発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

特許庁からのラブレター ?

拒絶理由通知書


特許庁からのラブレター 拒絶理由通知書が来ました。
2枚同時です。審査請求を同時に出してしまったから。
これは失敗でしたねー。

ま、いっか。

内容は請求項の具体的な説明の補足と、新規性・進歩性の如何についての釈明です。

出願当時は書類内容としてまったく問題ないと思っていたのですけど、さすがに審査官はプロ。
なるほどという引例と拒絶理由を引っ張り出してきました。

これについて、自分なりに検討してみます。
請求項の説明不足、これは図面の番号をいれればいいよ的な示唆があるので、そのとおりに従います。
もんだいは引例との比較で、新規性・進歩性の有無の説明。

機械自体がかなり複雑な動きをするので、どういって説明をするか、難しいところです。
構造でいうと、不定形構造というやつです。
円弧を描きながら形を変えていくタイプのジャッキといった感じでしょうか。

調べ物をしたり、記述方法を勉強したり、弁理士さんに相談に行ったりと、あわただしい一週間が過ぎました。

特許は人に頼んで出願や取得はできるかもしれませんが、どうやったら特許になり、売れるモノを企画段階から考えてゆくというのは、自分でやってみないと本当の意味で判らないのもだと考えさせられます。

特許、取れるか取れないかは別として、世の中のすべての仕組みを知るのには、とても良い勉強になります。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお、更新されてる・・・おひさ~。
なんか、ものすごいメカニックみたいですね。

んで、拒絶理由ですか。これは審査請求をすると、通過儀礼みたいにやってきますね。ま。くるのが当たり前なので、めげずにがんばってくださいね。

特許庁が、「~~である。」といってきたのを「~~でない」といって否定していくもので、よけいなことをかくとまた、新たに「いかにも~~であると言ってるが~~でない」と向こうが否定してきます。これが延々と続くことになり、拒絶査定がやってきます。
特許庁が言ってきたことだけに焦点を絞って反論してください。

ライバル会社がしゃしゃり出ると裁判になるのですが、私は最高裁まで、争ったことがあります。勝ったときは、あと1年しか効力が残っていませんでした。

それにしても、特許はエネルギーがいります。
「東京特許許可局で、お客と規約でぎくしゃくした」
いいにくい・・・こういうのの特許はできないんかのう・・

ばんたろ | URL | 2008-05-23(Fri)11:17 [編集]

いろいろ勉強中です

こんにちは、ばんたろさん
そう、ばんたろさんは特許のプロでしたねー。
最近では額縁と絵画の人だと思い込んでいたのですけどv-20

拒絶理由通知、前例はごろごろとあるのは知っています。
それを敢えて出願しているあたりが、シロウトなんです(笑)
自分のアイデアに惚れ込んじゃったというか。よくある話であります。

東京特許許可局ってば、いまだに母親はそれが正式名称だと思っているんですよぉ~ 結構多いですこの手の人。

さらにまだまだ、月末〆切りのエッセイとか、雑誌の応募作品提出とか、いろいろありすぎて、フリーズ状態なむーじょですv-83

むーじょ | URL | 2008-05-23(Fri)12:25 [編集]

なかなか難しいんだ。

特許取得って時間と、とんでもない労力がいるようですね。
また、それがお金になるのも、そう簡単にいかないのかな。
結構面白そうな器具ですが、請求項を文書で説明するには、なかなか難しそう。
現物もってこれですって、見せたら早いような・・・?

もくもくまさ | URL | 2008-05-24(Sat)22:05 [編集]

特許=文章力ですかぁ

おはようございます、もくもくまささん。
コメントありがとうございます。

特許の請求範囲って、ほんとに難しいですねー。
抽象的に書いて権利範囲を多く取ると、さらにいろいろなテクニックが必要になってくるようです。

今回の一連の流れは、とてもいい勉強になりました。
こんな変な発明が真似されるとは思えないけれど、最後まで行き着いてみたいとがんばっています。
v-5

むーじょ | URL | 2008-05-25(Sun)06:21 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。