発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

そろそろ次のDIY  駐車場の製作

ブログ用プラン

母屋の屋根工事が終わったら、部材があまってしまいました。
施工だけ大工さんに任せた工事ですが、部材の見積もり量が多すぎたようです。
ちょっとだけならいいのですけど、多量に余ってしまったので、パーキングを作ろうかと思っています。

むーじょの手作りパーキング・・・

傾斜地なので、用壁やベースコンクリートが必要になります。
このあたりは大変な重労働なので、プロにお任せしてしまおう!
車やユンボが簡単に入れる土地形状ならいいのに・・・手掘削になりそうです。

傾斜地+狭量前面道路+樹木のジャングル=今回のパーキングスペース

はぁ・・・

さらにそんでもって、上屋だけは私のお手盛り

余りもので作るむーじょの簡単パーキング ♪~
大丈夫かな~  

屋根工事補修で余った2×4や1×4材、トタン板を使い放題です。
っていうか、これで使い切らないと大変なことになります 
外注するときは、慎重に見積もらないとダメですね、今回はわたしのせいじゃないですけど。

半壊したパソコンの「黒ちゃん」でなんとか描いた図面
2回ほどインストール・アンインストールしていたためか、ぜっ不調です。
とりあえずは部材取りができる程度の図面まで出来上がりました。

車庫・パーキングといったら、今の主流はアルミの差しかけタイプですよね。

カーポート屋根228300

大概がこんなのです。
これでも定価で228300えんもするのれす。
工事費別ですよ
屋根だけの工事でもかなりの金額になっちゃいます。

もちろん、クルマの下のコンクリートは別工事です。



木造で作ってある昔かたぎな車庫なんて、見なくなりました。
そこをあえて作らされちゃう!

みなさん図面なんて見ても、ツマラナイかもしれません。
でも、この車庫、オーバーヘッドドアが付いているんですよぉ。
っていうか、そうするしか方法が無かったのです。

FIT納車まであと5日
これはもう、アウトな状態です。
FITを乗るために、しばらく自転車で車屋さんまで通うことになりそう・・・



はぁ・・・




スポンサーサイト

このページのトップへ

おしっこ、立ってする?座ってする? 男子のすわりおしっこ急増だそうで

「男性も「座っておしっこをする時代」33%」

TOTOの調査だそうです。
気にもとめなかなかったのですが、洋式トイレって、男性用便器なんて無かったですね。
家庭用のトイレが洋式に変化して、生活様式も変化したんでしょうね。

家庭の場合はそれほど問題にならないのかもしれませんが、これからの公共施設の設計ではかなり変化が求められるのかもしれません。
男性用化粧室 化粧室って言わないのか・・・男性用トイレも全部個室で設計していくようになるのかな?

わたしの友達の男性たちも、個室利用で座ってPEEすると言ってました。
『やっぱり、最後はちゃんと拭かないと、気持ち悪いよねぇ』って。
ハァ・・・・・・・?  いままでどうしていたのでしょう?



TOTOも、ウォシュレットでトイレ大革命を起こしたときのように、こんどはまた何か新しい便器のデザインでも考えているのでしょうか。
いったい、未来の便器ってどんなふうになるんでしょうね、ちょっと楽しみです。



直接トイレの話ではないのですが、ちょっと不便な経験話をひとつ。

フライス盤の実技講習の準備のために、作業服を買いました
実技講習の服装として、帽子・作業服・安全靴着用のこととあるんです。
あまり古いのはちょっと恥ずかしいので、3点をMONOTAROで買い揃えました。

作業服は、上下一編に揃うツナギ服を選びました。
なんかかっちょいいでしょ?いかにも技術系らしくて。 (←演劇感覚なわたし)
で、普通の配色はオシャレくないし、オシャレなツナギは高いので、迷彩柄のツナギにしました。

んで、着て作業してみて始めて気がついたこと
・・・トイレがやりづらい
上半身脱がないと、用が足せないことにいまさらながら気がついたんですよぉ~
馬鹿ですよ わたし。
ツナギに見えるような上下作業服というのがあれば、そちらを買っていたかもしれませんね。
いえ、気がついてないです。あっても目に入らない。

さらに安全靴ですが、編み上げのブーツタイプにしてみました。
シモンのグッドデザインタイプの軽量なやつです。

そして、帽子は六角帽
これは一番安かったからこれになったわけですが、使いやすいです。
これも迷彩服にあったベージュ色

で、この3点を合わせて着て見ると

「ルパン三世 カリオストロの城」にでてくる峰不二子さんになってしまいましたぁ。

講習会場でルパンが
『ふーじこちゃん、きょうもバッチリきまってるねぇ~ さーすがぁ』
なんて言うかどうかは、わかりません。

うー・・・

夕方、この格好でちょっと近所のスーパーまでお惣菜を買いに行ったら、誰も目を合わせてくれないんです  やっぱり異常だったのでしょうか? だれか知りません?


でも
ここまでやるんだったら、両肩に手榴弾(の模型)をつけて、背中にUZIを背負わなくてはね。

で、講習会場までは、長い髪をなびかせながら、ハーレーで出勤しないと。
ハーレーはさすがに持ってないです、買わなくちゃ!
講習会の教室に入れてもらえなかったりして・・・ 


それにしても、ツナギって、こんなに脱いだり着たりがやりずづらいものだったのですねー。
ツナギ服というのは、「すわりション」には、まったくといっていいほど向いてないものだったんです。


ちょっと後悔。


このページのトップへ

車の芳香剤を考える

大好評ホンダのFitを予約してたりするのです。
なんと、わたし自身が新車を購入するのは、今回が初体験
いままでは、買い物・病院の送迎用の古い軽自動車を乗り継いできたわけですが・・・

何をとち狂ったのか、狂わされたのか、お国が25万円くれるっていうから、つい、手をだしてしまったのです。いいのかなぁ、新車で、しかも小型乗用車なんてゼータク品買っちゃって・・・。

新車ですから、新型になるわけで、そうなると装備も新しいのがいいかなと思い、カーナビとかETCとかも付けることにしました。これからは助手席のカーナビ係りが叫びながら、道を教えなくてもいいことになります。時代のながれでしょうか。

展示車の中に何回か 座ったりしました。
最近の新車って、「新車の匂い」が無いんですね、知りませんでした。
昔は新車というと、あの独特の新車の匂いと、はずしたくないシートのビニールも特徴です。
5年くらいシートにビニールかけたままの人もいたりしましたね。(←もう、新車じゃないって)

新車の匂いが無いのでは、ちょっとさびしいので、まだ車が届かないうちからカーコロンなどを見たりしていました。
いまごろ、わたしのFitくんは工場で組み立てられてるんでしょうねー。

車の芳香剤、いままで買ったことがありませんでした。
わたし自身が車に酔いやすいので、匂い系はダメダメです。
おサレなスポーツカーの助手席で急発進・急カーブ、おまけに慣れないカーコロンの匂いで、もう気分はゲロゲロ、なんていう苦痛を何回か経験したせいでそういう体質になってしまったのでした。

ところがどっこい
自分の新車となると、話は別です。
カーコロン、何にしようかなっと。


カーコロン




女子車用だと、こんな感じ?
ストロベリーの甘さと、東洋の神秘性を秘めて、ムスク入り   ってwww
この世界にはまだムスクって健在で人気だったのねー
お香の香りというのも、人気が高いです。
本物のお香を焚いて走っていたら、これはバツです。
焼き芋カーの後ろを走るというのも、煙たいので、バツです。


まあ、女性系の香りはわかるとして、判らないのは、
「男性向け芳香剤」 っていったい・・・・
カーオーナーの男性の車に乗せて、助手席の彼女にアピールでもするんでしょうか
でも、カーコロンのきつい匂いに、完全に「酔って」しまうわたしみたいな人も、いるでしょ、きっと。

謎です。

カーコロン、もうわたしもそんなに発情するお年頃でもないので、「お日様のかおり」あたりがふさわしいのかもしれませんね。


ところで、新車の香りコロン
むかし、中古車好きな友達が、
『中古車やさんって、引渡しのときに、「新車の匂い」スプレーっていうのを撒くんだよ』
というお話をしていたのを覚えています。
それ以来、付き合いでカー用品売り場に行ったときには、ちょこっと探してみたりするのですが、いまだに見つからない謎のコロンです。

本当に在るのぉ~?


話は少し変わりますが、電気製品も『新品の電気製品の匂い』って、しなくなりましたね。
電気製品のスイッチを入れるたびに、一週間くらいは新品の香りが楽しめたのに・・・ご愁傷様

(わたしぢゃないです)


このページのトップへ

目からウロコ JACK PLANEの使い方

ろご

LEE VALLEYから時おりとどくメール
写真表示をOFFにしていたから、今まで気がつかなかったのですが、いろいろとレクチャーを見せていたのかしら。
今回初めて気がつきました。
(ほかの会社はにぽーん人にさえこれだけ気をつかってるんだゾ、爪の垢でも煎じて飲め→ぐり



かんな


ジャックプレーンJACK PLANE)という大型の西洋カンナです。
今回の記事は板はぎの楽ちんな方法でした。

ジャックプレーンって、こうやって使うもんなのぉ!!!!
知らなかったにゃー

というか、カンナ系って木の繊維になるべく平行にかけるのが常識かと、頭が固まってました。
繊維と直角に掛ける!

凄すぎ・・・

今、あらためて、アメリカ人の固定観念に囚われない、簡単に言ってしまうと「なんでもアリ!」という考え方に脱帽したのでありました・・・。

JACK PLANE 欲しくなってきた。







このページのトップへ

皆っさ~ん アメリカがバーゲンセールやってますよぉん~

皆っさ~ん アメリカがバーゲンセールやってますよぉん~
(きみ麻呂か・・・?)

ドル安が続いてますねー。
おまけに上半期の決算時期
木工工具個人輸入の虫が騒ぐ  (わいわい)
木工・金工やるのには、いい季節も到来しましたよん。

わたしは、春に惨敗したあの(あの!シtッツ!)グリズリー(アメリカの巨大電動工具店GRIZZLY)を攻略したいのですが・・・
春からずーっとグリズリー(アメリカのサイトにちょっかいを出していました。
カートにほしい物を投げ入れては消され、投げ入れては消され・・・

にっぽーんにもグリズリーの商品が欲しい人がいるのだというのを、アピールし続けていたのですが、グリズリー、変化無しですね。(社員、相変わらず怪獣なのかな・・・)

グリズリーでの買い物、どこがネックかというと、決済がドル建て為替にしないと受け付けてくれないところなんです。為替の銀行手数料だけでも3000円もかかってしまうんですよ~。
だから、なんとかしてクレジットカードでの決済ができるように模索をしているのですが・・・

模索をしてみるのだが・・・・
↑って、ちょっとカッコイイ言い回しでしたね。

・・・を模索したのだが。。。
うーむ、なんだかエラそうだ。

模索をしているのだが、
もさく・・・


・・・


「もさくは木を切る~♪」

   「ヘイヘイホー」
                         「ヘイヘイホー」 ←山のこだま

 「ヘイヘイホー」
                         「ヘイヘイホー」 ←山のこだま


ヲタクなDIYer(何語じゃ)のも作が、日曜大工のために山の木から材料を選んで切っている
森林というのは、木を一本切ったら10本植えなくてはならないのだ
そこまで考えながら一人、山の中で木を切るも作

深山幽谷のなかでは、も作が謡う「ヘイヘイホー」という掛け声が、山のこだまとして帰ってくる

ああ、なんて叙情的な風景でしょう・・・
も作は今日もコロラドの山奥でメタセコイヤの巨木を切っているのでした・・・・





・・・ええっっと、なんの話をしていたのか、忘れちゃった・・・


そう!、グリのお話でしたね。
グリ ~  不況のくせに、しょうもな~
グリの商品が欲しい人って、世界中に散らばっていると思うんだけどなー。
商売ヘタだよ、グリ
決済直せよ、ぐり
何処ゑ行くのか グリ




グリ♪

  ぐり♪

♪~ しゃんはい帰りのぉ~  ぐり♪




・・・ええっっと、なんの話をしていたのか、忘れちゃった・・・


ま、いっか~  (絵文字が出ない・・・おるつ)




このページのトップへ

みんな夢を見る季節かな

アナフラを中止してひと月経つけれど、まだ「ドーパミン再吸収抑制」が残っているのか、眠れない。

そいえば、さなちゃんがブログで『夜中の三時に悪夢で目が覚めた』っていってましたね。
みんなこの時期、へんな夢をみるのかしら・・・

最近、夢の中で誰かと戦ってるのか、疲れちゃってね。
きっと宇宙人が電波出して悪夢を見せているに違いない。
それとも、宇宙人は地球人へのサービスとして悪夢を提供しているのかな?
映画やアニメ、テレビから地球人の嗜好を研究して、電波で伝えたのが夢になる
いわゆる「電波系」ってやしですか。

んでもって、地球人のために悪夢の電波を発信している宇宙人・「地球人に素敵な夢を見させる夢プロジェクトコスモ部会」の担当者は、上司や委員会から呼び出されて、『あれだけ研究費を割いて地球人幸せプロジェクト』を実行しているのに、地球人にはあまり評判がよくないようだが・・・どうなってるのぉ』
なんて詰問されているのかもしれません。

ところで、午前3時というのは、夜中の3時なのかな、それとも朝の3時なのかな。
私的に言うと、朝がどんどん食い込んでいった結果、朝3時なんです。
眠れない朝  へんなことば発見!

わたしからしたら、「朝の3時」ですよぉ
新聞配達の人も走り回ってるし。朝、あさ、「アサ~」っていう鳥、いましたねぇ。
そして、そろそろ「朝の2時」に手が届きそう。

睡眠時間3時間半!
ナポレオンになれるかも~
電波系地球人改革プロジェクト?
不眠不休の人間にアップグレードしましたって。

これって、病気かしらねぇ
でももう病院行きたくない
安定剤なんて、一日中眠いだけじゃない?

FC2も壊れてて、改行が入らないよう
みんな壊れてる?

不眠不休でできること、何かないかな・・・・




このページのトップへ

ツイッターのようなブログっていうのもアリかな・・・つるばらつるばら

普段使い慣れている道具:パソコンが壊れるということは調子が狂っちゃうもので、とりとめの無いことでも書いてしまいます。
ツイッターというサービスがあります。
わたしもときどき独り言を書き込んでいるんですけど、あれって、なんなんでしょうね。
何回かやっているのですけど、ぜんぜんわかりません・・・
独り言というのは思わぬ本音が出てしまったりして、こわいです。
ツイッター、思いついた言葉をパラッと書くのって、つるばら的感覚なのかな。


つるばらつるばら

読書の秋ですね。
夜になると涼しくて、家のまわりもなんとなく静か
読書・・・マンガとかよんでいるな・・
まんがは読書にはいるのかしら。
つるばら つるばら・・・

なんとも出だしから強烈なこのマンガは、大島弓子さん作
単行本つるばらつるばら
無意識に書いているのか、それとも心理学の尻尾を出しているのか、わからないあたりが面白いな。

「夏の夜の獏」
これなんて、AC(アダルト・チルドレン)な発想だし
「つるばら つるばら」
これは性同一性障害についての物語りでしょ。
内容はむちゃくちゃだけど、なんとなく「うん、うん、わかるよ」って納得しちゃう

(あー、トラックパッドで文章の編集って、気が狂う・・・・)

「人は誕生日から自動的に
歳をとる実年齢と
その人の精神がさししめす
精神年齢とがある

ぼくは8歳だが
このあいだ精神年齢のみ
異常発達をとげて成人してしまった

ぼくからみれば
80歳の老人でも精神力がなければ
1歳の幼児になる

この話はぼくの目からみた
精神年齢の世界である

うれえるなかれぼくのまわりはほどんどが
子供なのである」

という長いイントロから始まる「夏の夜の獏」

こんな長くてしちめんどくさい前置き、ちゃんと読むぅ~???

そんなわけで、「読書~!」

ツイッター的ブログというのは、もともとブログがツイッター的だった筈なのに結構まじめに捉えられているから、もういちどブログ的な感じに戻ろうとしたわけ、  わけわかんない~。

マンガと同時にビジネス書などを平行読みしているあたりも、わけわかんない~。
夏というタイトルでいえば、「夏への扉」とか、最近読み終えてみて、ヨカッタなと思う
夏への扉、同じタイトルで山下達郎が歌ってますね。
あれって、このSFのことを言っていたのだって、最近しりました。
「リッキイ・ピッティ・テヴィ」
3人の妖精かなにかの名前だと思っていました。
一人の女の子の愛称だったんですね。

夏への扉
猫好きな発明家がタイムトラベルをする物語りです。
最初の半分はかったるくて、どのへんがSFなのか理解に苦しみましたよ。
最後はわたしの大好きな「ハッピーエンド」
SFの古典的作品のようです。


ああああ~トラックパッド、勝手にカーソルがぶっとんで行く~!!!!!
叩き壊したくなってしまう ううう。
トラックパッドはお好きですか


なんか夜になると、ちゃんぽんが食べたくなります
食べはしないです。
(このっ このっ トラックパッド、勝手に飛ぶなっ)
ああ、トラックパッドに「メンマ」盛りたくなってきた・・・・

病気ですね。
トラクパッドに「のりたま」でもいいや
(また飛ぶ飛ぶまわるまわる)

えーい!斯くなるうえは
・・・寝る か。

















このページのトップへ

素凄じいまでに寂寥感の漂うマンガ 瀕死のエッセイスト

瀕死のエッセイスト



瀕死のエッセイスト しりあがり寿のマンガがあったりする。

しりあがり氏というのは、不思議な漫画家で、一部カリスマ化した存在でもあります。
わたしは彼の、学生時代からのファンでもありました。

瀕死のエッセイスト
このコミックは彼の核心の作品ではないか、と一人思ったりしてるわけです。
なんとなく懐かしい病人と死を描いたしりあがり氏のまんが。
学校を卒業してから作った同人誌「初孫」の病床だよりの続編にあたるのかしら。

それまでペーソスギャグを書いていたしりあがり氏が、なぜこんなにもシリアスなマンガを描き始めたのか、理解できないでいたのも、その頃でした。
瀕死のエッセイスト
この単行本で、彼の本当に書きたいものがわかったような気がします。

ただ、これだけ「死」が連続していると、素凄いまでにさびしい。


死人の出てくる夢

死んだ肉親の出てくる夢
夢の中では、その人がもう死んでこの世にはいないと判っていないで、その人にたいして怒ったり、笑ったり、一緒にご飯を食べたりしている。
夢から醒めかけて、現実と夢の中間くらいに意識がはっきりとしてくると、『ああ、このひとはもう、居なくなってしまっていたんだっけ』って思う。

そんな悪夢に似た夢の感じがよく出ているマンガ
・・・これがマンガといえるのなら・・・


それと同時に、死というものをドライに見つめた作品が「屍体の詩#4」です。
これはもう、「人体の不思議展」を見たときのような、あっけらかんとした死ですね。
人体の不思議展、見ましたか?
まだ見てない人がいたら、ぜひ見に行ってみてください。



屍体の詩#4-1

屍体の詩#4-3

屍体の詩#4-2

屍体の詩#4-4

屍体の詩#4-5


屍体の詩#4-6


暑さが去り、急に涼しくなり、しとしとと雨も降ってくると、ゆっくり考える頭が目覚めます。

猛烈なギャグでヒットした作家たちに限って、猛烈な生死観のマンガに行き着くのは何故だろう?

「笑い」と「死」
それはお互いに隣同士なのかも知れませんね。


このページのトップへ

発明の女王様 LESANCE CL714GW 一週間目

LESANCE CL714GWを買って一週間が過ぎました
時間というのはずいぶん早く経つものです。
LESANCE CL714GWクンも初期不良もなく、順調に動いています。
でもこの硬い使い心地のキーボードには、どうしても馴染めません。


resance-1.jpg

ここかで見た展示方法?
LESANCE CL714GWくん、思ったよりも薄いです
もう少し厚くても良かったのに
無茶しおって・・・液晶画面がたわんで開きにくいです。



lesance-2

中を覗くと、もう社員3号が棲みついていました。
居心地もいいらしく、気に入っているようすです。


新しいノートパソコンを買うと、必ずいろいろなソフトがおまけについてくるのですけど、LESANCE CL714GWも例に漏れずアプリがいくつかデフォルトで設定されていました。

そのなかで、ちょっと驚いたアプリがあります。
Kingsoft Office
これがなんと、Microsoft Officeそっくりなんですね。
そっくりなんていうもんじゃなくて、まるでコピーです。
中国製
名前もパロディ?
Kings→ Micro

知的財産権や著作権のお勉強をしているむーじょが飛びつかないワケがありません。
なんでこんなそっくりなコピーソフトが許されるのでしょう?

なんだか裏がありそうです。
そこで調べてみたら、こんな記事に当たりました。
Kingsoftは、以外に古いソフト会社です。
そして、Kingsoft Officeも2007年には発売になっていたんですね、知りませんでした。

詳しい内容はこちらの記事
http://www.atmarkit.co.jp/news/200702/02/kingsoft.html
丸投げです どーも です

社長さんのコメントによると、これは知的財産権の侵害には引っかからないらしく、知的財産権の巨人でもあるMicrosoftも(今は)何も言ってこないようです。
うーむ、謎は深まるばかりです。

もしこれがまかり通るのなら、バカ高いアドベのアプリたち、PHOTOSHIP等々も、そっくりなUIの製品が1/10くらいの価格で出てくることも可能だからです。
知的財産権、アプリの普及・市場シェアの問題、面白くなってきました。


                           


斯くいうわたしのこのブログ「発明の女王様」も、コピーやパロディ、引用ばかりしています。
「発明の女王様」というブログタイトルも、「王様のアイデア」のパロディでありますし

『知的財産権を扱っている人が、コピーやパロディなんてけしからん!』なんて思った人もいるのではないでしょうか。
でも、今現在、この知的財産権全体が、パソコンやインターネットの普及により、大きくその意義が揺らいでもいるのであります。

さて、思うに著作権も含めた知的財産の権利は、とても大切だと思います。
でも、さまざまなものが変化していくのにあたり、旧態依然にしていられる場合って、以外に少ないんですヨね。

たとえば、ライター(マジ)であるわたしの著作権にかんしても、GOOGLEの書籍内検索が可能になったことにより、わたしの書いた本の中身まで読めるようになりました。
はっきりいってしまうと、このGOOGLEの行為というのは、著作権違反です。
でも出版社からのコメントでは、GOOGLEとの『共生・共栄』のほうが賢明だという内容が書かれていました。
わたしもどちらかというと、利用する立場としてはGOOGLEに近い立場にいるので、OKを出したわけであります。

『まあ、多少引用されても、広く知られ、ヒトさまの目に触れるほうが大切・・・かな』って。


著作にしても、発明にしても、過去の歴史を見るとコピー・改良・改造によって進化してきたことは明らかです。
でも、日本ではパロディなどの二次著作権は過去のある大きな判例によって、大きく制限されてしまいました。パロディ作家がある有名な山岳写真家の写真をパロディに使って敗訴した事件がありました。
日本では引用やパロディが「悪」のレッテルを貼られてしまったんですね。

でも時代はどんどん移り変わっていくもの
ケチな裁判で勝った写真家も、その裁判以来ぱっとした作品も取り上げられず、いまではどうしているのやら・・・
裁判官への審判というのは、こういった紋切り型の「aho」な裁判長を辞めさせるために行使しないといけないんですね。


といったわけで、わたしのブログ「発明の女王様2」も、日本の文化の進歩を進めるために、ささやかな抗議・プロテスタント魂をもって書き続けていく所存であります


(正当な事由になってないって?

    ひゅるるるるる~

このページのトップへ

Lesance CL714GW 17インチのでっかいパソコン

lesance1



緊急の用があって、即納のパソコンを買ってしまいました
Lesance CL714GW 17インチのでっかいパソコン

Lesance CL714GWというのは、パソコン工房のオリジナルノートパソコンであります。

知らなかったのですが、パソコン工房というパーツ屋さんは以外に古くからあるみたい。
FAITH、 TWO-TOPの姉妹店です。

メインパソコンは2年半まえにFAITH秋葉原店で、ばらばらの部品で購入しました。
奇しくも同系列のお店が比較的近いところにあったので、今回は秋葉まで行きませんでした

Lesance CL714GW でっかいといえば、これくらいでっかいです(写真 笑)

ただ、普段24インチの画面に慣れているせいか、はやり「ノートはちっちゃいなぁ」といった感じにしか感じないのがちょっと新鮮味が無くて寂しいかしら・・・

でも、最近のパソコンというのは、いろいろ便利な仕掛けがあるものですね。
また、17インチのノートパソコンが10万円を切るというのも、ちょっと吃驚です!

中身は、Core2Duo2.5G Hz  4GB Memory   350GB HD  Windows Vista SP1 となっていて、値段は99800えん  えーんえん 

とってもベーシックな構成&性能で、使いやすいです。
モニターも光沢な液晶だし。

Vistaは、思っていたよりも遅くないです っていうか、早い!

ただ、DTPソフトでフォントが使えず、困ってしまうのです。
これはふぉんとに、とても困りました  (← さんぺーさん的ギャグ? どーもすいません


というわけで、ちょっと早めに我が家にやってきてしまったノートくんでした。

これから、メインパソコンの黒ちゃんの修理と再インストールがあります



このページのトップへ

メインパソコンを壊してしまいまひた

イラストレーターの保存が利かなくなって、いろいろとインストール・アンインストールしていたら、パソコン壊れてしまいまひた~

慌ててさぶぱそを買いに行きました
だから、慣れないので、うまく入力できまへん。

のーぱ  そ とうのは、どうも苦手なんでふ

いんたーねっちょとかメールの設定とか、チョーめんどくだいてす。
きーぼーども慣れないでえす
とたっくぱっどに手羽触れて、かーそるがとんでもないところに飛んでってしまいマフ
FEPも、調教がぶかんぜんです

このぶんしょ 日本人離れしてますでしょ

そんなわけど、しばkたくのあいだ、のんびり更新してましゅ

かしこ


続きを読む

このページのトップへ

HONDAのFitを買ってみた

HONDAのFitを買ってみた



                        


エコカー減税とは関係なく、税込み1,964えん TAMIYA製  



まあ、これくらいならお小遣いで買えちゃうネ
プラモなんて作るの、何年ぶりかしらねー。
最後に作ったのが、乗ってたバイクのプラモだったから、ええと・・・・・・・わかんないくらい昔

プラモデルは壊滅状態を過ごしてきましたよね。
今の子供たちって、作ることをしない めんどくさいんでしょう
TAMIYAが完成品を出して売っているなんてこと、昔なら考えられなかったのにね。




Honda Fit





HONDAのFit、なんて普通な形なんでしょう!
とりあえず、売っているうちにゲット
すぐに商品リストから消えてしまいますから。
車のプラモデルって、全車種あるわけではないし、庶民カーはすぐ商品ラインから消え去る運命なんですよ。
だから、売っているときが買い時なわけ。
ほんとだったら、過去に出してきたプラモをぜんぷ復刻すれば面白いのにねー、>TAMIYA

ところで、最近のTAMIYAの車のモケイには、ドライバーが乗ってないみたいです。
ちょっと寂しいかな。
人が乗っていなくて、車だけポツンとあるのって、ずいぶん寂しいなぁ。

寂しいから、ドライバーズ人形や1/24人形セットを探してみました。
これも廃盤になってましたか。
わたしの貴重なお人形さん、引越しのときに親に捨てられてしまいました。
べスパに乗ったポニーテールのお姉さんが、膝摺りハングオンしてるのが、ちょっと自慢だったのにィ~


                       


プラモデルというのは、部品を切り離して接着するだけじゃ完成しないから、やっぱりメンドクサイのかも。
特に塗装・プラカラーというのがやたらたくさん必要になって、これが本体の2~3倍くらい掛かっちゃう。本格的にボディを塗るとなると、エアブラシも必要になったりしますよね。なぜか持ってますけど。

それにしても、いつも疑問に思うのは、車のプラモって、なんで縮尺が1/24なんでしょう。
1/25には出来なかったのでしょうか。1/20サイズでもよかったな。
縮尺で不満なのは、デザインフィギュアなども、そ。
1/6なんですよね、人形ってみんながみんな。
なんで1/5にしてくれなかったのかな~って困ってました。
なぜか。
建築系の縮尺って、家具もそうだけど、1/5、1/10、1/20~25、1/50、1/100、1/200、1/500・・・っていうふうにあるからなんです。
そのほうが、計算しやすいし。

ああ、この謎、わからないわ。

ひっさしぶりに、プラモデル
なんか笑っちゃうな~


このページのトップへ

求む・アウトドア好きな人

                    Ⅰ
最近の新聞は、国内・国内のパックツアーの広告で埋め尽くされています。
旅行業界、盛んなのかピンチなのかはわかりません。
その中で見つけた「利尻・礼文3日間49,800円」の広告
すごいなあ、僻地だなぁ。行ってみたい

わたしの目の前には一瞬、荒涼とした砂浜と風になびく草の景色、そして、都心の100倍くらい大きな星々が瞬く真っ暗な夜空が見えました。

「誰かと一緒に行ってきなよ」と母
ちょっと考えてみる。
「ん~、思い当たる人誰もいないなぁ」

なんでかな。
わたしは軽めのアウトドアが好きなのに、そんな軽めなアウトドアさえ厭う人しか回りにいないのです。

「おまえのパートナーとかと行ってくればいいじゃないの」と母

パートナー・・・
昔昔、一泊で秩父のバンガローに泊まったことがあったっけ
パートナーは旅行経験の少ない人だから、バンガロー泊というのはどんなものか知りませんでした。

まず、フロが無いことに驚き、食事は全部自分で揃えることに驚き、木の葉を集めてゴハンを炊くことに驚き、バンガローの小屋ではテレビが見られないことに驚きあきれてしまいました。
山歩きをしたことの無い人には、ぴんと来なかったかもしれません。

「河のせせらぎを聞きながら眠るのって、よくない?」
って聞いたわたしに
「それって、なにが面白いの?」
と答えたパートナー
彼は近くにコンビニが無いと落ち着かない様子。
また、いつも見ているテレビ番組が見られない夜に不満でした。

誰でもキャンプや飯ごう炊飯ってわくわくするものだと思っていたわたしは、がっかりです。
それ以来、アウトドアは二度と行かなくなってしまいました。

                  Ⅱ
学生時代に二輪車に嵌まっていたわたしは、月間アウトライダーという雑誌のファンでした。
この、アウトライダーという本はほかのバイク雑誌とは違っていて、バイクでどこに行くか、というのが記事の内容でした。
旅も、いかに長い期間、安い旅行が出来たかというのがエライ世界です。
わたしもコールマンの白ガソリンコンロとラジウス、水筒、寝袋などを買い込んでビバークにも挑戦してたりしていました。ビバークというのは、山歩き用語で、テントを張らずに野宿することです。

ビバークこそしなかったものの、キャンプ場で貸しテントを借りて泊まる旅行も何度かありました。
これはお盆期間で、気ままに訪れた場所での宿が取れなかったときのことです。
オートキャンプ場は、家族連れで超満員
ライダーたちはキャンプ場の外れの海岸のすぐ近くに集まってテントを張っていました。

キャンプといっても、ライダーたちのキャンプはただ「寝る」だけです。
あと、歯を磨いたり、顔を洗ったり出来る水道とトイレがあればいいだけ。
いたって簡単ですね。

わたしが声をかけて、一緒に缶詰をつついた男性は、藪を隔てたところにビバークをしていました。
わたしたちのうしろのほうでは、オートキャンプの家族たちが大騒ぎをしています。
車からケーブルを引いてテレビのナイトゲームを見るパパ、ケーブルから分岐したランタンの光でゲームをする男の子とマンガを読む女の子。ママはウォークマンを聞きながらファッション雑誌を見ています。わたしたちのテントとは比べ物にならないくらい大きな3部屋もあるテントがたくさん建設されたオートキャンプ場は、さながら建売り住宅みたい・・・

「さーて、ゴハンも食べたし、花火をやるゾー」
と元気一杯なパパ
「えー、めんどくさいよぉ、それ、止めない?」
と男の子・女の子。

そんな光景をみて、わたしたちアウトライダーは困り顔
『うるさいよね、あの人達って・・・』
『家庭生活をそのまま持ち込んでるだけに見えるよ』

そんなふうな短い会話をしたあと、わたし達は夜の闇の中に続く砂の小路を歩いて小さな岬に出ました。
ちょっとした高台から、真っ暗な海が見えます。
水平線には烏賊釣り漁船の明かりが点々と散らばり、空を見上げると天の川が見えていました。

「何も無くても、キレイだよな」
「そうね」

わたしたちはぼーと夜の海と空を眺めながら、無為の時間を過ごしました。
「痒い!」
「ほんとだ。蚊が出てきたね。こんなところにも蚊っているんだね」
とわたし。

アウトライダーでも蚊はキライと見えて、わたし達は小高い岬をくだりました。

下のキャンプ場ではどこの家族も花火を終えたらしく、テントの中でゲームやらテレビやらと思い思いのことをしています。

「静かになったね、ボクはもう寝るよ。オヤスミ」
そういうと、彼はシートの上に横になり、寝袋の中にもぐって寝てしまいました。

翌朝、自然のあかりでごく自然に目覚めたわたしは、もう彼がいなくなっているのに気がつきました。
わたしも出発のための準備で荷物を取りまとめます。

そしてわたしも、太陽が昇っても誰も起きてこないオートキャンプ場を後にしました。



そんなわけで、アウトドアの人というのは、ほんとにごく少ない人種だと感じたのでした。


ELF-HONDA


                              おしまい









このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。