたし。
背中をぽんと押されるように、衝動買いしてしまいました。

東京国際木工機械展8.jpg
右の3本は売り切り終了1本1500円のところ、3本で3000円、ひだりの洗濯ばさみは1000えんでした。
このくらいのクランプは持っていなかったので、ま、いっか。

『現品限り 展示場価格』 に弱いむーじょです。

これが小さくても意外に重くて。
持ち歩いているうちに、肩が凝ってしまいました。

そのほか、おもしろい先端工具とかプロ用JIGとか、たくさんありすぎて説明できません。
資料もたくさんもらってきたので、気になる工具を買ったらまたUPしてみたいと思います。

同時開催のIFFTはとってもおしゃれな展示で、ここも楽しかったのですけど、撮影禁止。
椅子や木工やファブリックをさらっと見て帰りました。


機械も作品も、作り手の立場で見ると、さまざまなことが見えてきます。
実物を見て、本人と直接会話するのって、とっても楽しくてためになるって感じました。

(うわぁ~ なんて面白みのないレポートざんしょ  失礼おばしました。)

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
「切レテナァ~イ!」

こんばんは。
凄いですね、超安全丸ノコ盤。
安全第一です!

ぴん栗 | URL | 2008-11-20(Thu)22:04 [編集]

SAWSTOP

以前のより、停止までの時間が短縮されたのか、ソーセージの傷が、以前よりも更に少なくなっているような感じですね(^_^)
一回ストッパが働くと、かなりの金額はかかるらしいですけど、指に比べれば安いでしょう。
うちの大叔父が、ルータで左手中指の先端を無くしていますが、やっぱり、絶対にそんな事にはなりたくないですもんね。

ベッセイのクランプも安売りしているんだぁ。。。やっぱり、行きたいなぁ。。。

きむきむ | URL | 2008-11-21(Fri)00:15 [編集]

オハヨー ぴん栗さん

コメントありがとうございます。

安全丸ノコ盤、わたしが人を使って作業させるとしたら、この機械を使わせたいです。
木工の達人のホームページでも、丸ノコ刃ぎりぎりのところに手をやっている人をみて、ハラハラします。
技術の最先端にいる人たちは、建築現場でもまるで超人のような軽業をみせますけど、やっぱり怖い。

安全第一 ですよね。

むーじょ | URL | 2008-11-21(Fri)06:08 [編集]

SAW言われてみると・・・

おはようございます、きむきむさん。
コメントありがとうございます。

SAWSTOP そういわれて見ると確かに傷が小さくなっている気がします。技術がさらに進歩したのでしょうか。
SAWSTOPのストップ機構は自動車のエアバッグと同じように火薬を爆発させることで瞬時に刃の回転を止めます。

回転停止ユニットは交換式で、ひとつ5000円くらい。
それに急停止させた丸ノコ刃が加わります。
保険料と思えば、安いと思います。

わたしも丸ノコ盤(トリトンワークセンター)を使っていますけれど、安全カバーをすっぽり刃にかぶせて使用しています。
工作機械での事故は、ゼロにしたいものですよね。

木工機械展はDIYショーのようにすぐ買えるものは置いていませんけれど、JIGをジサクするのにはとても参考になると思います。
また、ホンモノのプロ機械を作っている人たちのお話も聞けるので、面白いですよー。v-21

むーじょ | URL | 2008-11-21(Fri)06:22 [編集]

偏芯カムクランプ

最近、ベッセイのKクランプが木工家に大人気ですが、こんのモノを作っていたなんて知りませんでした(^^;
これって、知る人ぞ知る・・・当然、知らない人は知りませんが~(^^;
Zwinge(ツヴィンゲ)っていう伝説のクランプです~(ちょっと大げさです~(^^;)
ググッても2件しか出てこないと思います!

これが千円って、凄いですよ!なんてったって自作するより安いかも知れません~(^^;
明日、ビッグサイトへ行こうかと本気で考えましたよ!でも、友人と夜に大事な約束があったので、止めましたが(^^;

monaco | URL | 2008-11-21(Fri)20:09 [編集]

知りませんでした

一緒にカタログをもらったので、眺めながら帰ってきたのですが、カタログに載っていません。
『きっと、モデルチェンジしたときの売れ残りハンパモノだから安いんだな・・・』
そんなこと思ってました。

Zwinge 珍しいモデルだったんですねー。
わたしが最後の3本を買ってしまいましたv-238

1000えんというのは、高くはなくて、お買い得だったんですネ、ホッとしました(笑)

むーじょ | URL | 2008-11-21(Fri)21:51 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。