発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

アップルのジョブズCEO辞任

とうとう、apple社のCEO、スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が引退する日がきてしまいました。

http://www.cnn.co.jp/tech/30003783.html

アップル社の製品は斬新で、わたしもファンの一人ですが、それにもまして、スティーブ・ジョブズが好きでした。

新製品発表でのプレゼンテーションの独特さ、笑いもさそうユニークさ。
そして、体の限界までステージに立ち続けてきた気丈さ。
自社の製品に対する美的こだわり、などなど。

すい臓癌を患っていましたけれど、そのカリスマ的パワーは健在でしたね。

いちどきは自分の会社であるアップル社を追放されましたけれど、また舞い戻ってからの製品は、すごいものがたくさんありました。

これからのapple社はどうなっていくのかわかりません。

でもこれからも斬新なパソコンや端末を出し続けて欲しいと思います。




スポンサーサイト

このページのトップへ

新・ブレードランナーを作るって、ホント

リドリー・スコット、新作「ブレードランナー」を再度監督へ

 リドリー・スコットが新作「ブレードランナー」で再びメガホンを取ることになった。アルコン・エンターテインメントが製作を手がけるこの新作を、監督が1982年のオリジナル版の前章にするつもりなのか、それとも続編にするつもりなのかはまだ決定していないとDeadline.comは報じている。

http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=672188

ブレードランナーのリメイクになるのか、それとも全然別の話になるのか分かりません。
ブレードランナー愛好家のわたしには、とっても気になること。。

果たしてあのフィルムを超える質感や倦怠感が出せるのでしょうか。
SFXも今ほど発達していなかった時代の、体当たり演技。
だからこそ妙な実在感があったのですが。





NEXUS6


''I've seen things you people wouldn't believe.
Attack ships on fire off the shoulder of Orion.
I watched c-beams glitter in the dark near the Tanhauser Gate.
All those moments will be lost in time, like tears in rain.
Time to die. ''







リドリー・スコットがもう一度ブレードランナーをつくるとしたら、こんどはいったいどんなものになるのでしょう。
前回の、詩的な表現も使われるのでしょうか。

うーん、悩ましいし、早く見たいです。





このページのトップへ

病院の付き添いだらけ

点滴





ここのところ、母の病院の付き添いばかりあります。
7月からいままでの一ヶ月間のあいだに、病院のみの走行距離が200km
車って、短距離乗るのって暑いのよねー。


高齢者なので、いろいろな症状がでています。
腹痛・嘔吐・頭痛・意識混濁・・・・

本人曰く『救急車!救急車!』

なのですが、自動車にのせて病院に行き精密検査を受けさせても、異常値はありません。
これがわたしの悩みのタネ。

当人、病院に行って診察してもらうことのみが自分にとっての現実感を味わえるところだからでしょうか。
高齢者相手も、疲れます。


そういうわたしも40肩で、腕がとても痛い
でも、医者には行かずに自然治癒しかないんですよね、これって。


高齢になると、目は見えなくなって本を読まなくなり、テレビさえ見なくなり、世の中すべてのことに興味を失い、只生命を維持していくだけになってしまうのが悲しい宿命です。脳の活動も1/1000くらいに落ちていると思います。

誰しもが通る道なのでしょうか。


そんなわけで、安心して継続できることがなくて、わたしの行動も断片化。
誰か、行動や思考の断片化をまとめられるノートンみたいなユーティリティ、くれないかしらねー。





このページのトップへ

パソコンで映画を見る~GYAO

v-for-vedietta

GYAOというサイトで、ちょっとした映画がタダで見放題になってます。
といっても、古いかマイナーなフィルムがタダなんですが・・・・・

そのなかでは一番いいな、と思われるのが V for Vendetta

B級に入ってしまうには惜しい映画です。
むかし、レンタルDVDで借りたときには、タイトルも表紙も「なんだかな~」と思っていました。

でも、最初からどんどん引き込ませていって、最後まで一気にみてしまいました。

監督は『ムーラン・ルージュ』や『マトリックス』三部作の助監督を勤めたジェームズ・マクティーグ。
製作・脚本は『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟。
V役を『マトリックス』でエージェント・スミス役を演じたヒューゴ・ウィーヴィング 
といった、マトリックススタッフだったのですね。

ヒューゴ・ウィーヴィングが「V」役だったなんて、ちょっと信じられませんでした。
だって、顔出さないんだよぉ~

あまり知られてない映画ですが、見てみると面白いです。
Vがイヴィーに恋をしてしまうあたりが、ちょっと悲しい(ネタバレ御免)

ちょうど、なんていうか、「未来世紀ブラジル」の正義の味方パイプマンが現実にいて、仲間を救い出すっていったシチュエーションに似ていますね。

この仮面、ふざけてますが、イギリスではちょっとした英雄で、記念日などというものもあるんですね。
仮面の元になった人はガイ・フォークスという実在の人物です。
このひとが国会議事堂を爆破しようとして失敗したことが、お祭りの原因のようです。

マスクも、以外にもたくさん出回っていたんですね、知りませんでした。
マスクというと、ヴェネチアの仮面舞踏会用のマスクしか頭になかったし。

GYAOの無料放送は、「男たちの大和」とか「バイオハザード」など、いろいろあって、ちょっとの間楽しめます。
パソコン用なので、画面が小さいのがアレですが、十分楽しめました。







このページのトップへ

秋葉原・ラジオ会館解体決まる

秋葉原の駅前にあるラジオ会館が取り壊しになるんだって。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000000-rbb-sci

といっても、最近の人にはあまり縁のない話ですよね。
7年くらい前にはフィギュアやアニメや同人系のお店になってしまって、あまり寄りもしなくなっちゃったし。

昔、あのあたりって腰をかけて休憩できる場所がなくて、ラジカン(ラジオ会館)の二階にあるインスタントコーヒー販売機のコーヒーを飲みながら、のんびりしたのを覚えています。

(お金のあった人は古炉奈とか行ってたのかな・・・、とにかく飲食店などはすくなかったです)

エスカレータ(登りだけ)が斬新だったし、オトナのオーディオ専門店もたくさんあったっけ。
当時はオーディオ店も小さなリスニングルームを備えていて、スピーカーの聞き比べなどができたのです。
わたしは座れるので、薄暗いリスニングルームで、いい音を聞きながらのんびり休憩していました。

懐かしいですね。上の方にいくとエル商会とかいうテープの激安店があって、秋葉にいったときにはよく寄ってました。

そーですかぁ
解体・・・・

また秋葉原の姿が変わっていくんですね。





このページのトップへ

ハードディスクはHDDかSSDか・・・

ここのところで、メインの主要記憶機器はHDDがいいのか、SSDがいいのかといった意見が交錯してます。

久しぶりにノートパソコンのビルトアップ・カスタマイズ画面を覗いてみたら、なんと驚き
HDDはたったのひとつ、1TBのみの選択、変わりにSSDが120GBと、250GBの選択になってました。

うーん、もう時代はSSDになっちゃったのかぁ

仮に1TBのハードディスクが付いていても、サブパソコンだしノートだしそんなにデータ作らないよね。
それに1TB溜め込んだとしたら、バックアップ、どうすんの?って思っちゃう。

みなさんBDやDVDにこまめにバックアップしてますか~。

やっぱりこまめにバックアップを取らないと、HDDは必ずといっていいほど、肝心なときに逝ってしまいます。

ハンディビデオカメラがテープからメモリに変わって、小型軽量化、低価格化したのを見ていると、ノートパソコンもその道をたどるのでしょうね。

そっかぁ、
時代はどんどん変わっていくんですね。

パソコンからHDDが消えてSSDになっていく
そのうち記憶媒体はクラウドの中に消えていくのかしら

SSD、軽そうで丈夫そうな媒体です。
ショップのBTOの選択肢に入っているのが、とっても悩ましい。


早く安くならないかな~




このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。