発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

試作の思索なのら

発光ダイオード

ブレッドボード上に組み上げた大電力発光ダイオード
150mAという巨大なものです。
明るさはMAXで85000ルーメン
明るすぎて目が焼けます。
放熱器を取り付けないとあっちっちになるので、マックスにするときは一瞬だけです。
これをいじって照明器具を考えているのですが・・・

試作の思索・・・
これから先が、なかなかすすまないで昨年からの一年が経ってしまいました。
ブレッドボードって、ちょっと油断すると、自分が何を作っているのかわからなくなっちゃうのよね。
積もったホコリで経年がわかってしまいます。



いろいろ調べていたら、LED照明というのは、クルマの電飾でちょっとしたブームの様子です。
大光量のLEDで「びっかびか~」に光らせるのが、隠れたおしゃれのような・・・
ホント?

ところでこのLEDでカー改造の分野で、面白い言葉を発見!
「イカリング」
って知ってた?

なんでもBMW車のヘッドライトのまわりにある光のワッカのことらしいです。
あれが超高輝度のLEDへ改造できるようになっている商品なのです。
スカイラインのストップランプをドーナツと言うかどうかは知りませんけど、イカリング
どういうネーミングセンスなんでしょうねー、カー用品独特な感があります。

LEDも、どんどん安く明るくなるのかと思って見ていたら、いまではそれほど変化がなくなっています。
少なくとも1年間では変化があまりない様子。
この大電力発光ダイオードも、昔のままの700えん
高いですねー。

ところで、冬になると毎年同じパターンで出てくる電子工作
夏も春も、秋も、電子工作なんてやりたくないのよね。
きまって冬なんです。
工作する素材に、なんで季節性があるのか、ほんと、不思議です。



スポンサーサイト

このページのトップへ

名栗湖にいってみた

名栗湖ー1

ほんの少し足をのばして、くるまで名栗湖までいってきました。
名栗湖は名栗川沿いにあるみずうみです。
飯能と秩父を結ぶ街道から一本入ったところにある、山あいの道にあります。


名栗湖ー2

紅葉が真っ盛り
一番いい時期に行った感じです。
管理用の細い道路がみずうみを一周しているので、回ってみました。


名栗湖ー3

みずうみの一番奥の、川の入り口です。
なんか、こんな自然の写真撮るのって、久しぶり


名栗湖ー4

わたしの車です。
フツーにある、フツーの車であります。
なんかまるまっこい形してたんですね、こうやってみると。


名栗湖ー5

みずうみ北側斜面のすすきの原
最近ではススキを見るのも、ずいぶん久しぶりな気がしてシャッターを切りました。
満月の夜に来てみたいと、ふと思いました。
きつねがあそんでいるかもしれませんから。


名栗湖ー6

これが今回の目的地 さわらびの湯
入浴だけできる温泉施設であります。
木造の凝ったつくりのスパです。
入湯料は800円@3時間
沸かし湯ですが、れっきとした鉱泉です。
露天風呂もあって、こじんまりとしているけれど、いい感じです。

お湯はすこし熱め。
休憩所は広いのですが、食事はできません。
みなさん、手弁当でした。
入り口カウンターにカップラーメンやカップ焼きそばが売っていたのを見て「?」と思ったのでしたが、これだったんですね。次回からはなにか持ってきましょう。


普段は病院付き添いや食料の買出ししか使わないFitです。
初めてちょっと足をのばしてみました。
そして初めてのカーナビ誘導

青梅から入るコースにちょっとびっくり!
地図全体を眺めないので、不安になりましたけれど、ちゃんとたどり着きました。
カーナビって、わたしにとって、不思議な存在です。


このページのトップへ

新しいタイプのお人形さん?


またちょっと人形探しをしていました。

社員3号のふるさと、ボークス社
最近ではだいぶ様子が異なってきています。
もう社員3号シリーズって、廃盤になっちゃったのかしら。

スーパードルフィ

スーパードルフィという商品名になって、コミック系なお人形さんになってます。
ショートヘアか、セミロングのボディが欲しいのですが、この髪の毛の長さだと、男の子ボディになってしまうんですね。
あと、スケールが1/3 ? こんどは大きすぎます。
そして、値段が・・・・57000えん
いったいどうなっちゃったの、ボークス

そして、少し安いミドルレンジのタイプ
ドルフィ

これは自分で全部アセンブリするみたいです。
これも1/3
頭には、ガラスの目玉が入れられるタイプもあります。
プロポーションが、いったいどこの国の人っていうくらい12頭身もありそう。
そうじゃなくて、フツーのプロポーションのが欲しいんだってば。
こちらは18000えん  
二次愛好家の人が買っていくんですかねー。

どうして人形の世界って、こうも極端なんでしょうねー。
安いのはでくのボー人形だし、高いのはリアルすぎて使えないし、マネキン人形を縮小したような、フツーの人形(フィギュア)って無いものなんでしょうか。

でもこういう珍しい商品って、はやっているときに買っておかないと、二度と手に入らなくなるんですよん。いつごろまでフィギュア人気が続くかな。

球体関節
1/5
リアルプロポーションの人形、欲しいよう!





このページのトップへ

旋盤実技講習が終わって

7日間の旋盤実技講習が終わって、ほっと一息
もう一日長かったら、行かれなかったかもしれないくらい疲れました。

受講生のみなさん『あっという間だったねー』なんて言ってるけど、わたしにはもう限界でした

どんなところが限界かというと、集中力・記憶力の限界
若くないですね。
若い人たちは、すぐに覚えてがんがんやってました。

ま、わたしとしては最善をつくしたんだから、いっか。


kensyuu-1

出来上がった実技課題
55φの45Cの円筒から削りだされたものです。
仕上げ加工までしてあります。
仕上げ加工するのって、初めてでした。
いつもは形ができりゃいいって感じ?
でも今回は、ここまで出来なきゃダメっていうところまで教わりました


kensyuu-2


分解すると、3つに分かれます。
ガタがなくすべるようにお互い同士が入るように削ってあります。

何箇所か間違えていますけれど、ちゃんと完成してますよん。

初めて課題の完成品を見せられた初日には、『ああ、もうこれは無理だ』と思っていたのですが、なんとか出来上がったのが感無量!
最後の組み立て段階でストッストッと入ったのをみて、感動しました。公差0.03mm
機械加工というのは、こういうものだったんですねー。

今回は常盤はいっさい使わず、旋盤のメモリとマイクロメーターやノギスで測っていく方法でした。
とにかくがんがん削る削る削る・・・・
10何ミリも平気で削っていきます。
旋盤も刃物も、思いっきり頑丈に出来ているから、怖くない
まるでりんごの皮をくるくる剥くような感覚でした。

事故も怪我もなく終わったし、制作課題もちゃんと終わって、ヨカッタ



このページのトップへ

旋盤実技講習第6日目

ポリテクセンター埼玉で受ける旋盤実技研修も、もう6日目になりました。
なんともハードで密度の濃い講習会であります。
今日も一時間半ほど延長して実技課題を仕上げてました。
今日はネジ切りと中繰り加工、そしてテーパー加工を覚えました。
きょうもやっぱり、失敗続き
午前中はどうにか出来ても、午後まで集中力がもたないのです。

足が棒のよう・・・

帰り道に同じ方向に帰る男性がいたので、お話しながら帰りました。
顔にはぜんぜん出してないけれど、彼もやっぱり疲れてヘロヘロだっていってました。
みんな顔には出さないけれど、疲れてるようです。

くたくたに疲れた帰り道
ねこのみみにゅの背中をなでることを考えながら帰ってきます。
疲れたからだとこころには、暖かくて、もふもふと柔らかいネコの感触がとても気持ちいいのれす。



あしたは最終日
あしたの朝、無事に家を一歩出られれば、一日終わります。
『ああ、あしたで終わり。一週間あっという間だったなー』
って、うしろの人が懐かしんでいますけれど、わたしはもう溺れる寸前。
懐かしんでるどころではありません。

間違いだらけでぼろぼろになった課題作品だけど、事故や怪我だけなければ、良しとしましょう


旋盤といえば、オフコの「謎の旋盤」の価格がでてました。
立派な卓上木工旋盤が、ゴッキュッパでおまけ付き!
この「きゅっぱ」っていうのが曲者で、ついつい買ってしまったりするワナなのでありますよ。
欲しいなぁ。 今は無理  だなぁ・・・・・・・・・・・・・

来月にはフライス盤実技研修があります。
そうしたら、木工用の刃物台でも製作してみます。
材料は、えっへっへ、ゴミ箱から拾ってきちゃった!
錆びてるけど、ちょっと磨けばS45Cとして使えます らっき






このページのトップへ

FC2ブログの付加機能って、必要無いんじゃ・・・?

巷ではいろいろといわれているFC2ブログ
最近特に不安定で不評のようです。
コメのカキコ(笑)が出来ないとか、アクセスが集中してるとかでUPできないとかetc...

何が原因かというと、新機能を追加しました、っていうのばかりです。
アクセス解析?赤米?アフェリエイト?ランキング?
他ブログとの差別化を図ろうとしているのも分からなくはないです。
でも、ほとんどの人が使わない機能を拡張ばっかりして、本筋の機能:きちんといつでもつながる、書き込める、データが消えない、ということを全くおろそかにしてしまっては、本末転倒ぢゃないでしょうか。

まったくもう~。

好きなときに書き込めない、書き込んだら消えちゃうブログなんて、どんなに付加機能がスゴくても、要らないよねぇ。


よくこういう意見に対して
『タダでブログサービスを受けているのだから、文句いうのはおかしい』
っていう人がいます。
でも、それ、違う!
ブログ屋さんは、記事を集め、アクセス数を稼いで何ぼなんですから、わたしたちって、情報発信している貴重なお客さまになるんですよ。

だから、FC2ブログからほかのブログにブロガーがダダ流れしてしまってるんです。
FC2はそこに気がつかない


本来の基本機能を向上しないで、付加機能ばかりつけて売るのって、日本の商品の特徴なんでしょうか。
電気製品も、そ。
付加機能満載で、分厚い取り説が無いと使えない電気製品が多いです。
でも、基本機能の向上は少なくて、製品寿命も同じ。
高い製品は、性能がいいのじゃなくて、付加機能が多くついているだけ・・・

もういい加減にして、付加機能ばかりつけて売るの、止めにしてほしいな。


政治もおんなじ
付加機能・補正機能ばかりたくさん付いていて、本筋が貧弱そのもの。
こんな不安定な製品(政治)ばかりであふれかえっている日本って、いったい・・・


(これからは買い手の意見を取り入れないと、モノが売れなくなる時代だから、これから少しは良くなるのかにゃあ


このページのトップへ

Fit納車

newfit2

Fitさん、やっと納車です。
コンクリートも綺麗に打てたし、養生も終わり。
きょうは雨になりました。

初めてシートに座ったときのような新車のにおいは飛んでいました。
少しだけ残っています。
車のにおい・・・母が酔わなければいいのですけれど。

newfit1

コクピット
メーターが増えたような気がします。
ハンドルは小さめですけれど、少ない力でターンできます。
小型車といっても、最近の車っていろいろな機能がついているので戸惑い気味
一番難しいのが、やはりカーナビでしょうか。
ほんとに、いい加減にしないと、事故ってしまいそうです。

車が無かったので、お使いに行けなかった重いものを、早速買いだしにいかなくちゃ。
しばらくは、新しいFitに慣れないとねー。

旅行計画も、ちょっと楽しみです。


このページのトップへ

マシニストなむーじょ・・・ちょっと言ってみただけ・・・

091112

旋盤実習4日目

ぷはは、やっぱり失敗してます。
失敗したくなくても、失敗してます

というか、このキカイ(旋盤のことネ)、設定することが多すぎるんです。
洗濯機のように、コースを選んだら、ポンと動くのと、訳が違いすぎ!



まずは左下のレバー
右上の表からギア比を設定してギアを入れるのですが、オートマチックというわけにはいきません。
フルマニュアル、しかもクラッチ無いから、ときどき入らない
手で主軸をまわしてやってから入れるのだそうです。
・・・だそうですといっても、半分くらいの確立でギアが入らない
やーねぇ・・

一番最初に、ここの部分を攻略しないと、先に進まない
あと、荒削りと仕上げその他もろもろの切削条件による回転数の変化
これって、暗記してないと駄目そうよ。

さらに刃物台の送り速度
これも数字板から読み取って入れるフルマニュアル操作
ねじピッチと送り量というのが同じ数字板で、兼用しているけど、「・」が曲者です。
同じじゃなかった。
間違えた人、居た わたしじゃなかった、今回。人の失敗、蜜の味~♪

091112-2


そういうわけで、文字盤とレバーの関係というのは、めんどくさかったわけでし。
さらにいろいろな機能が全部マニュアルで動くのを覚えるのが、超大変だったりして・・・。

今日はネジ切りと溝入れをやりました。
一時間時間延長しての実習です。
ねじ切り加工って本で読んだだけで難しそうでうんざりしていたけれど、やればできるもんです。
でも、自分の旋盤では、自分用にデータを計算しないとならないから、当分やりそうにないな。

きょうもたくさん疲れました。
足さん、体重が重い?
マシニストっていうと、骨ばっていて痩せている印象があります。
映画のせいかしら

まずは見かけから
痩せないと、マシニストには見られませんネ。
なんせ一日中、立ちっぱなしなんですから。

大変な仕事です・・・


このページのトップへ

三日目 旋盤には慣れたけれど、ミス続発

旋盤実習講座3日目

きょうは溝切りとローレット加工の実習でした。
たった二つのことなのに、なんて時間がかかるのかと思うかも。
でもこれ以上早いスピードの実習だと、頭がこんがらがってしまいます。
手順のステップ量もどんどん増えていくし。

仕上げバイトで仕上げ面逆三角3つというのもありました。(面逆三角3つ、、、言葉知らない・・・)

旋盤の仕上げというのは、自動送りにものをいわせてぶいぶい削っていくものだったんですね。
これも知らなかったのでした。
ミニ旋盤の場合は、ギアを架け替えなくちゃならないんだったっけ?
もういちど、自分のもーもーの取扱説明書を読まないといけません。

汎用旋盤には付いていて、卓上旋盤にはなぜか無いものも発見し始めました。
縦送りのメモリは卓上旋盤には無かったです。
にゃるほろ。。。Myもーもーの改造も多少必要になってきそうな予感

きょうは寸法の取り間違いを続けて二箇所してしまい、落ち込んでいます。
溝きりバイトの刃幅を移動量に見込むのを、すぐに忘れてしまってました。
これはたしか、家のもーもーでも同じ間違いをしていたような・・・
わたしの悪い癖のようなものかな
それにしても、多少疲れが出ているのかもしれません。

実技講習を受ける人は、二つにはっきりと分かれることが多いように思います。
わたしのように間違えるひとと、絶対に間違えずに淡々と実行していくひと。
その分かれ目は、こうだと思っています。

たとえばその作業が出来ると見込んでいる場合
絶対に間違えないひとは、それまでどおりの経験をそのままトレースする
でも私の場合、違った方法や異なった条件にチャレンジしてしまう

ひとの性格の違いなんでしょうか
その場その場が上手に無難にできればいいのに・・・
ここはひとつ、ちょっと大人しくして、正統派の手法を学ばなければなりません。

そんな節制もあってか、ストレスが溜まること溜まること
でも、わたしと同じように間違えてる人って、性格も明るいし人好きのするかたが多いようにも思えます。
そういう人は、機械加工には向いてないのかもしれませんね

きょうは、夏期講習のとき、やはりめちゃくちゃな手法を試していた受講生の人と偶然会って、懐かしがったりもできたので、楽しかったな。





このページのトップへ

旋盤実習2日目

旋盤実習2日目の感想

「疲れました」    おわり






「小学生の作文ではあるまいし、一言で終わるなんて、だめです」

・・・・・・

「きょうは、たんめんせっさくと、そくめんせっさくをしました。 おわり」




・・・
タンメン切削といっても、塩味がおいしいアレではありません。
FEPで漢字が出ないだけです。端面切削です。

今日は最大掘削量を試しました。といっても、2mm切り込みです。
旋盤が大きいので、2mmを削っているといっても、ぜんぜんピンときません。
あまりに難無く削れていくので、『はあ~』って感じかしら。
自宅で0.5mmでジタバタしていた自分が懐かしいです。
自動送りにしてますから、螺旋な切子がどんどんでてきて、はい、終わり。

今日からは最後にお掃除をするのですが、ここでつくづく、旋盤とは大変な代物だと思ったワケ。
切り子があちこちにぶっとんでいます。
実習室の床はコンクリですから、お掃除は楽なのですが、もしこれが自宅だったらどうでしょう。
切り子はらせん状でのこぎりのような歯がついているので、引っかかってなかなか掃けないでしょうね。そして、掃除し忘れた切り子は錆びて床にシミを作る・・・・

そんなことを考えながらやっていたら、取り残されてしまいました。
『もう、お掃除、いいですよ』って言われてハッと我に帰ります。

比較的おとなしいと思われた旋盤でさえ、条件が整うとこれだけ切り子を撒き散らす
まして、大きな刃物が遠心力で撒き散らすフライス盤の切り子掃除なんて、いったいどうなるのでしょう
と、まあ、杞憂したりしたわけであります。

汎用旋盤を扱って2日目
チャックのネジなどの締め込み・緩めなど、猛烈に力が必要なことがわかりました。
先生に頼んじゃった締め込みも、いざ自分で緩めるとなると、これが出来ない
掛け声だけ勇ましくっても、じぇんじぇん動かないレンチと格闘するわたしに見かねて、先生が全部やってくれました。

なんだ、わたしって、ほとんど見てるだけだった?
いえいえ。手が痛くなるくらい機械と戦っていました。

で、・・・もう、駄目 お手上げ


このページのトップへ

今年はついでに冬期講習

一ヶ月ほど勘違いしていた旋盤実習が、今日から始まりました。
場所は浦和のポリテクセンターというところ。
うちからは、遠いい~
埼玉県は、東だけで成り立っているような感覚さえ覚えます。
県の西のほうって、住宅以外に、な~んにも無いからねー。


旋盤研修1

きょうから使う旋盤です。
ずらりと13台並んでいます。
あたしの専用旋盤は、ちょうど窓際の明るい位置になりました。ラッキー

ここの旋盤実習コースは、技能検定試験に使われる旋盤を使って行うし、その視察で受験生も混じっているかもしれないといわれているコースであります。
課題も、初心者向けなのに、超難しそう・・・

わたしのような初心者は、『安全に最後まで研修を終えること』が第一だと言われました。
それを聞いて、ちょっと安心

初日は講義が主で、ほんのすこし旋盤に触れる程度でした。
でも、四つ爪チャックの基本的な使い方を、もうマスター出来ました。

本で読んでやるのと、実際に実技演習でやるのでは、実際のほうが全然早いですネ



旋盤研修2

あたしのもーもー(笑)です。
わたしの持っているミニ旋盤と違って、この旋盤は、『もーもー』とは鳴かないです。
んごー ごごごご~ って感じかな

初めて見たときは、あまりの大きさにびっくり
こんなの使えるのでしょうかと恐怖しました。
芯の振りも580mmあるんですよん。


でも、慣れって、アレですよね。
数時間触っているだけで、もう大きさには慣れました。
ほんと、見た目って感覚的。

大きい旋盤は、動きもきちっとしていてダルな感覚は無く、返って使いやすいんですねー。
これが欲しいと言っていた受講生もいましたが、これ、1トンくらいありそうですよ。


旋盤研修初日目
日ごろの七転八倒な経験から編み出された猿知恵で、なんとか切り抜けました。

・・・・・あとは野となれ  山となあれ   です  ←お気楽



このページのトップへ

なぜか今時分の季節になると、旋盤を探し始めるのです

最近思うことしきりなんですが、金工旋盤、微妙な大きさだと思います
ミニ旋盤としては、一番大きなものを選んだつもりなのですが、やっぱり小さい
何が問題かというと、複式刃物台のストロークが少ないんです。
芯の振りも180mmと超小ぶり

ミニ旋盤は、この上のサイズだと値段も一気に2倍、3倍に跳ね上がって、重さも100Kgを超えてしまうから、ご家庭での導入は難しいですし。

で、ちょっと考えていたのが、木工旋盤です。

要するにワークを掴む回転軸と後ろから押し付ける芯押し台が付いていれば、なんとかなりそうな感じ。

またいろいろと探していました。
旋盤というのは、アタッチメントが多いほうが使い勝手がいいわけで、そんなことを考えていたら、オフコ(オフ・コーポレーション)でこんなのが出ていました。


謎旋盤


おっ !  ?
なかなかよさそうじゃない これ。
謎の旋盤?
ピースで隠されてます。

もしかして、駆動ヘッドが正面を向くだけなんじゃないでしょうか・・・・
謎な旋盤だけに、謎です。

値段も、謎ですね。
高そう

わたしが自作刃物台の製作を発表してから、かれこれ1年くらいになりますでしょうか
製作のめどはまだ立っていません。
見積もりに出したら、ちょっとした木工旋盤くらい買えそうなお値段でした。

金工旋盤に木工用の刃物台をつけて、木工も出来るようにしようと思っていたのですが、木工旋盤を買ってしまったほうがいいように思えてきました。(←思考のどうどうめぐりってやつです)

さて、むーじょの運命やいかに


(木工旋盤も   欲しいなぁ・・・・・・・・・・・・・・・)





このページのトップへ

初めてのカーナビ・シュミレーション~どこまでもアナログなむーじょ

パーキングコンクリ打ち

業者さんにお願いした、擁壁・パーキング床のコンクリ打ちが終わりました。

すごい大変な作業です。
1.5㎥って、こんなにすごい量だったんですね。
コンクリートミキサー車までお出ましになってます。


もう少しで、やっと車の車庫床ができるので、FITを引き取ることができます。
車を買ってから、車庫づくり
泥縄もいいところ です


今回の車から付いた、新しい機能
それは、カーナビです。
クラリオン NX209というものを付けました。

わたし、カーナビって、今までまったく使ったことなかったんですよ~。
展示会の打ち合わせの帰りに、虎ノ門から車で送ってもらったときに、高性能なカーナビをみて感激!
高速道路の分岐でもすいすいと走ってしまうので、
『これはひょっとしたら、かなり便利なのかもしれない・・』
と思っていました。
若い社長さんの車だから、カーナビも高いものを付けていたのかな?



わたしがつけたカーナビ、クラリオンNX209には、インターネットで行きたいコースをあらかじめ設定してカーナビにインプットする機能がついています。
おもしろそうなので、ためしにインターネットサイトのカーナビで、目的地までのコースを設定してみました。


カーナビのガイド

所沢から川越にいくコースです。
でも、何コレ?
いつも使っている道と違~う!
なんとしても太い道を走らせようとしているみたい。
経由地をたくさん取り付けてみたら、こんな感じのコースが出てきました。

戻ってまでも、国道や県道を無理やり走らせようとしてますね・・・

うーん、カーナビ 
困ったもんだ。

道幅5Mくらいの道を走るのが常識なむーじょには、カーナビ、意味が無いのでしょうか
・・・なんて。

でも、知った道だから市街地は全部裏道をぬけていくむーじょですから、カーナビも、こんなもんなんでしょうね。

とりあえず、今度の車では、自分がどこにいるのかわからずに、歩いている地元の人に直接道を聞く、なんてことにならずに済みそうです。

やっぱり、いままでどおりの道路地図は、必要かなぁ。


このページのトップへ

このブログ、検閲されてます。はたして発言の自由の行方や如何???

昨日のFC2ブログのコメント欄に、返事コメを書き込もう.としたら、「禁止ワードが含まれています」というメッセージがでて、どうしてもカキコできない状態です。

しね・・・FC2ブログ・・・

さて、本文ならどうでしょう?

ごめんね、omikenさん、きむきむさん。
ここでコメントの返事をトライしてみます。

書き込めるかどうか、一歩一歩試してみるので、内容が変わっていくのを許してねー。

まずomikenさんへの返コメから

「>omikenさん

・・・ええ、いいのです。
ありがとう。[絵文字:v-430]

コピーアート、見ました。
友達がアルバイトを一緒にやっていたとき、同じようなことをやってましたwww 彼氏にプレゼントするとか。
ううむぅ、コピー機、上に載っても壊れないもんなんですねー。アーム筆入れを思い出しちゃう。

サブカルは現在、美少年と女性とアキバ系とコミケ系が、ぐったぐたになって、エッチな記事を発信しています。
↑年齢的に着いていけない理由・・・

またえっちに興味がわいたら、このギョーカイにもSTRUCK BUCKしてみるつもりであります。[絵文字:v-37]  」


どうやら、コメント欄では禁止ワードになっていた本文がすべてOKになったようです。



続いて、きむきむさんへの返コメ

>きむきむさん

見つけられずに終わった! ヨカッタ
ソフトとはいえ、かなりメジャーなエッチ系出版社だったから。
どちらかというと、コアなほうでした。
だからサブカルをいつも意識してないと、置いてかれちゃう・・・
そんなこんなで、ちょっと疲れ気味になっていたんです。
でも、もう、世代交代しちゃった

雑誌やライブで生き残れる分野と、インターネットにしか残れない分野が、はっきりと分かれてきた感じがします。
ちょっとお休みして、まわりを観察しにロフト・プラス・ワンのライブにでも遊びにいってみます。
↑まだ未練が残ってる?





と、こんなことを書きたかったわけであります。

FC2ブログのこの、「禁止ワードが含まれているため・・・」っていうのを何回か経験しています。
このアラートがでてしまうと、どんなに修正しても書き込みが出来ない・・・
で、「市ねFC2ブログ・・・」ってなったわけですが。




ここまでUpできるかな・・・
少しずつUPしています。 


大丈夫でした。
続きを書きます。

ブログの検閲というのは、どこのブログでもやっていて、GOOブログではUPした時点で記事を全部消されたりして憤慨していました!
別にたいした内容でもないのに、検閲にひっかかるなんて、中国だわ。
と思いFC2に移籍

ここでも多少の差はあれ、意味不明の検閲があります。
問題は、「禁止ワード」
何が禁止ワードにひっかかるかわからないっていうのが、あったまにくるんです。

禁止ワードと思しき言葉を一つ一つ抜いてUPすること数回・・・
結局、このタイトルブログ(サブカルを彷徨う)へのAutherへの書き込みは禁止されているのでしょう。

インターネット・ブログの検閲作業は、ひそかなうちに、着々と進んでいます。
自主規制なのか、通達によるものなのかは、わかりません。

そのうち近いうちに、政治的な内容についても、書き込み禁止フラグが立ち始めるのではないでしょうか? 






続き (禁止ワードにかんする、メモ)

続きを読む

このページのトップへ

サブカルを彷徨う

いろいろとこまごました、プチえっちなことを書き綴ってきた仕事が、ひと区切りすることになりました。
休刊ってやつです。

悩みながらも調べたり、書いたり、イラストを作ったりしていたことも、今回で終わりをつげます。
妙にほっとしたというか、もう限界を超えていたというか、いろいろと歳でしんどいです。

ほんとうにこのジャンルが市場から消滅してしまうのだろうかと思い、いろいろとググる。
さて、その雑誌の後釜になる雑誌が見つかりました。

検索作業というのは面白いもので、関連した情報にどんどんリンクしていくわけです。
リンク・リンク・リンクをたどっていくと、どんどんコアになっていく。
ネットサーフィン ()笑

軽いえっちなことの検索がどんどんディープな内容に・・・

でもたどり着いた先、トンネルを抜けてみたら、なんだか懐かしい地点に着いていました。
ロフト・プラスワン + ほかのロフト
アングラ・サブカルのトークショーで有名なライブハウスです。
ネットが発展しても、リアルの世界というのはいまだ健在のようすでした。

で、そんなイベントをやっている人のブログから拾ってきた映像


ガムを食べたら、乳首が伸びちゃった男性のショートフィルムというか、CF? ただのばかぁ?





こんなガムがあるのなら、買ってみたい  うふふっ


世の中で一番先に進化していくのは、サブカル的要素をもった部分で、そこから得体の知れないモノやプレイや人がでてくる。
わたしの得意分野のエッチなパートも、いまでは第3世代に入ったことを知りました。

もう、書くこと無いや・・・。
というよりも、えっちなことを創造しなくてもいい安堵感のほうが強かったりして?







このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。