発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

久しぶりに秋葉原

ラジオ会館

久しぶりに秋葉原に行きました。
ひょっとすると1年くらい行ってなかったかもしれません。

今回はどうしても通販では買えないパーツを買いに千石電商へ。
そしてもちろん、秋月電子にも寄ってきました。

ラジオ会館、まだ壊されずに残ってました。
すべてのシャッターが下りて、電気のついてない死んだようなビル
(真ん中に飛び込んで移っている人は、どこかのお店の人・・・ははは。)



パーツ

秋月で買ったのは1WクラスのフルカラーLED4枚
使ってみたけれど、こっちのほうがぜんぜん作業がしやすいんですね。
放熱板もついていて、30円だけ高いなら、ぜんぜんこっちです。

あと、放熱用両面テープ
これは千石電商でしか手に入らないみたいです。
名前わからない。
パワーLEDとアルミ放熱板をくっつける接着剤みたいな使い方をします。

そして、出かけるとほんとの偶然によさげなモノをみつけるものですね。

PWM調光キットというのを発見したので買ってみました。
Pulse Width Modulationの略語だそうです。
今使っているアナログ回路の調光を、なんとかデジタルにできないかといった感じです。

ただ・・・・出力が弱すぎ~
ほんと、お試し版のキットといった感じです。

でも、キットって作っているときって、すごく楽しいんですよね。
これを改造していって、8WクラスのLED駆動電源にしたいと思っているんですが、どうなることやら。

まずは足がかりの第一歩。

スポンサーサイト

このページのトップへ

秋葉原・ラジオ会館解体決まる

秋葉原の駅前にあるラジオ会館が取り壊しになるんだって。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000000-rbb-sci

といっても、最近の人にはあまり縁のない話ですよね。
7年くらい前にはフィギュアやアニメや同人系のお店になってしまって、あまり寄りもしなくなっちゃったし。

昔、あのあたりって腰をかけて休憩できる場所がなくて、ラジカン(ラジオ会館)の二階にあるインスタントコーヒー販売機のコーヒーを飲みながら、のんびりしたのを覚えています。

(お金のあった人は古炉奈とか行ってたのかな・・・、とにかく飲食店などはすくなかったです)

エスカレータ(登りだけ)が斬新だったし、オトナのオーディオ専門店もたくさんあったっけ。
当時はオーディオ店も小さなリスニングルームを備えていて、スピーカーの聞き比べなどができたのです。
わたしは座れるので、薄暗いリスニングルームで、いい音を聞きながらのんびり休憩していました。

懐かしいですね。上の方にいくとエル商会とかいうテープの激安店があって、秋葉にいったときにはよく寄ってました。

そーですかぁ
解体・・・・

また秋葉原の姿が変わっていくんですね。





このページのトップへ

海水浴場だより

海水浴1


海水浴に行ってきました。
場所は日立市にある伊師浜
泊まったのは国民宿舎鵜の岬です。
ずいぶん久しぶりに爽やかな夏を感じてきました。

まだ海開きをしていなくて、海開きまでは遊泳禁止だそうで、がっくり
しかたないので、初日と2日目はぶらぶらと散歩をしていました。
といっても、豊かな自然、そして憧れにあこがれていた海!
写真やビデオを撮りながら、2日はあっという間に過ぎました。




国民宿舎鵜の岬


国民宿舎鵜の岬
ホテルみたいに立派です。
利用率日本一だけあります。

ここのお風呂は8階の最上階にある展望温泉。
水平線がずーっと見渡せます。

そして、ホテルの周りにはちょっとした小道があったりして、お散歩もできるようになっていました。
ホテルは大きな岩の上に建っています。
高台にあるので、眺望は最高でした。



伊師浜3


散歩道の展望台から見た海岸
砂の絶壁があるように、かなり険しい海岸です。
高さは2mくらいありそうです。

浜に下りるのには、遠回りして平らになったところから降りて行きます。




伊師浜


伊師浜という地名が示すとおり、ここの海岸は変わっています。
岩の上に砂が溜まった海水浴場といった感じ
ですから、岩場が転々とあります。ちょっと怖い。






テトラ


日なたは暑いので、日陰で一休み
海からの風は涼しくて、暑いといった感じは全然ありません。
暫くの間、潮騒の音を聞いていました。
波がチューブになって巻きながら押し寄せ、そして崩れてくるのをずーっと見ていました。






睡蓮池1


ホテルの裏には、おおきな睡蓮の池があります。
荒々しい海と違って、こちらは人工的で静かな風景
木陰に座って睡蓮をみていると、鯉がゆったりと前を通り過ぎます。





睡蓮池2


水中の生き物って、ちょっと不気味な感じです。




海への道


ホテルから海岸への近道
海へと続く小道って、なんかワクワクしません?
最終日には泳ぐことが出来ました。
ここでは一日早く海開きです。

でも、波が荒くて泳ぐどころか、立っているのもやっとなくらいの波しぶき。
超大型の台風が近づいているらしいのですけど、まだずーっと遠くだよねぇ・・・

『波のプールみたいだ~』といいつつも、自然はそんなに甘くはなかった。
ものすごいパワーでもみくちゃにされていたというのが実情でした。

2時間ほど泳いでは、焼けた砂浜に寝転んで波の音を聞いていました。
久々の焼けた砂浜が、冷えた体に心地よいです。

でもたった2時間でもくっきりと日焼けしました。
ヒリヒリ痛いです。

半日くらい遊んでいたあの家族たちは、あとで痛い目にあってるんでしょうねー。
2時間というのは、ちょうどよかったみたいです。



埼玉県には海がない
住宅だらけで、蒸し暑くてうるさいだけ。

だからわたしは海が好き

老後は綺麗な海岸線を散歩できるようなところに行きたいな。
朝、海岸線をどこまでも散歩して、漂流物を拾ったり、貝殻を集めたり・・・

何もない生活、それでも幸せな生活
ヘンリ・ソローではないですけれど、そんな生活に憧れを抱いているむーじょです。






このページのトップへ

久しぶりに池袋に行ったら、暗かった

池袋の地下通路

池袋駅中央通路
暗いなんてもんじゃなくて、まるで工事中のような暗さでした。
かつては床の照り返しがまぶしいくらいだったのにね。

液晶パネルの広告だけが明るく輝いています。
これも、広告といったものは少なく、電力量の表示板に変わってしまってました。

そして、熱い・・・
まるで、今日が特別に暑い日だったのかのような感じです。

何しにいったのかというと、昔、職場の近くにあった、安くて上手なヘアサロンに行くのが目的でした。
・・・潰れて無くなってました

しかたないので、もう一件、かつて行っていたちょっと高めのヘアサロンに行きました。
ちょっと高めというのは、やっぱりシャンプーやカットとかが丁寧です。

ちょうどお昼にカットが終わり、昼食をとったあと、またしても昔懐かしい、よく通ったココナッツディスクという中古CD屋さんに行きました。

中古CDというと、家に居るときではブックオフで買うのですが、大概1280えんとかの値段になってます。
ココナッツディスクは、売っているCDの枚数は少ないのですけど、時々お宝があったりします。

今日、何の気なしに買ったのは、中島みゆきの「回帰熱」
カバーアルバムだそうです。お値段もブックオフよりも安くて680えん
程度はAランク、というか指紋すら見えない新品のよう。

そいえば、前回買ったCDは「見本品」と刷られた新品での中古価格でした。
ココナッツディスク、面白いお店です。


ある本が欲しかったので、池袋東口はかなり遠いジュンク堂に向かいました。
最近、本や、本屋さんから遠ざかっていたので、ちょっとわくわく。
思っていた本を見つけ、椅子に座ってちょい読み。

探していた本というのは、「マーケットの魔術師」
アマゾンでは5つ星がたくさんついていたので、いったいどんな面白い本なのかと思い、一応中身を見てから買うことにしたのでしたが・・・・

わたしが思っていた本の内容とかなり違っていました。
どちらかというと、先物取引や為替のお話のようです。
値段も2800円と高額なので、今日は諦めて帰りました。

いつか書いてあることが分かる日が来たら、もういちど買いにいこうと思っています。

短い時間の池袋でしたけれど、もう十分なくらい暑かったです。
ジュンク堂で本棚に本を戻そうとしたら、立ちくらみで目の前真っ白、

『あああ・・・これは倒れるかもぉ~』
と本気に危なかったのでした。
熱中症も少し入っていたのかもしれません。

人の多いところもあまり好きじゃないし。
逃げるように池袋を後にしました。

『こんなところまで、毎日通勤してたんだよねー』
そんな風にナツカシさも込めて。


それにしても、お気に入りだった美容室潰れちゃったんじゃ、もう、池袋に行くこともないのかな。



このページのトップへ

これでいいのか!ニッポン・・・・選挙に行こうよ

テーマどおり「これでいいのか日本」なのである

なんだか急に出てきたような感じの所沢市議会議員選挙
新聞の折り込みもなく、看板にポスターが貼られたのもつい最近。

そして、どんな人が立候補しているのか、詳しい情報というものが皆無
ちなみにわたしの街では

届出番号 候補者氏名 党派

1 大舘 たかゆき   無所属
2 ひらおか 利典   無所属
3 うえたけ 成年   公明党
4 斉藤 治正     無所属
5 島村 しょうご   無所属
6 岡田 しずか    無所属
7 ながはし 孝典   無所属
8 高田 まさひこ   無所属
9 増田 たかのぶ   無所属
10 松本 あきのぶ  無所属
11 谷口 まさのり   みんなの党
12 おさかべ せいえ  自由民主党
13 吉村 けんいち   公明党
14 杉田 忠彦    無所属
15 荒川 ひろし   日本共産党
16 やさく いづみ  日本共産党
17 青木 利幸    無所属
18 ふくだ 悟郎   民主党
19 平井 明美    日本共産党
20 中 たけし    無所属
21 脇 晴代     無所属
22 荻野 泰男    無所属
23 村上 ひろし   公明党
24 安田 よしひろ  無所属
25 末吉 みほこ   市民ネットワーク所沢
26 西沢 いちろう  公明党
27 ひだわ しゅうじ 民主党
28 石本 りょうぞう 民主党
29 松崎 ともや   みんなの党
30 すがわら 恵子  日本共産党
31 大山 まひと   無所属
32 福原 ひろあき  公明党
33 中村 とおる   無所属
34 近藤 てつお   無所属
35 島田 かずたか  民主党
36 小林 すみ子   日本共産党
37 石井 ひろし   自由民主党
38 入沢 ゆたか   民主党
39 久保田 茂男   無所属
40 浅野 みえ子   民主党
41 くわはた 健也  無所属
42 かめやま 恭子  公明党
43 秋田 たかし   無所属
44 浜野 よしあき  自由民主党
45 城下 のり子   日本共産党
46 赤川 ようじ   民主党

http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/shiminsanka/senkyo/shigikai/rikkouho/index.htmlより)
といったたくさんの人が立候補しているのですが、この人たちに関する情報をまとめたものが全く無いのです。
いままでどんなことをして、これからどんなことに力を入れていくつもりなのか、名前と政党だけではわかりませんよねー。

ひとりひとりググッてホームページを見つける方法もありますが、10人もやるともう、疲れてしまって。
それに、耳障りのいいことしか書いてないですよね。
わたしが知りたいのは、よく「痛いニュース」などに出ていたブラック情報なのです。
もちろんその人が立派ならそれに越したことはありません。

ただ名前だけに投票するしかない現在の投票って、この情報化時代になってみると、すごく変です。
電気製品でいうと、何のスペックもレベルも分からないものを買うという感じかな。
パソコンだってそうでしょ?
名前がいいから買ってみたら中身はセレロン800MHzCPU、おまけにメモリは32メガということが分かったなんてことと同じなんだから。

過去にどんな政策提案をし、何を実行し、何に反対したか、全然分からずに、選挙当日になって、紙に名前を書いてくる・・・・適当に。

だいたい、議員なんてこんなにたくさん必要なのかしら?
所沢市の収入に対する市職員の給料が1/3もあるのも、なんか可笑しいし。
なんの商品も生み出さないサービスに税金の3割が使われてるんですよ。

選挙にいきましょう。
50%以下の投票率を続けていたら、日本は無くなります。別の国になっちゃう。
そして残りの半数の投票放棄者は、文句を言う権利なんてないよね。

国民を選挙に行かせたがらないのが、国のブラックな方針だし、
議員の過去をぼやかす、あるいは見せない知らせないというのも、国のブラックな方針。

だから、100%の人が選挙に行って、ちゃんと自分の選んだ人を当選させてみましょう。
そうしたら、まるで見違えるような日本になると思うんです。


何も変わらないかもしれない
けれどいまは出来る限りのことをやろうよ。


[高画質で再生]

ギーンギーン(タイマーズ) [ソーシャルネットワーキング]



続きを読む

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。