発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

2つ目の特許査定が届く

特許査定

先月に意見書・補正書を出していた特許出願が、特許査定になりました。

でも、初めてのときのような高揚感がない・・・・
馴れというのは恐ろしいもんです。

クレーム(特許請求の範囲)の半分は無くなってしまいました。

『当業者が容易に考えうる・・・・』
ていうのと、
『設計上の選択肢として・・・』
という、わたしの苦手なものでしたし、他の参考出願も同じ理由で通ってなかったので諦めました。

でも半分は全く修正なしに通ったというのは、めでたいです。

この数週間、特許売買の件やら、旅行やら通院やらと、いろいろあったのですが、何も感動もなく、時だけが過ぎ去っていくという無為な人生を送っていました。

・・・いえ、、、いろいろと動かされてはいるのですけど。



いつもはおちゃらけてるむーじょの、ほんとの趣味は発明だったんですよぉ~。
みなさん、知ってた?

いろいろな工具や道具は、発明品の試作を作るためのものたち。
だから、モックアップ用のケント紙から始まって、粘土、木、鉄やステンレス・アルミなど、そしてプラスチック樹脂まで、いろいろと試作品を作ってきました。

実用に耐える試作品を作るために、さまざまな部材や材料を使って来たというのが正解です。

そして、世の中には、自分ひとりでは作れないものがあることを知りました。
単純な世間知らずのむーじょではあります。



今度の特許2件はLED照明の特許です。

LEDの分野はまだまだ未開発の部分も多いので、特許が作りやすいのです。
あと、特殊な計算や電子回路が出てくるので、素人発明家にはやりずらいところ。
こういったところから、ニッチな穴を狙っての特許出願でした。

早期審査請求でしたので、公開公報はまだ出ていません。
いきなり特許公報になるでしょう。

それから売り込みをかけます。

売り込み先というのは、プラスチックメーカーとか、化粧品メーカーになるのかしら。
とにかく、公報によって既出にならないと、売り込みも出来ないんですよね。

その、先々のことを考えると気が重くなってしまいます(←なんで特許なんてやってるの?)

ディスティニィ~♪
   ディスティニィ~♪

婦人発明家協会の「なるほど展」も終了してしまって、発明品の持って行き場がなくなったせいか、どうも気持ちも沈みがち。
いままでなるほど展に出品していたみなさんも、同じような空虚感をあじわっているんでしょうね。

婦人発明家協会が発明協会と合併するとかいう噂
今年はまだ出品の募集を見かけません。
発明協会主催の発明展ですか・・・硬いな~

展示はあの(昔懐かしい)発明展@浜松町になるのかしらねぇ。人来ないですよ、あそこまで。

というわけで、課題(負荷)の無くなったむーじょは、手を離れた風船のように、ふわふわと空中をただよっているのでありました。。。



スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。