発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

もう一度 再起動

旋盤・フライス盤加工基礎の

わたしにしては珍しく、時間を潰すことになったので、図書館分館に行ってみました。
ふらふらと書棚を見て歩いていると、懐かしい2冊の本が目にとまりました。

絵とき 旋盤加工 基礎のきそ
絵とき フライス盤加工 基礎のきそ

一年くらい前に、旋盤とフライス盤を買おうかと思ったときに借りた本がそのまま書架に並んでいました。
その当時は、なんだか専門的すぎて、書いてあることすべてがチンプンカンプンだったのに、今改めて読んでみると、とってもよく理解できることに驚きました。

材料(被削材)とそれを削る刃の組み合わせから、手順、失敗まで。
よく書かれていたんですネ。
でも、この本を先に読んでいたとしても、実際に目の当たりにしてみないと理解できなかった。
そして、もういちど出会い、読んでみると、驚くほど理解出来ちゃう!

いかに素人だったか、わかりますよね。
というか、素人には旋盤やフライス盤を使うというのは、荷が重過ぎるものだったのでした。

でも、目的があったから、高いお金をかけて買ったわけですから、使いこなさないといけません。
ミニ旋盤・ミニフライス盤といえども、知識や技術は大型の汎用旋盤・フライス盤と同じかそれ以上のものを身に着けないと、使えないということも分かってきたのでした。

ミニ旋盤・ミニフライス盤で、拾ってきたステンレス材を使って作品を作るという無謀なことだけでなく、これらの機械って、もっと柔らかい材料でも加工できるのです。
やっと準備段階が終わった感じがして、ちょっとホッとしました。

多少ホッと息がつけると、とたんに新しいアイデアも浮かんでくるものです。
いままでネックになっていた部材の形成は、ちょっと考えると、持っている旋盤・フライス盤で加工できることに気が付いたのでした。







グローバル仕事術


もうひとつ、わたしのチャレンジしていることというのが、「起業」です。
昔々、ドリームゲートという政府主導の起業プロジェクトがあり、参加したり研修を受けたりしていました。
そのときのわたしのテーマが、「発明で起業」でした。
ですから、このブログの前身では、「発明で大金持ち!をめざす」などといった記事も多かったです。
展示会や製作活動などを10年くらい続けたでしょうか、いまだに起業には至っていません。

ただ・・・
ドリームゲートの有名なアドバイザーさんに言われたアドバイス・・・
『発明で起業なんて、絶対に無理だとおもうよ』
 そういう胡散臭いことは、嫌いだとも言われことも、印象に強く残っています。


ほんとうに無理なのか なんで胡散臭いのか・・・
その起業コンサルが言ったことが、事実かどうかを確かめるために出た旅でもありました。
長い旅路であります。

発明で大金持ち
絶対に無理ではなく、本当に大金持ちになった人にも何人か実際に会うことができました。



成功した人たちの話からわかってくるもの
大切なのは、発明品なのではなくて、ビジネスのセンスだったのです。
簡単な言い方をしてしまうと、
ビジネスモデルの発明を促す発明品を発明すること
これが発明・特許の真髄といったところでしょうか。



旋盤・フライス盤加工 基礎のきそと同時に借りてきたビジネス本
・未来を予見する5つの法則
・グローバル仕事術
・起業バカ

わくわくする起業を見つけるためのマクロな考え方~現代の日本企業と海外の企業との違い~起業なんてやめたほうがいい
といった筋書きになります。

日本経済が沈み込んで、にっちもさっちも行かなくなっている今
どんな業界の人たちも、新たなビジネスチャンスを鵜の目鷹の目で探しています。
業界の手練たちでさえ、今、何をどうしたらいいのかわからないでいます。

だからこそ、チャンスは今 だと思っています。


今ちょっと考えているのは、古い手法の見直し
もう一度過去に失敗したもの(ビジネス・発明)を洗いなおしてみようと思っています。

まず手始めに、
発明の世界に入るきっかけとなった作品
「誰でも美人に映る、魔法の鏡」
なんていう発明はどうでしょう?

産業空洞化で悩んでいる工場ですから、今ならわたしのお話を聞いてくれるところも、そろそろ現れる頃だと思っています。








スポンサーサイト

このページのトップへ

にっぽんのぐんかん?

くらま



くらま プラモデルではありません。
本物の写真

なんか、にっぽんの軍艦って、すぐ燃えちゃうんだねー。

よく事故っちゃうし。

撃つこともない、いろいろな大砲乗っけてても、衝突されたら、きっと沈没しちゃうんだねー。

いったい、何の役に立ってるのかしらん  ? ?


このページのトップへ

WINDOWS 7 なんだかMac OS Xみたいだにゃー

WINDOWS 7   1日目

WINDOWS 7にはメールが無い?!
無いです。
どうりで見つけても見つからない  うぅ・・・

WINDOWSといえば、いままでは何でもかんでも強引に一律パッケージしてあるのが当然のようなOSでした。
WINDOWS 7のインストールは、急になんだかしおらしくなってしまっていますね。
使いたくない機能は最初にOFFに設定できるようになっています。

それと・・・・

WINDOWS 7って、なんだかMac OSみたいですよ。
下にドックも付いていて、ジーニーアクションこそ無いものの、似たような感じで使えます。
あと、標準で付箋が付きました。
今頃~ って感じですけれど、昔マックで付箋をよく使っていたわたしには、こんなことでもとっても嬉しいんですよね。なぜ今まで無かったのかな。

あと、ごみ箱がぁ~   ガラスコップ?
金属メッシュだったら、Mac OSですねこれは。

なんだか、みんなMacのまねっこになってるみたい。
昔のマックみたいだから、いいね、WINDOWS 7 気に入った!
きっとWINDOWS 7を作ったメンバーって、昔のアップル社員に違いないです

新しいOSを入れて、最初に遊ぶのが、デスクトップのデザイン
WINDOWS 7のデスクトップ個人設定には「日本」を使ってみました。
なんだかお正月っていった感じです まだ少し早かったかな?
アラート音が笑っちゃう
「ぺぺん♪♪」
って、いったい・・・
『また つまらぬものを斬ってしまった・・・』
の「ぺぺぺん」から来ているんでしょうかねー。最高です、冗談のできるWINDOWSに成長しました。

WINDOWS 7、メールが無いので、WINDOWS LIVE メールを入れてみました。
これも、アウトルックエクスプレスからずいぶん見かけが変わりました。
初めて起動すると、何がおこったのかわからずに、ちょっとびっくりしますヨ

でも、全体的な感触として、昨日まで使っていたWINDOWS VISTAよりもいい感じ
この状態でもうアクチベーションしてもよさそうです。

ヨカッタ!



このページのトップへ

WINDOWS7無償アップグレードのDVD来たので、いんすこ

windows7-1

パソコン工房で買ったオリジナルノートパソコンのLESANCE17"
一ヶ月ほどVISTAで動いていました。
ところでさっき、WINDOWS7無償アップグレードのDVDが届いたので、さっそく入れ替えてみました。
無償アップグレードなんて、来年くらいになったら来るかなぁ、などと思っていたのに、早かったですね



windows7-2

ここのところ、システムの入れ替え・入れ替えでシステムインストール漬けになってます。

LESANCEに最初からついてきたオマケソフトがいろいろとうっとうしい
どうせだから、買ったときのVISTAに入っていた余計な常駐ソフト、特にアップデートのアラートで肝心なところを隠したままの、あのいまいましいJwordを消したいと思ったのでした。


ハードディスクもフォーマットして全部消去
いくつかドライバが抜け落ちたものの、まっさらになりました。


windows7-3

デスクトップにはゴミ箱だけ。
気持ちイイ~!!


でも、VISTAから何がどう変わったのか、よくわかりません。

新しいOS
ドライバのインストールもそうだけど、ドライバ自体の動きがオカシイような・・・

今書いているFC2でも、まだ対処できていないような感じがします。
(ときどき、押しても動かない絵文字があったけれど、直ったのかな)

そして、またイライラなトラックパッドが復活してしまいました。
飛びまくり~


WINDOWS7のカスタムイントール時に入らなかったドライバ類は、探し出して入れないとね。 
もちろん、使っていたソフトも、メール設定も、いろいろなログインの設定も   あわあわ。

みんな、こんなめんどうなこと、やってるんでしょうか・・・・(またしても疑問符だらけ)



このページのトップへ

駐車場工事に、ハラハラ

図面で書いて考えるのは、簡単なのですが、実行に移すのは大変です。


根切り工事

プロの手が入った本格的な根切り工事
遣り方(やりかた)もトランシットで正確に矩(かね)が出ました。

プロの根切りですが、早い早い!
60歳くらいの男性一人で根切りをしているのですけれど、びっくりするくらいのパワーです。
いったいどこからこんなパワーがでているんでしょうね。

人力といえども、土木工事というのは、ドキドキします。
根切り・基礎工事・コンクリート打ちの間は、ドキドキなわたし。
基礎をつくるというのは、ほんとに工事の基礎中のキソなんですよね。
だから、絶対にミスできないんです。やり直せないから。

今日はわたしが築いた土留めを切り欠いて、このメインの擁壁が貫通します。
ややこしいですね。
既存工事との共存というのは、工事も複雑になってきます。

気温も下がり、あしたから雨の予報がでています。
週末、今日中に基礎コンクリートが打てれば、雨の2日間は養生に使えるので、そうなって欲しいなぁ。切に希望しちゃう。

専門用語がたくさん入ったブログ、でした


このページのトップへ

梅の木の植え替え

だいぶ大きく育った梅の木を植え替えました。

梅の木移植


あいかわらず、パワーガーデニングやってます(笑)

写真で見ると、とっても簡単そうに見えるのですけれど、これがすごい重労働なのです。
根が深いというか、根が太いというか。
簡単に掘れていかずに、根を切りながら少しずつ少しずつ掘り進むといった感じ。

『毛根を傷つけないように、土を残しながら伐採する』って言われます
でも、実際に自分でやってみると、毛根に気を使いながら掘るというのはとても難しいと判ります。
毛根じゃなくて、脳の毛細血管が切れそうなくらい、大変な作業
ここまで倒れるのに3時間くらいかかっています。

掘りだしたまではいいのですが、これが超重たい
植え替えの穴までずりずりと引きずって運びました。

こんな重労働が、カエデにもあって、これで2本目
そして、ちいさな樹木も植え替えて、7本くらい移植しました。

太く深く張っている根は、さすがに手ノコでは大変なので、チェーンソーを使います。
安売りで買ったその場しのぎ用のものでしたけれど、かなり使い込んでいます。
10年以上になるかな・・・
家のガーデニングは、チェーンソーが無いともっともっと重労働
毎年、迫りくる自然との闘いを繰り広げています。

これが我が家のガーデニング
泣いちゃうね。




もうひとつ、重要な工具のひとつ
梅の木移植2

道路工事用の安全靴です。
学校の彫刻科のモチーフにありそうなくらい、表情のあるモチーフになりました。
これも10年くらいの年季がはいったものです。
今回の工事の最後まで持つかと思っていましたが、破れてしまいました。ああ残念。

汚れてしまうので、まだ新しいのは使いたくなかったのですが、買ったばっかりの安全靴と交代しました。
安全靴も、家のガーデニングをするときには欠かせない必需品であります。
新しい安全靴、履きやすく歩きやすくて軽いのですが、頼りないなぁ。



重労働のおかげで、身体はへろへろ。
3Kgほどスリムにもなりました。

土や自然に直接触れ合うのは、健康にもいいにゃー
(↑負け惜しみ・・・)


このページのトップへ

P5B deluxeマザーボードの換装終了

CPUクーラー

一度はかなり困ったことになったものの、マザーボードの交換作業が終わりました。
WINDOWS XPもちゃんと動いています。
なんとなくおかしかった画像の画面上の移動も、スムーズに動くようになりました。
やっぱりマザーボードが壊れていたんでしょうか・・・


monacoさん、きむきむさん、ばんたろさん、お知恵をいただきありがとうございました


慌てると、基本というものをすっかり忘れてしまい、めちゃくちゃをやり始めてしまうんですよね。
落ち着いて、ゆっくり確かめてみたらできました。
ビデオボードが発振して動かない原因=PCI-Eのサブ電源コードを挿していなかったのが原因でした(笑) ←でも、馴れた人でもやる失敗みたいです。


写真は取り外したCPUクーラー
熱交換パイプのついたものです。ちょうど2年半前になるでしょうか。
たしかサイズとかいうメーカーだったと思います。
ごついように見えますが、現在では小型でシンプルなものに見えてしまいます。
今はCPUクーラーはファッションのように競って面白い形が出ていますね。
ブログなどをよく読んでみると、どうやらCPUクーラーフェチ な人もちらほら散見いたします。

さて、今回取り付けたIntelのリテールファンですが、・・・うるさいです。
またこの子に替えようかな・・・。


ところで、ばんたろさんのおっしゃるとおり、マザーボードというのは、本来あまり壊れるものではありません。
ほんとに壊れたのかな~???

なんだかもったいないですよね、なんとなく動作するマザーボード。

静かな電源と適当なCPUとメモリを取り付けて、もう一台リファレンス用に作ってみたくなってきました。

もうこれは、病気
パソコンジサク病です。

ああ、誰かわたしを止めて!!!



このページのトップへ

平沢進を聞きながら、マザーボードの交換♪

パソコンは待っていても自然治癒しないので、修理することにしました。
ちょうど同じマザーボードが手に入ったばかりです。

こんな時に聞きたいのはやっぱり平沢進。
平沢進というミュージシャンは、P-MODELの首領です。
一風変わった独特な音楽を作っています。
テクノとか言われていますけれど、ジャパニーズフォークロアじゃないかとわたしは思ってます。
アルバム「BIG BODY」のピコピコ感は大好きですよん。


kuro-1

あいかわらず、中身もごっついくろちゃんです
ただ、大きくて改造しやすいようにできているので、ほとんどのパーツを取り外さなくてもマザーボードが取り出せました。





kuro-2


前回掃除をしたはずなのに、取り出してみると咳がでるほど埃だらけ!



kuro-3

今までのっかっていたCPUファンを取り外し、手に入れた中古のボードに移殖します。



kuro-4

大きなCPUクーラーではノースブリッジヒートシンクに埃がたまりやすいようなので、純正のファンに付け替えました。
これも見るからにごつい部品ですねー。



kuro-5

さて、メモリーやら配線やらを一通り終わって一休みしていたら、なにやらやってきましたよ(写真左上)
にゃんこ先生です。



kuro-6

「にゃんか、このあたりがくさいニャー」  ハードウエアの臭いを嗅いで調査しております。

にゃんこ先生はニャニャチューセッツ工科大学で、ニャンピューター工学を修め、
『にぼしとキャットフードは18ヶ月で二倍になる!』
という、あのセンセーショナルな論文を発表し、ピューリッツァー賞に輝いた猫です。



kuro-7

「このへんとか、何も刺さってないけれど、いいにょー?」
にゃんこ先生、パソコンはちょっとわからないようです。




kuro-8

「こんなところにバタークッキーが・・・・ぽりぽり」
にゃんこ先生、わたしのクッキーを見つけたようです。
もう、やってきた当初の目的はすっかり忘れているようす。
さすが、ニャニャチューセッツ工科大学です。

「なんとなく、いいんじゃない?これで。 ほんじゃ・・・・」



kuro-9

そう冷たく言い残して、にゃんこ先生が行ってしまわれたので、マザーボードを箱に戻しました。

さて、うまく動いてくれるでしょうか・・・・・・




結果は・・・・



失敗でした。


グラフィックボードが発振してすごい音を出しているし、画面が出ません。
もとのボードに戻してみても、結果は同じ。

直そうとがんばってあがいてみて、さらに悪い結果を生み出してしまってます。

今年はそういう歳廻りなのかにゃー・・・・








このページのトップへ

DIYの基礎のキソ

駐車場の擁壁を含めた整地の見積もりが出てきたのですが、見てびっくり!!!

吃驚!

樹木の移植も2本入っていたのも、高い原因でした。
2本で7万円という樹木の移植も、一本はわたし一人でやってしまいました、えっへん!


で、一番安くて簡単な方法というのを工務店の人と打ち合わせしてでてきたのが、「わたし監督工事」です。
樹木の移設から遣り方、根切り、そのほかいろいろなことの進行を、わたしがすれば安くなるって。
ようするに自己責任で、搬入と職人さんは貸してあげるネっていう工事になりました。


きょうは工務店の人と打ち合わせ。
メインパソコンの黒ちゃんが壊れて3D表示が出来ないので、模型で説明に行ってきます。
図面や3Dグラフィックではわからない、微妙な部分のところまで打ち合わせができるように工夫がしてあります。
意見が相異していたら、金額も手間も見積もりも、あったものではなくなりますから。


基礎1

擁壁の配筋模型です。
一応丈夫なタイプにしてあるのですが、値段が折り合うかどうか・・・
ほんとうに、「基礎からのDIY」になってきました。
鉄筋の配筋を自分でするなんて、思いもよらないことになってきました。






基礎から始める自動車車庫


基礎2

一般的なパーキング土間コンクリートの配筋は、細いメッシュの既製品を使います。
でも、構造上、今回は手配筋で考えてみました。

擁壁の配筋と結合して、スラブと一体になって強度を増す構造にしてあります。
基礎3




整地・基礎が出来上がるまでのあいだ、すこし休めると思っていましたが、また新たなる重労働が追加になってしまいましたとさ。

基礎屋さんに「サクッ」とお願いできるだけのお金がばっさばっさあれば、悩みなんてないんでしょうね、きっと。

このページのトップへ

食卓でプラモデル

プラモデル1

きょうは一人
パワーガーデニングが原因の肉体疲労で、筋肉痛&少々風邪ぎみ

そんなわけで、ダイニングテーブルの上でプラモデルを作り始めました。
なんだか、とても懐かしい感じです。

組み立て説明書に、使用するタミヤカラーの番号が書いてあったので、ほとんどの色を買ってきたのに、ほんのちょっとしか使わないんです。
無くなるまで使うとなると、50台くらい出来ちゃう

若い頃とちがって、今の自分の技術力の進歩に驚きました。
プラモデルって、こんなに簡単だったんだ



プラモデル2

と、エラソーなことを言うわりには、塗装はヘタクソです。
ムラ塗り、はみ出し、その他もろもろ

きょうは一色だけ塗って午前中で作業おしまい
わたしはリムにゴムタイヤを入れるときの瞬間が、好きでねぇ・・・・・・・・・
あの「ぷりっ」とした感触、いいですねー。

FITのプラモデル
また体調が優れないときに作ります。
エアブラシを探し出さないと、これ以上作れないのも事実です



このページのトップへ

さようならミラ・モデルノ

13年以上前に登録されたクルマを買い換えるときにキャッシュバックが受けられるエコカー減税。
おもわず誘われて利用してみたものの、車庫まわりで苦痛を強いられてたりします。

政府のワナに嵌まったかなぁ・・・


荒幡富士の小路

ジョイフル本田瑞穂店に朝早くから出かける途中、荒幡富士に寄ってみました。
荒幡富士というのは、このあたりでは有名なミニ富士山、富士塚です。
軽自動車は、狭い道でものろのろと走っていけるのがいいですね。

今日は軽自動車の「ミラ」さん最後のお仕事の日
この運搬が終わったら、廃車手続きのため、自動車屋さんに持って行きます。


荒幡富士

荒幡富士の朝 昔のままで保存されています。小学校の頃は、屋外授業で来たことがありました。






ジョイフルのミラ


ジョイフル本田では新車のFITが停まっていたので、隣に停めてみます。




材木を積むミラ

でも、こちらの買い物は、相変わらず材木です。
今日は寸法取り用に一本だけ。2200mmの長さまで運ぶことができたミラさんでした。
さらにコンクリートブロックを数本入れて、食料を買って、猫砂も買って、荷物満載で帰ります。




ミラのメーター

中古で買ったミラさんでしたが、前のオーナーもキレイに乗っていました。
そしてそれほど走っていません。
クルマって、思っているほど使ってないんですよね。
でも、無いと困る
ミラさんのメーターは、スピードメーターだけのシンプルなものです。


ミラの車内

おうちに一旦もどって荷物を降ろし、車内に入れっぱなしにしていた地図や小銭を取り出します。
空っぽになったミラさんの車内 何も無くなると、とっても空虚です。まるで代車みたい・・・

いよいよお別れですネ


ミラとフィットの後姿




車屋さんのMy FITの隣によせたミラさんの後姿
軽自動車ってちっさかったんですね。
FITは台風の雨風で、だいぶ汚れてしまってました
FITは希望ナンバー指定をしませんでしたが、似たようなナンバーになりました。
ミラさんのナンバーが切りがいいものでしたけれど、今回も似たようなナンバー。
車屋さん、「4」が入っているのを気にしてましたけれど、わたしはこういったものには、ぜんぜんこだわりが無いんですねー。縁起かつぎも気にしないし。





ミラとフィットの前姿

前から見たミラさんとFITさん
FITさん、新車ですけれど、やっぱり材木とかたくさん積んで走ることになるんでしょうねー。
こんどは何メートルまでの木材が積めるのか・・・

結局、わたしの車の運命というのは、材料運搬用なのでした。




このページのトップへ

FITのパーキングを模型で考える

パーキング模型ー1

1/24のパーキングの模型を作りました。
2×4材の端切れを使って、1/24の2×4材を切り出します。
バンドソーは、好きなときに好きな大きさの材料が、とても簡単に出来てしまうのがいいですね。
写真の左側にならんでいるのが、1/24の2×4、1×4、75mm×75mmの12feetの製材です。

・・・トーカイのサキイカににてますけれど、サキイカではありません。
繊維のヒゲが出ていますが、指でむしるとすぐに取れます。

そして右側にあるのが、わたしお得意な門型フレーム構造の主要架構体
3m×5mのコンクリートベースにアンカーで固定されます。




パーキング模型ー2


屋根の架構をつけて、オーバーヘッドドア、両開きのドアをつけて取り合いを見てみました。
このあたりは図面だけだとわかりにくく、失敗しやすいところです。

どうやら設計図どうりにうまく収まりそうな予感。

FITのプラモデルは完成するどころか、まったく手付かずです。
様子を感じるためにボディだけ入れてみました。
やはり以外にきつい空間です。

この模型を使って、購入する材料の数を数えます。
予算も少ないし、また、足りなくても運賃がかかるので、きっちりとした数を見積もります。



パーキング模型ー3

まだ短い貫材が入っていません。
模型はスケルトンの状態で見るのがいちばんわくわくしますね。
なんかカッコイイし。

ここのところの台風で、湿度や温度が急激に変化したため、材が反ってしまってます。
2×4材も、実際、乾燥はいい加減なので、同じように暴れます。
材が暴れてもいいように、あらかじめ逃げられるように隙間をとって設計をしないと、あとで苦労することになります。

問題は、ベースコンクリートと擁壁
最悪の場合、これらも「ジサク」になりそうです。


このページのトップへ

すべてが途中・中途半場に過ぎてゆく時間

新しく買ったHONDAのFIT、納車”式”は済んだけれど、あいかわらず自動車屋さんの駐車場の中です。
fit-engine.jpg

というわけで、FITのエンジンだけお見せしますネ。
なんだか軽自動車みたいに小さいです。というか、バイクみたいに小さいです。
出来立てほやほやなクルマのエンジンルームって、においも無くてキレイですねー。
FITは面白いかたちでボンネットが開くようです。ボンネット自体が小さな扉ですね、フロント窓が見えてる。


クルマ好きな友達(男性)とかは、よく自分の愛車のエンジンを見せるのが好きなようですが、エンジンルームを見せられても、ねぇ・・・・・・。

『あ、、エンジンがぷるぷるしてる』

くらいの感想でしょうか。

というわけで、わたしの気持ちをブログに素直にぶつけてみました。
「クルマって、見てるだけじゃ、ツマンナイ~」

車庫が出来ないと、クルマが入らない~

諸事情と台風の雨のために、パーキング工事が遅れています。
道路にある、市のクルマ止めを移動してくれないと、どうせ車庫には入らないし、何やってもダメダメ



ここのところ、ダメダメ
一生懸命やっているんだけど、ダメダメ   


ダメダメ1
メインパソコンのくろちゃんのマザボが壊れたまま、同じマザボが買えなくてダメダメ 


ダメダメ2
なんとか動いているくろちゃん。でもいつもつかっているソフトをインストールしていないので、とっても不便で戦意喪失でダメダメ 


ダメダメ3
『新しく買ったノートパソコンがあるじゃない!』って思うけれど、デジカメやケータイやその他もろもろのドライバやソフトを全部入れてないし、10月末にはWINDOWS 7とかいうOSになるらしいので、中途半端でインストールする気もなくて、ダメダメ 


ダメダメ4
雨の降ってこないうちに、駐車場計画地の石やガラや植木(でかい!)を動かして、身体がくたくた。
こういうのを「パワーガーデニング」って言ってます。
雨が降って無くても筋肉痛のため戦意喪失で、ダメダメ 

お花のタネ植えたり、コンテナガーデンつくったりというチマチマしたガーデニングがしたいよお・・・



ダメダメ5
旋盤研修が、てっきり今週だと思い込んでいたのですが、一ヶ月ほど月を勘違いしていたので、ダメダメ 


ダメダメ6
夏は激暑、冬は酷寒なアトリエ。暑くもなく、寒くもないという、ちょうどいい季節にはずーっと雨が降っている(梅雨・秋雨)日本っていう国、いったいどうなのぉ???
って考えると、気が滅入って、ダメダメ 


ダメダメ7
あまりに久しぶりにプラモデルを作るので、塗装しようと思ったらエアブラシが見つからなくなってた。
ど~しても、見つからないの。捨ててはいない筈だから、探し出さなくちゃね。で、FITのプラモが出来ない。車庫の模型も作らなくちゃ って気は焦るばかりで、ダメダメ 




『あなたをオルツにさせる、7つのダメダメ 』です。


どっかの自己啓発書のタイトルみたいです。
この、「7つのダメダメ」を克服しなくてはなりません。


人生というのは、平凡なようでいて、奥が深いものだという教訓でしょうか・・・orz




このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。