発明の女王様2

はつめいひんをつくって、しあわせになりたいとおもっている、ちょっぴりコアな生きものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

JBL Pebbles バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJNが帰ってきました。




R0014222.jpg

JBL Pebbles バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJNが帰ってきました。

しかも、別人になって帰ってきました。

どうやら修理する気はなかったようです。

新品が送られてきました。

やっぱりこの価格の製品って、

壊れたのを確認したら、廃棄して別の新しいものを送ることになるんでしょうね。



R0014221.jpg



音楽の好きなみみにゅはまたしても、

お仕事の邪魔してるし。



R0014223.jpg



復活していたロジクールのZ120 Z120BWは、

また古いパソコンのモニターに格下げです。

取り替えてみると、音量が全然違います。

やっぱり、1.2Wではあまりに非力でした。

JBLのモニタは3Wあります。

バックロードホーン型なので、低音がものすごく出るのもいいですね。


これでもとの環境に元通り。

いい音で音楽が楽しめます。






スポンサーサイト

このページのトップへ

中古パソコンを求めて

続きを読む

このページのトップへ

いいフライパンが欲しい!Part2 「極フライパン」ファーストインプレ

とうとう買ってしまいましたよ。
『極』フライパン


極フライパン1

送料込みで6000えん近く。
フツーのテフロンフライパンなら5~6枚買えてしまうお値段です。
わたしくらいよくフライパンを使う人なら、許されるかな~と思い、買っちゃいました。

木工具に凝るくらいだから、調理用品にもちょっとこだわりがあるのです。
包丁類などもすべて鉄製の1万円くらいのものを使ったりしてこだわっていますし。




極フライパン2

きれいなフライパンですね。
これが暫くするとぐちゃぐちゃになるのかと思うと、ちと悲しい気がします。
1.6mmの鉄ですので、重いです。かなり重く感じます。
今までのアルミにフッ素加工の軽いのとぜんぜん重さが違います。



では、お値段に応じて立派な料理ができるのでしょうか・・・

一号として焼きそばを作ってみました。








極フライパン3

ははははは~ こげこげです。

フツーの鉄のフライパンですね。
まだ使い始めたばかりだからこげるんでしょう。

昔使っていた中華なべは、鉄製でよく錆びました。
手入れをしてやるとぜんぜん焦げ付かないのですが、ちょっと手入れが悪かったりするとめちゃくちゃに焦げ付いちゃう。不思議なものです。


このフライパン、実はどこにも焦げ付かないなんて書いてないんですね。
錆びないのが特徴なフライパンなんです。


取り扱い説明書より

[極]は、鉄に特殊熱処理を施した究極のフライパン・シリーズです。
特殊熱処理:鉄の表面を窒化させることで、極めて錆びにくく、しかも強靭
なフライパンになります

[極]の特長
しっかり蓄え、食材に熱をたっぷり伝えるので、炒め物はシヤキツ
 と、焼き物は香ばしく仕上がります。
●油なじみが良い[極]フライパンの表面は、優れた耐摩耗性能を持ち合
 わせているので、削れることもありません。
●調理に使う度に、自然に鉄分を摂取出来ます。
●極めて錆びにくく、面倒なお手入れもいらず、後片付けが簡単です。
●200VIH(電磁調理器)を含む全ての調理用熱源でお使いいただけます。


錆びにくいというのが、不精なわたしにぴったりかもしれません。
作りかけの残りをフライパンに残しておくと黒く色が変わってしまいます。
これにはそれが無いのかもしれません・・・憶測ですが。


ところで、古いフッ素加工のフライパンって再利用できないのかしらと思い、探してみたところ、ありました。
フッ素再塗布サービス。
古いフライパンの取っ手をとって(笑)送ると、新品同様になってフッ素加工されて帰ってくるサービス。

送料が900えん、フッ素塗布が1600えん、帰りの送料が950円、合計3,450えんになります。
取っ手が付いている場合には取っ手のはずし賃取り付け賃が出てきます。いくらかは書いてありませんでしたが・・・。

フライパンなどのなべ類って取っ手部分って、みんなリベットによるカシメだよねぇ。
どうやって取っておくるのかしら。


そんな感じで、「いいフライパンが欲しい」
第2部終了です。

目標は、中身じゅるじゅるのオムレットをすいすい作れるようになること。
あのコックさんのように・・・


このページのトップへ

ホンダFITのプラモデル~ 再び

FIT1

おととし、車庫を設計するために買ったFITのプラモデル、今頃また作り始めました。

こんどは内装からすべて、完成まで。

FITって、外装をはずすと、こんな感じだったんですね。
フロント周りがギッシリといったふうです。




FIT2
タミヤのプラモのほうはモデルチェンジ前のタイプ
フロントがお山の形をしています。

これだと自分の車の気がしないので、改造してます。
すこしフロントが長くなったのかな・・・・




FIT3
下の写真はFITのカタログから。
カタログを見ながらお鼻を作っていきます。

パテがなかなか乾かないので、時間がかかります。

あとはガンメタリックとクロムシルバーを混ぜた色をエアブラシで吹いて、本体と合体させると出来上がり。

パテ作業がねー、めんどくさいですよねー。
そこまで気にするわたしがヘンなんでしょうねー。





このページのトップへ

マウスコンピューターからノートが届く LuvBook Dシリーズ

はこ

ノートパソコンを買ってみました。
この前買ったノートは、友人が気に入って買っていってしまったのです。

今度のノートパソコンも、メインのくろちゃんが壊れかかっているので、止まっても安心なように買いました

・・・・散財・・・・

マウスコンピューター って、知ってる?    あまり知らないよねぇ。
そこの「LuvBook Dシリーズ」(LB-D702X)というのを買ってみました。

LuvBook・・・ラヴブックって読むらしいです、なんか恥ずかしいな

じつはマウスコンピューターとパソコン工房とFAITHとTWO TOPはグループ企業なんですよね。
だから、筐体も中身も実は一緒。同じ穴のねずみたちといった感じです。





中身

例によって開封の儀
アップル製品のように緻密なパッケージングがしてあるわけではないので、適当に開けて並べます。
この、緩衝材やビニールを取っていくときって、わくわくするんですよね。
ここが一番たのしいのです。




取り出した

取り出したパソコン
電源とバッテリーが出てきただけであとの余計なものは一切無し
カンタンなやつなんです。




バッテリー

これが17・2インチモニタとCore i7を動かす電池???
なんか軽くて小さいけれどどのくらい持つのかしら、不安。
でも軽いのっていいですね。





デスクトップ

起動画面のデスクトップ
マウスコンピューターになってます。
そこそこかわいいです。

17.2インチ光沢液晶、Core i7、Windows7 pro、SSD125GB、BD/RWというスペックです。
さすがSSD、起動が早いです。




そんでもってWIFIルーターは、これ

WIFI


Fonですよー、iphoneにおまけについてきたちっこいルーターです。
ちゃんとつながるからおかしいです。
スピードはというと、ADSLの初期の頃くらいな感じです。

無線ルーター、ちゃんとしたの買おうかな~。



このノートのマウスコンピューターには、最初から味噌がついていまして・・・

ローマ字からかな漢字にどうやってもならないのです。

サポセンに早速電話(有料)架けました。
そしたらまー、いろいろ指示をするのですが、それでも直らず、BIOSやらなにやらいじらされて、結局不明なまま。

理由が分からないということで一回電話を切りました。
サポセンのにーちゃんも、はっきりしない小さな声で話すもんで、話が進みません。

そしてもういちど電話してみましたよ。

そしたら違うサポセンのお兄さんがでて、
『ALTと全角/半角キーの同時押しでかなが打てます』



・・・・・・つったってそんなこと知らないよ、わたしゃ。
いままで使ってきたどんなパソコンも、ひらがなキーを打てばひらがな入力出来たし、半角/全角キーで英字になったよん。






それからサポセンにはいろいろと文句言っちゃったけど、サポセンも慣れたもので、糠に釘
交換したいといっても応じませんでした。


今ですか?

ふつーに使えるようになりました。
キーボードのコントロールパネルから切り替えておけば良かったんですよ。
そんなカンタンなことを教えずに、いきなりBIOSをいじらせるとは ぷんぷん!


マウスコンピューターは12年くらい前から知っていました。
いちおう秋葉原にお店があるのですが、当時、そこのにーちゃんに質問をしたところ、とんでもない勘違いな答えが返ってきて、あまりにビックリして、買わないようにしていたのでした。

今回は安さに負けての購入。

なんかまたこれからいろいろと面倒なことが起こりそうな予感です。











このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。