発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

Apple iPhone4開封の儀 iPhone4 open now!

計画停電などで連絡が止まると困るので、スマートフォンを買ってしまいました。

Apple iPhone4 16G
店員さんとのやり取りで約30分くらい
あたしのiPhone4が、ちっちゃな袋に入れられて、手元に来ました。


iphone1.jpg


二つありますね、なんででしょう。
iPhone4は一方の袋に入っています。
もうひとつは無料のおまけWiFiキットが入っています。

さて、いよいよApple iPhone4開封の儀です(まいどまいど・・・)


iphone2


iPhone4のパッケージはすごく小さいです。
こんなに小さくしちゃって大丈夫なの?
日ごろ通販のがさでかい箱にちょこっと入っている商品を見慣れていたので、すこし驚きでした。



iphone3


こんなぎりぎりの寸法で収まってます。
箱のほうもかなり凝っていて、ちょうどタンスや茶筒のような感じですーっと蓋が持ち上がります。
ここまで凝らなくても~


iphone4


取り出したあとの箱
半円のつまみのようなものを引っ張ると取扱説明書が付いて出てきます。


iphone5


さらにその下にはUSB線とUSBから充電するパッケージが現れました。
イヤホンも付いてたんですね。


iphone6


充電もUSB経由で電灯線から直接充電できるようになっています。
どこかの(S△RP社)スマホみたいにACアダプターやらいろいろな端子の穴が開いているのと、わけがちがいます。
このあたり、センスの違いがでてしまうんでしょうね。


iphone7


これがオマケのWiFiです。
アップル社とは別の会社のものですね。
家庭内LANで使います。
むーじょは無線ルーターを持ってないので、貰ってきました。
店員さん曰く、えらく評判が悪いそうで・・・遅いとか、繋がらないとからしいのですが。
わたし、それほどとんがってないので、店員さんのネガティブなお言葉にもめげず貰ってまいりました。


iphone8

こうしてみると、小さくて丸くて意外にかわいいでしょ?
なんでそんなに嫌われるのぉ~?  タダよおぉん~♪




iphone9

わたしは使い方が何事にも荒っぽいので、ケースを買いました。
今回は、わたしとしたら珍しいもんです。
だって、最近よくモノを手から落とすんだもの~。歳だね。

ピンクとかスワロスキーとか虹色とか選ぶと思ったでしょ。
はずれ。


そこはもう、昔かたぎなスティーブ・ジョブスに(ちょっとだけ)敬意を払って、なるべく目立たない薄い半透明なものにしました。

この、iPone4に限って言うと、キーノートで、『iPone4にカバーをかけることは、モナリザの絵にう○こを塗りつけるのと同じだ』とまで言い切ったスティーブ・ジョブスであります。
あいかわらず、過激でありますね、いつまでも元気で居て欲しいものです。



さて。

iPhone4は、はっきり言って難しいです。(説明書も読まずに言っているのでスミマソン)
すごくいろいろな機能が付いていて、さらに拡張可能というか、コンピューターそのものですね。
コンピューターの新しい形。
あまりにいろいろと出来る「けーたいでんわ」なので、電話ということすら忘れてしまうくらい。



でも・・・・

昔懐かしいApple MessagePadを彷彿とさせる部分がちらほら散見されました。
例えば、こんなとこ


iphone10

手書き風のアイコンと、すべてを元に戻すボタンです。
これはまるでMessagePadそのものです。
メッセージパッドには、メモを捨てるときにくしゃくしゃに丸めてゴミ箱にポイとするアニメーションがついてましたが、iPone4はジーニーアニメでニュルッとゴミ箱に消えていきます。


Apple iPhone4
これこそスティーブ・ジョブスが15年も前からやりたかったことなんだろうなー、って思ってしまいます。
久しぶりに買ったApple社製品
やっぱりCoolですねー(言い方古いか・・・・)


オマケのルーターも、言われてるほどひどくなく、3Gよりも早く作動しています。
最初の設定が分かりづらいのが、悪評の原因だと思うのですよ。
iPone4は、説明本が無いと、全機能使い切れないと思っています。









スポンサーサイト

このページのトップへ

発明品の製品化にむけて

婦人発明家協会主催のなるほど展で出会った女性たちのパワーをすこし戴いたのか、ほんのすこしだけ行動力がもどってきました。

なるほど展では、発明で起業して女性社長になった方や、70歳過ぎても元気に自分の発明品の数々を説明しながら売っている人などに出会いました。
みんな、元気・元気

冴えない顔をしていたのは、わたしくらいです。


すこしばかり分けてもらったパワーを、自分の発明品の商品化にむけて注ぎ込み始めました。

初めての売り込みの時代、8年くらいになるのでしょうか。

当時インターネットを使って発明品を製品化しましょうという会社は、ほんの数社でした。
ですから、発明品に近いものを製作している会社を調べ当てて、担当者の名前を聞き出して、テレアポです。

手紙を書いたり電話をしたりしても、どこの馬のホネ?といった感じで、大概は相手にされませんでした。
電話も、担当者宛に100件くらいしたでしょうか・・・・
地獄のテレアポ作戦でした。



それから数年
もういちど、「あなたのアイデアを商品にしませんか」という会社を探しています。

ほんとはもう一段階前があって、
『特許というのは、自社で製品化まで出来ないと、商売にならないんだな』
ということが分かったので、なるべく自分で作って自分で売る ということを前提に設計をしていました。

残念なことに、素人向けのアクリルは強度が足りず、素人むけのポリウレタンは気泡が入ってしまうし、脆性曲げ変形が起きてしまいました。
これらの問題を解決するには、高温・高圧でのペレットから溶かしたアクリル樹脂成型が必要になるということがわかったのです。個人では無理だと。

というわけで、またしても、嗚呼、過去の古傷が痛む、発明品を製品化してくれる会社探しです。

8年前と比べて、素人のアイデアを募集する会社もずいぶん数が増えました。
おそらく20倍くらいにはなっていると思います。
一応、その中で1社と電話連絡がとれました。

とはいっても、その後すぐに東北・関東大震災でしょ、原発で世界中の会社の株が下がったりして、大変らしく、返事はもらっていません。はたしてどうなることやら・・・・一応しつこく二番目のメールをしたためました。


「あなたのアイデアを製品にします」 という会社も2種類あります。
ひとつはアイデアだけ戴いて、契約も無しに金一封というタイプ。

『あなたが提出したアイデアは選考の上、商品にします。』

のはいいのですが、

『あなたのアイデアの著作権・特許権・意匠権はすべて当社に帰属します』
などということが書いてあります。

よほど特許・著作権について知らないか、白を切っているかの会社です。
この手の「アイデア募集」が意外に多いんです。
中にはアイデアは未発表で、出願をしていないものという条件のものも散見しました。

商品化決定についても、提出したアイデアは、社内での打ち合わせや関連業者との打ち合わせにも使われ、返却はしません なんて書いてあります。


ブラックですねぇ・・・わかって書いているのでしょうか。

いいアイデアがあれば、その会社が特許を出して、あとは不採用でごまかせるんですよね。


それに対してもう一種類の会社やグループ
これははじめから秘密保持契約の方法や特許出願または特許査定について書かれてます。
製品化をするにあたっての、お互いの動ける範囲など、細かく協議できることが書かれています。
もちろん、うまく製品化できなくても、秘密保持契約に従って、渡した資料等は期日内に返却されます。


秘密保持契約
これを嫌がる発明品募集する会社にアイデアを出すのは、止めたほうがいいかもしれません。

わたしも、秘密保持契約を結んだにもかかわらず、設計図等の資料を自分の会社の発明とされてしまったことがありました。中小企業の補助金を得るためにわたしの特許を利用されかけたのですから。人のふんどし(ショーツかしら)で相撲を取る、ずーずーしい会社。

そんなことが発覚したので、秘密保持契約の条項に沿って返却を求めましたが、無しのつぶてでした。
結局、相手側の県の特許流通アドバイザーとこちらの特許流通アドバイザーからの申し入れで返却となった次第です。




わたくし、「発明の女王様」を名乗っている割には、いままであまり発明について書いていませんでした。
でも、わたしのブログが、あるブログで発明家ブログのひとつとして紹介されているのを見て驚いて、
『発明をキーワードで見てくれてる人たち、いるんだよね。もっと発明について書かなくちゃ!』

と遅くなりとも感じたわけであります。
発明・特許というのは、何か発明したり試作したりしていても、ブログの記事に出来ない弱点があるのですよね。
さびしいですが、
『発明の女王様のむーじょが、発明ということを媒介として、いろいろな技術者たちを通して見てきた発明の世界』
のブログとしてしか成り立たないです。

今年はなんだかいろいろ起こりそうな予感・元旦に思ったことが次々に当たっていきます。
早いとこ動いておかなくちゃ。

動いて、あがいて、苦悩して
それでダメだったら、きっと除夜の鐘も清清しく聞けるでしょう。

ずずっ お茶がうまい・・・・・



このページのトップへ

東北関東大地震から1週間と一日目

お彼岸ですね。

わたしはお彼岸とは関係なく、家の用事を淡々とこなしています。
きょうは川越に行ってきました。
川越の、今は空き家になっているギャラリーから家財道具を実家に持ち運ぶといった、プチ引越しのためです。

朝9時に家を出発して、主要道路に出る前に渋滞

どうやらガソリンスタンドの給油待ちの車が列をなして、交通マヒをしているようす。
それでなくてもお彼岸には渋滞する道路なので、裏道を縫って別の幹線動にでました。

何処もかしこもガソリンスタンドでは給油待ちの列
全然状態は変わってません。

リモコン用の単三電池を持ってき忘れたので、電気屋さんやコンビニによって電池をさがしましたが、電池も売り切れ。

一体全体、何でこれほどまでにモノがなくなるのでしょう。
買い溜め・・・
いまだに群集心理というものが分かりません。

帰りに食料を買って帰りました。
ここでもパンなどが全部売り切れ。
袋麺が少し残っていたので、買いました。


タダでさえ渋滞時期のお彼岸なのに、大変な状態ですね。
わたしも、本当は川越のいくつかのお寺にお墓参りしなければいけないのですけど、省略。
連休中も、片付けで結構忙しいのです。

お彼岸から5月の連休にかけて我が家は「断・捨・離」決行と決めています。

家の中にあるモノの数
なんていう数でしょう・・・
これ、全部、一個一個買ってきたんだよね。
驚きでいっぱいです。

ダイエットでもそうだけど、太るのは簡単というか、どんどん食べちゃう
けど、体重を減らしてスリムにするのには、精神力と努力と継続が必要ですね。

はたして五月までにどれくらい「断・捨・離」がすすむでしょうか。

広々と床の見えた家を、早く見たいものです。

(うちのばっちゃ(母)、捨てるの嫌がってねー、内緒で捨ててかないと。時々ふと思い出されて『○○何処やった?』なんて聞かれてヒヤヒヤものです)

どこでもおんなじ?





このページのトップへ

今回の東北・関東沖地震で思ったこと

この情報網インフラが整った日本で、なんでこんなになってしまうのか?

まず、そう感じました。

避難所同士の連絡もつかず、レトロなアマチュア無線家が一番の的確な手段だったとか。

そして、政府の対応の鈍さ、遅さ、悪さ

なぜすぐに対策本部をおいて、各地の情報確認をしなかったのか。


いっちばん頭にくること
福島第一原発の事故で、相当な初期段階で、アメリカから冷却機を送ろうという手を差し伸べてくれたのに、即座に断ったこと

これですよ
政府筋「東電が米支援は不要と」…
「枝野官房長官は18日午前の記者会見で「政府、首相官邸としてそうした事実は全く認識していない」と否定する一方、米政府からの原子炉冷却材提供の申し入れなどについて「詳細は把握していない。確認してみたい」と述べ、事実関係を調査する考えを示した。」


地震発生直後のテレビニュースで聞いて、アメリカの反応のよさに驚いていたのに。

誰が断ったのか
初期に冷却機を受け入れれば、これほど重大な問題にはならなかったのではないのでしょうか。

わたしは東京電力の株を持っていました。
いわゆる一株株主といって、ゴミみたいなもんですが、今回の東電・政府の隠匿には、頭に来ました。

もう株主ではありませんが、東電の取締役は全員解雇!!!!!
以前も隠蔽でなにやらやらかしてましたよね。
冷却水をバケツですくって、とか。
大手企業、特に東電の隠蔽体質は、どうにかならないものでしょうか。

そして計画停電のパニック

へんてこりんな地域わけをされて、時間ごとに割り振るなんて馬鹿げてます。


とにかく、対策がトロかった政府はクビ
隠蔽していた東電の幹部も、全員クビですよ。
高いお給料をもらって、何も出来ないのですから。
原発事故は、地震の影響以上に、世界的に経済を混乱させてますよ。


それから小沢!!!!!!!
自分の選挙区が大変なのに、何処へ雲隠れ?????
こういったご都合主義な政治屋さんも、クビです。
平和になって穴から出てきたら、みんなで踏み潰しましょう


それに対して、現場の皆さんの努力
敬服いたします。




それに 管!!!

えらそーなこと言っているんだったら、自分で原子炉に放水でもしてみやがれ!
だいたい、高圧放水車なんて、政府に楯突く人間たちを蹴散らす車だろが。
運転、お得意だしょ?


今回、いろいろなことで、頭に来てるんだから!

ええ!?
今入ったニュース 仙谷がどうのこうのの指揮って。
売国仙谷が、日本のために何か出来るの

わかった。
消火活動を邪魔して原発をチェルノブイリ化させるのね。

日本 オワタ









このページのトップへ

きょうはうちでちんまりと


囲炉裏端



きょうはうちでちんまりとフォトフレームに画像をいれてたりしてました。

過去に行った旅行の写真
その撮影したときの感覚がよみがえってきます。

これを見て、『また旅行に行きたいね』という言葉を期待して・・・・・・。

せっかくFITを買ったんだもの。一度も旅行しないなんて、さびしいね。

長期計画にはなってしまいますが、こんどは夏休み前の夏の海を堪能しに行きたいと計画しております。






このページのトップへ

すみません・・・・酔ってます

原発事故による県内からの脱出・・・



なぜか直感的に日本から脱出したほうがよくなっているような気分です。

今回の地震で海外の投資家は香港のマーケットに資金を移したというし、日本の市場はもはや時代遅れ・過去のものになろうと、今現在そういった現象が起きているんですよ。

港湾施設にしても旧習慣を改めることができず、空港についてもハブとしての機能は韓国や中国に先を越されてしまいました。



さらに今回の壊滅的な地震・津波

はたして、今の日本に復活する力があるかどうか・・・・・

日本から工場が海外に逃げ出したように、
今度は普通の人間が海外に逃げ出すことも考えられます。


いずれもこの国の政治にかかっていること
政治に人気がなければ、人々は自分に合った国に逃げていく
そんな時代がすぐそこに来ているような気がしてなりません。


かつてヨーロッパからアメリカ大陸に移住したように
日本民族は失われ
世界中に散っていく運命になるのかもしれません。


いまのわたしのなかには、そんな考えが渦を巻いて流れています。


このページのトップへ

地震になると、なぜみんなトイレットペーパーを買うの?

母の通院のために車を出しました。
病院は、きのう入場制限をしていたぼっちいスーパーの近くです。

今日こそ食料が底をついてきたので、列にならぶことになりました。
お店ではトイレットペーパーの山積みが、もうすべて売れてしまい、目の前の最後の一個もとなりのひとに取られてしまいました。

我が家の場合、『ああ、トイレットペーパーが少ないな、来週くらい買わないと・・・』といった、2ヶ月に一回くらいの品物なのですけれど、

なぜ、地震が来ると殆どの人がトイレットペーパーを多量に買うのか

不思議です。
みんな、我が家みたいにぎりぎりまで買わない人たちばかりなのでしょうか。
いえいえ、偶然とは思えません。

水や清涼飲料水、パンとか、米とか、カップ麺、袋麺、乾麺、缶詰とかなら分かります。

なんで、トイレットペーパーなわけ?

不思議な現象なんですが、ぐぐっても答えは見つかりませんでした。

停電に備えた乾電池やライトなら分かります。
水を蓄えておくためのタンク、これも分かります。

でも、でもね、トイレットペーパーだけはわからないです


このページのトップへ

買い物に長蛇の列 あなたなら並ぶ?並ばない?

いつもどおり、月曜日の買い物の日です。
今日は銀行に用があったので、いつもと違ったルートを取りました。

ふと気が付いたこと・・
車の量がいつもより多い・・・かしら。

対向車線のガソリンスタンド
わたしはいつもここでガソリンを入れるのですが、300メートルくらい車が順番を待っています。
わたしは最近入れたばかりの満タンなのと、石油も満タンなので、『たいへんだなー』位にしか感じませんでした。

いつもと違ったルートをとったというのは、仕事用のA4コピー用紙が切れたから買いにいったからという理由です。
1、いつもスカスカな店内が涼しげなジョーシンアウトレットに来ました。
普段は駐車場には車が2,3台くらいしかないのに、きょうは満車に近い状態

『日曜日ならこれくらい来るけれど、今日は月曜日 なぜ?』
と思いつつ、コピー用紙を買いました。

店内のお客どうしの会話が耳に入ってきます。
『電池はこれくらいで足りるかな・・・』

そこで初めて、気が付いたのでした。
停電か。


2、銀行で下ろしたお金を持って、サンドラッグに行きました。
なんと、買い物かごが無い!
ひとつ見つけて店内をうろついてトイレットロールを探してました。


驚いたことに店内一周する感じでレジ待ちの列です。300人くらいいたでしょうか・・・
ぼーぜんとしてしまい、かごを戻して店を出ました。
お店からはロールティッシュや飲料水を山のように抱えた、たぶん開店から待ってたんでしょう人が出てきます。


3、そのとなりにあるオザムというスーパーで、食料を買おうとして入りました。
こちらは空いています。
♪~ 空いてる~ふふーん ♪
なんていって棚をみたら、商品が、無い
商品が棚においてなくて、きれいさっぱりしてるんです。
そしてこちらでも、レジ待ちの長蛇の列列列


列にならぶのが苦手(大嫌い)なむーじょは、いつも行くぼろっちいけどいろいろそろうお店に向かいました。



4、帰りの道では、あのガソリンスタンドの前を通るのですが、車が並んでいません。
時間も時間だし(1時20分)掃けたのかな?などと思っていたら、売り切れ閉店していました。
帰り道沿いのガソリンスタンドは、潰れたんじゃなくて、皆営業を停止していたんですね。


5、ぼっちいスーパーに車を止め、さあて、こんな辺鄙なスーパーならのんびり買い物ができるだろうと背伸びをしながら店に入ろうとしました。
えっ?店の外まで列が出来てる・・・・

こちらは入店制限を行っていました。
店内を見ると、やはりレジ待ちの長蛇の列
この時間でっ!(2時くらい)
ここはお昼を過ぎるとスカスカなので、ちょうど空いた頃に買い物にきているのですが、尋常ではないですね。


6、で、並ぶのが大嫌いなむーじょは、何も買えずに帰宅へと車を走らせたのでした。

行くだけムダだった とほほほほ~


今回のような事態の場合、どちらの行動が正しいのでしょうか。


①長い時間をかけて需要を満たすか、

②それとも諦めて時が過ぎ、落ち着いてから買い物に出直すのがいいのか。



国道がやたらに渋滞していたのも、日用品や食料を買いに、東へ西へと移動する車達だったのでしょう。

もしあなただったら、こういう場合、どうします?
長い時間を掛けてでも商品を買い揃えますか。


ま、わたしみたいにのんきで競争力のない人間は、一番先に淘汰されていくんでしょうねー。




このページのトップへ

TSUNAMI 何も言えないほど凄惨しい・・・

tsunami




防波堤を軽く乗り越え、家々をのみこんで行く津波

信じられない光景です。
災害に逢われた方々の命運をお祈りいたします。

昔、学生時代にバイクに乗って、茨城・福島・宮城・岩手の海岸線に沿ってツーリングをしたときのことを思い出していました。
一日中走って、日暮れには小さな港町の民宿に泊ってといった、のんびりした旅でした。

海岸沿いの何も無い道を走り続け、小さな町を抜け、さらに曲がりくねったがけっぷちの海岸線の道を走り、小さな湾で一休み。

海岸線沿いには、いくつもの小さな漁港があり、集落が海まぢかに寄せ合うように建っていました。

今回、今までのテレビニュースでは、比較的大きな町とも連絡がとれてない様子。
まして、小さな湾にある村などの情報は、まだしばらくしないと現れてこないでしょう。

写真にある海岸線も、もしかしたら海沿いを走ったことのある場所だったかもしれません。

海沿いにある、ほっとするようなのどかな町が一瞬で無くなってしまったのです。
みなさん、大丈夫だったのでしょうか・・・



・・・・・・・・・・

東京では地震があってから電車が丸一日近く止まりましたね。
もし、部品を買いに行っていたとしたらと思うと、背筋がゾクッとしました。
東京のような込み合った場所で非常時になると、人の心なんて簡単に荒れて、本能むき出しの人が現れるからです。
以前、京浜東北線が地震で停止した、わずか4時間の間でも、駅はパニック状態だったのを思い出します。


映画「2012」で見たような光景が、現実になる。
これが関東・東海に起こらないとは限らない、いえ、政府は暗に起こることを示唆して準備を進めている感じです。

巨大地震が関東で起こったらどうするか。
本気で考えておかないといけないです。



tsunami2

写真は震源地から発せられた津波の高さが世界に広がっていく様子
まさに爆弾でも落ちたかのようですね。
この波は地球中に広がって、やがては日本の反対側でまた集合して、大きな津波になります。
地球の反対側の皆さんも、ご用心ください。







このページのトップへ

Orb写真で、もういっちょ!

Orb写真、室内で撮ったら、3枚のうち2枚に写っていました。


orb3


室内を写した写真のOrb拡大部分
きむきむさんの写真に写っているOrbとは形と紋様が違ってます。

そっかー。
気が付かないけれど、意外に過去の写真にも写っているのかもしれませんね。
わたしはストロボを炊かない派だから、チャンスが少なかったんですね。

次はFly Fishかな。
でも、あれこそハロじゃないかと思うんですが。


それとはべつに、
わたしたちとは違う次元に生命体が浮いているとしたら、なんとなく楽しく思えてしまいます。
杉花粉は別として:





このページのトップへ

ORB(オーブ)写らないCAPLIO

まちがえました、ばんたろさんですね、目がいいなぁ


きむきむさんがORB(オーブ:超生命体)の写真を撮りまくっているので、よし、わたしも、と思い、裏庭をフラッシュ撮影してみました。

ORBというのは、デジタルカメラが普及して、初めてとらえられた、わたしたちの身の回りをとび回る丸い超生命体だそうです。





しゅん・・・・



何もORBらしきものが写っていません。カメラはRICOHのCAPLIO GX100 フラッシュともにフルオートです。
写す人の霊能力によるのかしら。



ORB


4枚撮ったけれど、写ってませんです。残念。
場所とか地域限定なのかしらね。






続きを読む

このページのトップへ

第44回なるほど展・表彰式に行ってきました。

なるほど展






きょう3月1日は、なるほど展の表彰式でした。
昨日は宮様のお成りでした。

ブログを通じて、また、知人を介しての素晴らしい出会いがありました。
こんなことって、今まで無かったことです。


さちよさま
Oさま
お疲れ様でした。
楽しいお話・エピソードを聞かせていただき、ありがとうございます。

製作にご協力いただいたHさん、みごとな仕事、ありがとうございました。
また、ひっそりと見に来ていただいていたブログ仲間の皆さん、どうもありがと!

表彰式、今回はなるほど賞の総代などにえらばれて、ちょっと緊張気味でした。
でも、みなさん楽しそうだった。


あさってでなるほど展が終了いたします。
ちょっとほっとしているところかな。
長時間の会場管理をしてくださった、婦人発明協会のスタッフの皆様も、お疲れ様でした。





わたしの展示作品のほうは、案の定プラスチック(ポリウレタン樹脂)の強度が足りず、脆性変形(ぜいせいへんけい)いたしており、今朝みたらLEDのひとつが点かなくなっていました。
出来立ての試作品で、長時間耐久テストをこなしていないから、仕方ないかもしれませんね。




なるほど展賞状

『帰ってきた・・・』
そんな感じですね。
若い頃と比べて、新宿あたりで疲れてしまうなんて、なんて情けない。
でも、ビールを飲んでくつろいでいます。


この写真は今回の賞状です。
箱は懇親会で頂いたお菓子。
賞状を受け取ることなんて、この歳になるとあまりないです。

まして直接賞状を授与される機会もないですよね。

たった2日の間でしたが、楽しく充実した時間がすごせました。


okazubaizouさん、Oさん、お気軽にカキコしてみてください。
歓迎いたします。


発明品って、秘密だらけで何を作っているのか、わからない。伝えられない。
なかなかつらいところです。

でも、なるほど展に足を運んでいただいた皆さんは、
『以外とむーじょってまじめじゃん?』
って思われたと思います。

まだまだ、むーじょの発明活動は続いてまいります。


よろしくネ







このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。